グーネット

車の動画[2021.02.22 UP]

【ホンダ オデッセイ】RC1 アブソルート グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらはホンダのオデッセイの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

この記事の目次

ホンダ オデッセイ RC1 アブソルートの内装・オプション別解説
まとめ

関連情報

車種別動画カタログ

ホンダ オデッセイ RC1 アブソルートのカタログ情報

優れた機能性や走行性、上質感が魅力の上級ミニバン。
2020年11月のマイナーチェンジで、より洗練されたデザインになりました。
今回はホンダ・オデッセイ アブソルートのご紹介です。

ホンダ オデッセイ RC1 アブソルートの車両情報
型式:6BA-RC1
長さ:4855mm
幅 :1820mm
高さ:1695mm

ホンダ オデッセイ RC1 アブソルートの内装・オプション別解説

重厚感のあるフードや大型グリル、薄型になったヘッドライトが特徴のフロントマスク。
バンパー下部にもクロームメッキパーツが加わり、スタイリッシュな雰囲気を強めています。

ヘッドライト/フォグライト
ヘッドランプはフォグランプともにLEDを採用。
シーケンシャルタイプのターンランプで、周囲に自車の存在を知らせます。

リアコンビネーションランプ
リアコンビランプもLEDを採用。
はっきりとした明るさで、被視認性を高めます。

解錠と施錠
キーのリモコン操作で、離れた場所から全ドアの解錠・施錠が行えます。
キーを携帯し、ドアハンドルを握って解錠、ロックボタンを押して施錠することも可能です。
スライドドアはリモコン操作で自動開閉が可能。
テールゲートも、キーを携帯していれば、
エンブレム裏側のスイッチを操作して解錠や施錠ができます。

予約ロック
スライドドアが自動で閉まる時に施錠操作をすると、予約ロックを行なうことができます。

ジェスチャーコントロール・パワースライドドア(リア両側)
キーを携帯した状態でドアに近づくと内側のセンサーが反応し光が点灯。
手をかざしてスライドさせると、自動でドアの開け閉めができます。

スライドドア・イージークローザー
半ドアの状態で自動的に閉まる、イージークローザーをスライドドアに搭載。

インテリアはブラックと木目調の組み合わせで落ち着きのあるデザインに。 
サテンメッキの加飾もアクセントになっています。
シートは汚れやシミに強い素材を使用しています。

運転席8ウェイパワーシート
シート横のレバーで、前後スライドや高さ、リクライニングなどを調整可能です。

エンジンスタート
エンジンスイッチは運転席の左側にあります。
キーを携帯した状態でブレーキペダルを踏み、スイッチを押すとエンジンが始動。
併せてメーター類も起動します。

ステアリングスイッチ(左)
ステアリング左側には、マルチインフォメーションディスプレイを
操作するスイッチと、オーディオや音声機能のスイッチを配置。

マルチインフォメーションディスプレイ
マルチインフォメーションディスプレイは
画面を切り替え、航続可能距離など様々な情報を確認できます。

ステアリングスイッチ(右)
ステアリング右側は、アダプティブクルーズコントロールや
車線維持支援システムの作動・設定変更を行うスイッチがあります。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)/車線維持支援システム(LKAS)
ステアリング右側のMAINスイッチを押すと、
アダプティブクルーズコントロールと車線維持支援システムがONになります。
メーター中央のディスプレイで、各システムの作動状況確認や
車間距離の設定変更などができます。

シフトスイッチ
ステアリング裏側にシフトスイッチを装備。
シフトレバーがSポジションの時、手動で変速操作ができます。

ワイパー・ウォッシャースイッチ/方向指示器・ライトスイッチ
ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。
その反対側に、方向指示器・ライトスイッチがあります。

VSA OFFスイッチ
運転席右側に、安全機能に関するスイッチがあります。
急激な車両の挙動変化を抑えようとする
VSA(ビークルスタビリティアシスト)のON/OFFを切り替えるスイッチ。
システムをOFFにすると、ディスプレイ上部に警告灯が点灯します。

パーキングセンサースイッチ
車両周辺の障害物を検知するセンサーのON/OFFを切り替えるスイッチ。
ONにするとディスプレイにメッセージが表示されます。 

CMBS OFFスイッチ
進路上で衝突する可能性を判断し、ブレーキ操作を支援するシステムのスイッチ。
システムをOFFにすると、ディスプレイにメッセージと警告灯が表示されます。

路外逸脱制御機能スイッチ
車線から逸脱しそうな可能性を判断し、
ハンドルやブレーキ操作を支援する機能のスイッチ。
システムをONにするとディスプレイにメッセージが表示されます。

パワースライドドアスイッチ
さらにその下にもスイッチを配置。
スライドドアの電動操作を設定するスイッチ。
右側のメインスイッチをONにすると、
左のスイッチやリモコンでスライドドアを操作できます。

ECONスイッチ
燃費を向上させる走行に適したECONモードのON/OFFを切り替えるスイッチ。
ONにするとディスプレイにメッセージと表示灯が表示されます。

アイドリングストップシステムOFFスイッチ
アイドリングストップ機能を停止するスイッチを、シフトレバーの下に設置。
システムをOFFにすると、ディスプレイにメッセージと警告灯が表示されます。

Honda純正ナビ
純正ナビは10インチの大画面。
静電式タッチパネルで、軽やかに操作できます。
モニターを開けると、DVDドライブやSDカードスロットを使用できます。

マルチビューカメラシステム
ライトスイッチの先端にカメラシステムの切り替えスイッチがあります。
押すと、ナビの画面に車両前方の映像が表示されます。

オートエアコン
エアコンもタッチパネル式。
右側のスイッチで温度、左側のスイッチで風量を調節可能。
車内の空気を浄化するプラズマクラスター技術を搭載しています。
リア席用のエアコンも操作可能です。

シフトレバー
シフトレバーはストレート式。
シフトポジションはメーターパネル中央に表示されます。

LEDルームランプ/サングラスボックス
リーディングランプは左右それぞれのスイッチで点灯可能。
中央のスイッチを押すと、マップランプが点灯します。
その上に、サングラスボックスを装備。
後席の様子を確認できるミラーが付いています。

フロントドア
ドアトリムにファブリックをあしらったフロントドア。
木目調のパネルやクロームメッキのドアハンドルを組み合わせ、上質感を高めています。
大小2つのポケットを用意し、下部のポケットはボトルホルダー付き。
助手席側も同じデザインです。

ドリンクホルダー
運転席右側のドリンクホルダーはプッシュオープンタイプ。

ETC車載器
ETC車載器を運転席の右下に設置。

外部入力端子/アクセサリーソケット
シフトレバー下部にアクセサリーソケットやUSBソケットなどの外部入力端子を装備。
電子機器の充電などに使えます。

センターコンソールリフトアップトレー
センターコンソールトレイは、中央のボタンを押して、引き上げることが可能。
ドリンクホルダーも付いています。

インパネアッパーボックス
助手席正面に大型のボックスを配置。
照明付きで深さがあり、小物の収納に便利です。

グローブボックス
その下にはグローブボックス。
車検証の保管に手ごろな収納スペースです。

ボトルホルダー
左右のスライドドアには、ボトルホルダーが用意されています。

シートバックポケット(運転席/助手席)
運転席・助手席の裏側には、雑誌などの収納に適したポケットを装着しています。

ボトルホルダー(2列目シート)
2列目シートの左右内側に、ボトルホルダーがあります。

リア席モニター
後席天井にはTVやDVDを鑑賞できるモニターが設置されています。
中央のスイッチを押すと、ライトが点灯します。

後席用エアコン
2列目シート天井に設置された後席用のエアコンパネル。
ON/OFFの切り替えと、風量の調節ができます。

ドリンクホルダー/アクセサリーソケット(3列目シート)
3列目シートのトリムに、ドリンクホルダーを用意。
助手席側にはアクセサリーソケットが並んで装備されています。

ラゲージルーム
広い開口部が特長のラゲージルーム。
地上からの高さも低く設計されており、荷物の積み下ろしがしやすくなっています。

ラゲージルームランプ/応急パンク修理キット
ラゲージ左側に、スイッチ式のランプがあります。
その下のカバーを外すと、応急パンク修理キットが格納されています。

テールゲートの裏側にもランプを装備。
ラゲージの入り口全体を照らせるようになっています。

工具類
ジャッキなどの工具類は、ラゲージ内のこの場所に格納されています。

2列目プレミアムクレードルシート
2列目シートはシート横のレバーを使って自在にアレンジ可能。
シートをスライドさせたり、足元のオットマンを操作できます。
このレバーを引くとシートが前方に動き、3列目シートへスムーズに乗り込めます。
3列目シートから車外へ降りる時は、
2列目シート裏にあるレバーを引いてシートを前へスライドさせます。

他にも座席の位置を左右に調節できる機能があります。
左右の席をそれぞれ外側に調節すると、
座席の中央から3列目シートへの移動が可能になります。
座席の内側にあるレバーで、ヘッドレストの角度を調節できます。

3列目シートアレンジ
3列目シートは、3分割でシートをたたむことが可能。
上のストラップを引くと、背もたれが前方に倒れます。
全ての背もたれを倒した状態で中央のレバーを引くと、シートを床下に格納できます。
さらに2列目シートを前方へスライドさせれば荷室を広く使え、
大きな荷物を積み込むときに便利です。

ロングスライドモード
3列目シートを格納し、2列目シートを後方いっぱいまでスライド。
開放感のある空間が生まれます。

フルフラットモード
2列目と3列目のシートを組み合わせて、フルフラットの空間を作ることも可能。
目的に合わせた、多彩なシートアレンジができます。

まとめ

快適な乗り心地や充実した安全機能を併せ持ち、さらにエレガントさも高めた一台です。
以上、ホンダ・オデッセイ アブソルートのご紹介でした。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント