【スバル レガシィツーリングワゴン】BR系 グーネット動画カタログの記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 車のエンタメ > 車の動画 > 【スバル レガシィツーリングワゴン】BR系 グーネット動画カタログ

車の動画 [2021.05.25 UP]

【スバル レガシィツーリングワゴン】BR系 グーネット動画カタログ

こちらはスバル レガシィツーリングワゴンの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

スバル レガシィツーリングワゴン BR系 2.5i Bスポーツアイサイト のカタログ情報

「ツーリングワゴン」、セダン「B4」、SUV「アウトバック」の
3タイプをラインアップするレガシィシリーズ。
今回は、レガシィシリーズ5代目となる、レガシィ・ツーリングワゴンをご紹介します。

スバル レガシィツーリングワゴン BR系 2.5i Bスポーツアイサイト の車両情報
型式:DBA-BRM
長さ:4790mm
幅 :1780mm
高さ:1535mm

スバル レガシィツーリングワゴン BR系 2.5i Bスポーツアイサイト の内装・オプション別解説

外装は、レガシィのスポーティモデルである「2.5iアイサイトSパッケージ」と共通デザインとなる
専用フロントグリルやバンパー、ブラックベゼルのHIDロービームランプを装備しています。

ヘッドランプ
ヘッドランプは、ハロゲンより光が強いキセノンを採用。
フォグランプと併せて大きくデザインされており、ドライバーの視界をしっかり照射します。

リヤランプ
メッキガーニッシュと一体感のあるデザインが目を引くリヤコンビネーションランプ。
フロント同様に大きくデザインされ、周囲からの視認性を高めています。

解錠・施錠
キーのリモコン操作で、離れた場所から全ドアの解錠・施錠が行えます。
また、キーを携帯していればドアハンドルを握って解錠、リクエストスイッチを押して施錠することが
可能です。リヤゲートも、リモコン操作で離れた場所から解錠ができます。

それでは、内装を見ていきましょう。
内装は、ブラックをベースにスポーティーで上質感あるデザインになっています。

エンジンスタート
エンジンスイッチは、運転席の右側にあります。
キーを携帯してブレーキペダルを踏み、スイッチを押すとエンジンが始動。
併せてメーター類も起動します。

マルチインフォメーションディスプレイ操作スイッチ
ステアリング左下に、マルチインフォメーションディスプレイを操作するスイッチがあります。

マルチインフォメーションディスプレイ
2眼メーターの間に車両情報などを確認できるマルチインフォメーションディスプレイ。
ステアリング左下にあるスイッチを操作して、画面を切り替え、車両情報の確認や設定などが可能です。

ステアリングスイッチ(右)
ステアリングの右側には、高速道路の走行中に役立つクルーズコントロールと車間距離を設定する
スイッチと、走行モードを切り替えるスイッチが配置されています。

クルーズコントロールスイッチ
クルーズコントロールのON/OFFを切り替えるスイッチ。
ONにすると、2眼メーターの間にあるディスプレイ画面に表示灯がつきます。

車間設定スイッチ
クルーズコントロールを使用中、車間距離を変更できるスイッチ。
3段階での車間距離設定が可能です。

SI-DRIVEスイッチ
走行モードを切り替えるスイッチ。
スポーツモードは高速道路での巡航時や郊外の道の走行に適しています。
スポーツシャープモードは高速道路の合流や追い越し加速時などに適しています。

パドルシフトレバー
ステアリングの裏側に、パドルシフトを装着。
マニュアルモードの時、ステアリングから手を離すことなく、変速することができます。

ワイパー・ウォッシャースイッチ/方向指示器・ライトスイッチ
ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。
その反対側に、方向指示器・ライトスイッチがあります。

エンジンスイッチの右側に、スイッチ類が集約されています。

電動リモコンドアミラースイッチ
ミラーを格納したり、角度を調節するスイッチ。

イルミネーションコントロールダイヤル
メーターやエアコンパネルの明るさを6段階で調整できるダイヤル。

アイドリングストップOFFスイッチ
アイドリングストップの機能を停止するスイッチ。OFFにすると表示灯が点灯します。

VDC OFFスイッチ
滑りやすい路面で横滑りを抑える機能を停止するスイッチ。OFFにすると、表示灯が点灯。
同時に車線逸脱警報OFF表示灯とプリクラッシュブレーキOFF表示灯も点灯します。

ヒルホールドスイッチ
上り坂でスイッチをONにし、ブレーキを踏んで停車すると約1秒後に自動的に電動パーキングブレーキが
作動するシステムです。ONにすると表示灯が点灯します。

フロント天井にも、スイッチがあります。

車線逸脱警報OFFスイッチ
車線逸脱しそうになると警報で注意を促す機能がOFFになるスイッチ。

プリクラッシュブレーキOFFスイッチ
前方の車両や障害物に衝突する可能性がある時、衝突被害の軽減、
または衝突を回避する機能がOFFになるスイッチです。

フルオートエアコン
左右独立式のオートエアコン。スイッチ操作で風量や温度の調節が可能。
設定状況は中央のモニターで確認できます。

セレクトレバー
セレクトレバーはストレート式。Dポジションから右に入れるとマニュアルモードになり、
パドルシフトレバーで変速操作ができます。
ポジションは、マルチインフォメーションディスプレイに表示されます。

電動パーキングブレーキスイッチ
パーキングブレーキはスイッチで操作が可能。押すと解除。
引くとパーキングブレーキがかかります。

サンバイザー
サンバイザーは、照明がセットになったバニティミラー付き。
身だしなみのチェックに便利です。

前席用スポットマップランプ
暗い時間や場所で便利なスポットマップランプ。

フロントドア
フロントドアには2つのポケットがあります。
下のポケットはボトルホルダーがセットになっています。

コイントレイ
運転席右下に、コイントレイがあります。

センターポケット
エアコンスイッチパネルの上に小物入れに便利なポケットを用意。

センタートレイ/電源ソケット
セレクトレバーの奥に、センタートレイ。
電源ソケットもそばにあり、スマホの充電などに便利です。

カップホルダー
カバー付きのカップホルダーはセンターコンソールに装着。
中の仕切りは取り外し可能で、収納スペースとしても使えます。

コンソールボックス
上下2段になった、コンソールボックス。
運転席側のロックボタンを引き上げると、上段のトレイを使用できます。
上段のカバー裏側には、カードホルダーもついています。
助手席側のロックボタンを引き上げると、下段のボックスが使えます。

グローブボックス
助手席正面に、グローブボックス。
中は起毛素材が使われており、上質感を感じます。

リヤドア
リヤドアも、上下に2つのポケットがあります。
下のポケットはボトルホルダー付きです。

シートバックポケット
運転席と助手席の裏側に、大きなポケットを装着。ネットタイプでオシャレです。

後席用エアコン吹き出し口
センターコンソールボックスの裏側に、後席用の吹き出し口があります。

リヤセンターアームレスト
リヤシートには、収納式のアームレストを装着。
先端にはカップホルダーが付いています。

ラゲージルーム
横長に広い開口部のラゲージルーム。
広い荷室で、大きな荷物の積み下ろしもしやすくなっています。

トノカバー
ラゲージルームの目隠しに便利なトノカバー。
使わない時は取り外すこともできます。

買い物フック
ラゲージルームの両側に、収納式の買い物フックを装備。
それぞれ3kgまで対応可能です。

サブトランク
ラゲージボードの下に、サブトランクがあります。
掃除道具などの収納に便利です。

6:4分割可倒式リヤシート
リヤシートは左右分割で倒すことができます。
ラゲージの両側にあるレバーを引くことで、ラゲージからシートを倒すことが可能です。
倒れた面はフラットになり、荷室を大きく広げることができます。

まとめ

運転支援機能や安全装備も充実し、スポーティーで上質感ある1台。
以上、スバル・レガシィツーリングワゴンのご紹介でした。

■レガシィツーリングワゴン(スバル)の中古車を探す
https://www.goo-net.com/usedcar/brand-SUBARU/car-LEGACY_TOURING_WAGON/

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る