ロータス、今年で生産終了するエリーゼ/エキシージのファイナルエディションを発表の記事詳細

中古車 > グーマガジン > 新型車情報 > 車種別・最新情報 > ロータス、今年で生産終了するエリーゼ/エキシージのファイナルエディションを発表

車種別・最新情報 [2021.02.08 UP]

ロータス、今年で生産終了するエリーゼ/エキシージのファイナルエディションを発表

エルシーアイは2月8日、ロータスの「エリーゼ」「エキシージ」のファイナルエディション「エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディション」「エキシージ スポーツ 390 ファイナルエディション」「エキシージ スポーツ 420 ファイナルエディション」を発表した(「エリーゼ カップ 250 ファイナルエディション」「エキシージ カップ 430 ファイナルエディション」は日本へ導入されない)。今年で「エリーゼ」が生誕25周年、「エキシージ」が生誕21周年を迎える両モデルは、「エヴォーラ」とともに今年で生産終了する。なお、「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」の最終的な合計生産台数は、約55,000台となる予定で、最初のロータス車が1948年に生産されて以来、ロータスのロードカー総生産台数の半分以上を占めているという。このファイナルエディションは、新色ボディカラーの採用、パフォーマンスの向上、ファイナルエディションオリジナル外装デカール、ファイナルエディションビルドプレートなどを装着している。

エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディション

●車両本体価格:7,777,000円

エリーゼ スポーツ 220の後継モデルとなるこのモデルは、スーパーチャージャーを組み合わせ、キャリブレーションの改訂によって最高出力が23PS向上した最高出力243PS、最大トルク24.9kg・mを発揮する1.8L直4DOHCエンジンを搭載し、1トンあたり263.6PSのパワーウェイトレシオにより、0-100km/h加速は4.5秒を実現するとともに、CO2排出量は177g/kmと、パフォーマンスに対して非常に低い数値となっている。

足回りは、エリーゼ スポーツ 220に標準装備のアルミホイールと比べて、1本あたり0.5kg軽量化した10スポークアンスラサイト軽量鍛造アルミホイール(フロントは6J×16インチ、リヤは8J×17インチ)に、ヨコハマのアドバン スポーツ V105タイヤ(フロントは195/50R16、リヤは225/45R17)を組み合わせたアルミホイールを標準装備する。さらに、カーボンフロントアクセスパネル、カーボンテールゲート、カーボンシルカバーなどのカーボンパーツ、リチウムイオンバッテリー、ポリカーボネート製リヤウインドウなど、オプションの軽量化パーツをすべて装着することで、車両重量(英国発表値)を922kgから898kgまで軽量化することができる。

インテリアは、デジタル速度計&タコメーターバーのレースカースタイルなどの表示を備えた新しいTFTデジタルダッシュボード(メーターパネル)、身長が高いドライバーにも乗り降りしやすいようにフラットボトムタイプの新しいステアリングホイール(本革&アルカンタラ)、新しいシートトリム&ステッチパターンなどを採用している。

ボディカラーは、1995年のフランクフルトモーターショーに展示したオリジナルのショーカーカラーをオマージュした「レーシンググリーン」、1996年に初めてメディアに発表された最初の生産車両の「アズールブルー」、Autobytel Lotus Elise Championship race seriesを成功させたときのモータースポーツ部門のブランドカラーである「ブラック」の新色などを設定する。

【主要諸元】

【主要装備/オプション(車両本体価格を含む)】

エキシージ スポーツ 390 ファイナルエディション

●車両本体価格:11,770,000円

エキシージ スポーツ 350の後継モデルとなるこのモデルは、キャリブレーションを改訂したチャージクーリングを備えたEdelbrock製スーパーチャージャーを組み合わせ、最高出力が52PS向上した最高出力402PS、最大トルク42.8kg・mを発揮する3.5L V6DOHCエンジンを搭載し、0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は277km/hを実現する。

先進のエアロダイナミクスは、慎重にバランスさせて、フロントで45kg、リヤで70kg、最高速度において合計115kgのダウンフォースを発生し、このパワーを路面にしっかりと伝えるため、足回りには10スポークシルバー軽量鍛造アルミホイール(フロントは7.5J×17インチ、リヤは10J×18インチ)に、ミシュランのミシュラン パイロット スポーツ 4タイヤ(フロントは205/45ZR17、リヤは265/35ZR18)を組み合わせたアルミホイールを標準装備する。

インテリアは、エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディションと同様に、新しいTFTデジタルダッシュボード(メーターパネル)、フラットボトムタイプの新しいステアリングホイール、新しいシートトリム&ステッチパターンなどを採用している。

ボディカラーは、エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディションと同様に、ロータスの歴史を彩った車両の色を採用し、2000年の最初のプレスフリートカー、2007年のジュネーブモーターショーに展示したエキシージ GT3 コンセプトの「メタリックオレンジ」、2011年のフランクフルトモーターショーにて発表したエキシージ V6の「メタリックホワイト」の新色などを設定する。

【主要諸元】

【主要装備/オプション(車両本体価格を含む)】

エキシージ スポーツ 420 ファイナルエディション

●車両本体価格:13,970,000円

エキシージ スポーツ 410の後継モデルとなるこのモデルは、最高出力が10PS向上した最高出力426PS、最大トルク43.5kg・mを発揮する3.5L V6DOHCエンジン+スーパーチャージャーを搭載し、パワーウェイトレシオは1トンあたり383.8PS、0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は290km/hを実現するなど、エキシージ最速モデルとなっている。

足回りは、10スポーク軽量鍛造アルミホイール(フロントは7.5J×17インチ、リヤは10J×18インチ・アンスラサイト、シルバーから選択できる)に、ミシュランのミシュラン パイロット スポーツ カップ 2タイヤ(フロントは215/45ZR17、リヤは285/30ZR18)を組み合わせたアルミホイール、調整可能なアイバッハ製アジャスタブルフロント/リヤアンチロールバー、高速&低速コンプレッションで3段階のダンピング微調整ができるナイトロン製フロント/リヤ3ウエイアジャスタブルダンパーを標準装備したほか、ブレーキはAPレーシング製フロント/リヤ4ポッドブレーキキャリパー、熱容量が大きく食いつき感に優れ、磨耗粉がたまりにくく、安定したペダルタッチと大きな制動力を実現するAPレーシング製2ピースJフックベンチレーテッドブレーキディスクを搭載する。

エキシージ スポーツ 390 ファイナルエディションと同様に、インテリアは新しいTFTデジタルダッシュボード(メーターパネル)、フラットボトムタイプの新しいステアリングホイール、新しいシートトリム&ステッチパターンなどを採用、ボディカラーは「メタリックオレンジ」「メタリックホワイト」の新色などを設定する。

【主要諸元】

【主要装備/オプション(車両本体価格を含む)】

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る