車種別・最新情報[2021.01.12 UP]

メルセデス・ベンツ、「メルセデス AMG GLB 35 4マティック」を発表

メルセデス・ベンツ日本は1月12日、GLBのAMGモデル「メルセデス AMG GLB 35 4マティック」を発表し、同日から予約受け付けを開始した。納車時期は1月末頃を予定している。

エクステリアは、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリル、横方向に走るフィンを備えたジェットウイングデザインのフロントエプロン、専用デザインのクローム仕上げの円形デュアルエグゾーストテールパイプ、インテリアはコックピットディスプレイには「スーパースポーツ」を含むAMG専用の表示スタイルなど、AMGモデルならではの専用パーツを多数装備している。

パワートレーンは、2.0L直4DOHC直噴ターボエンジン「M260(最高出力306PS/最大トルク40.8kg・m)」を搭載し、素早いシフトを実現した8速AMGスピードシフトDCTのトランスミッション、前後100:0から50:50のパフォーマンス志向の連続可変トルク配分の四輪駆動システム「AMG 4マティック」を組み合わせる。

サスペンションは、フロントはマクファーソンストラット式、リヤはマルチリンク式を採用し、リヤは横方向のアーム3本、トレーリングアーム1本を備えることで、走行安定性&敏捷性を高めている。さらに、走行状況や路面状態に応じて各ホイールに対する減衰力を自動で調整する「AMG RIDE CONTROLサスペンション」を標準装備する。

ブレーキシステムは、フロントは新型モノブロック対向4ピストンキャリパー&350mmディスク、リヤは1ピストンフローティングキャリパー&330mmディスクを搭載し、シルバーペイント仕上げのブレーキキャリパーにはブラックのAMGロゴを備え、ディスクはフェード現象を予防するドリルドベンチレーテッドタイプとなっている。

エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変えられるドライブモードは、快適性&低燃費重視の「コンフォート」、スポーティな走行性能を実現する「スポーツ」、よりスポーティな走行性能を実現する「スポーツプラス」、安定性重視の「スリッパリー」、各制御を個別に設定できる「インディビジュアル」の5つのモードのほか、ESPの制御が変えられる「AMG DYNAMICS」も備える。「AMG DYNAMICS」は、「ベーシック」「アドバンスト」の2つのモードを用意し、各ドライブモードによって自動で選択される。

また、サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)の記録、ラップタイム、区間タイムの表示機能などを備えた「AMGトラックペース(メーカーオプションのナビゲーションパッケージ装着時)」を採用している。各種データは、ワイドスクリーンディスプレイ、コックピットディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ(メーカーオプションのAMGアドバンスドパッケージ装着時)に表示して見ることができる。

この記事の目次

主要諸元・車両本体価格

関連情報

ボディタイプ:SUV・クロカン 新車 輸入車

主要諸元・車両本体価格

【主要諸元】

●全長×全幅×全高(mm):4650×1845×1670●ホイールベース(mm):2830●車両重量(kg):1790●駆動方式:4WD●パワートレーン(最高出力/最大トルク):1991cc直4DOHC直噴ターボエンジン(306PS/40.8kg・m)●トランスミッション:8速AMGスピードシフトDCT●WLTCモード燃費 (km/L):11.4●燃料タンク容量(L):60[プレミアム]●最小回転半径(m):5.7●ハンドル位置:右

【車両本体価格】

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント