車種別・最新情報[2020.11.19 UP]

ホンダ、ハイト系軽乗用車「N-ONE」をフルモデルチェンジ

本田技研工業は11月19日、ハイト系軽乗用車「N-ONE」をフルモデルチェンジし、11月20日から発売する。8年ぶりにフルモデルチェンジした2代目となる新型のラインナップは、「オリジナル」「プレミアム」「プレミアム ツアラー」「RS」の4グレードを設定している。

エクステリアは、N360をモチーフにした初代の「丸・四角・台形」のフォルムを継承しながら、フロント&リヤのバンパー下部を踏ん張り感のある造形とするなど、走る楽しさと安全性を感じられるデザインを追求し、「オリジナル」はN-ONEらしいフロントマスク、「プレミアム」「プレミアム ツアラー」は大開口グリル、随所にクロームメッキ、「RS」はハニカムメッシュの大開口グリル、随所にダーククロームメッキなど、専用エクステリアを施している。ヘッドライト&リヤコンビネーションランプは、フルLED化するとともに、ヘッドライトは「オリジナル」「プレミアム」「プレミアム ツアラー」はシルバーリング、「RS」はブラックリングとして丸目を強調し、軽初のデイタイムランニングランプに、ポジションランプ、ターンランプ、ハザードランプを兼ねたマルチファンクション発光リングを採用している。

インテリアは、「心地よい開放感」を高めるため、ミニマルな室内空間を追求し、インパネはメーターの端から助手席の端まで伸ばしたデザインとすることで、視覚的な広さを演出するとともに、運転席は左側にタコメーター&スピードメーター、右側に3.5インチのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ(「RS」はGメーターとブースト計を搭載)を配した異形2眼コンビネーションメーター、最適な位置に配置したスイッチ類&シフト、セパレートシートを採用して運転する楽しさを、助手席はインパネの造形を大胆に削ぎ落として、大柄な方でもくつろげる広さを感じられる空間となっている。カラーは、「オリジナル」はブラック×プラチナホワイト、「プレミアム」「プレミアム ツアラー」はブラック×チャコール、「RS」はブラック×オレンジで、フロントシートは「オリジナル」はプライムスムース&トリコット、「プレミアム」「プレミアム ツアラー」はプライムスムース&ダブルラッセル、「RS」はラックス スェード&メッシュジャージーのコンビシートを採用している。

ボディは、2代目N-BOXから採用している軽量&高効率なプラットフォームをベースに、高粘度接着剤によるボディ接合部位を拡大、ハイテン材を随所に使用するなど、高剛性、軽量化を実現するとともに、防音材を適材適所に配置することで、防音性能も向上している。パワートレーンは、2代目N-BOXと同じ658cc直3DOHCエンジン(NA、ターボ)を搭載し、トランスミッションはCVTのほか、「RS」には6速マニュアルトランスミッション(6MT)も設定する。

先進安全装備は、軽の6MT車では初採用となる「アダプティブクルーズコントロール(ACC)※CVT車は渋滞追従機能付き」「車線維持支援システム(LKAS)」を含む、10種類の機能(一部の機能はCVT車のみ)を備えた安全運転支援システム「ホンダ センシング」、軽初のリヤドアの開閉履歴をもとに、荷物などの置き忘れ注意喚起をメーターに表示する「リヤシートリマインダー」、駐車時に後方のクルマや障害物をアラーム音などで知らせてくれる「パーキングセンサーシステム」、信号待ちなどで停止した際に、ドライバーがブレーキペダルから足を離しても自動で停車状態を保持し、アクセルペダルを踏み込むと自動で解除してくれる便利な「オートブレーキホールド機能(自動解除は運転席のシートベルトが着用されている場合のみ作動する)」を全車標準装備する。

この記事の目次

ボディカラー
主要諸元・ラインナップ・車両本体価格

関連情報

ボディタイプ:軽自動車 国産車 新車

【フルLEDヘッドライト点灯パターン】

【フルLEDリヤコンビネーションランプ点灯パターン】

インパネ造形新旧比較図

【3.5インチのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ(「RS」のGメーターとブースト計)】

【収納スペース】

【シートアレンジ】

衝突安全ボディ

防音材・遮音材配置図

658cc直3DOHCエンジン

658cc直3DOHCターボエンジン

6速マニュアルトランスミッション

リヤシートリマインダーの表示画面

電子制御パーキングブレーキ/オートブレーキホールド機能

オリジナル

14インチスチールホイール+カラードディッシュホイール(ブラック)

インパネガーニッシュ(プラチナホワイト)

フロントコンビシート(プライムスムース&トリコット)

プレミアム/プレミアム ツアラー

14インチアルミホイール(プレミアム)

15インチアルミホイール(グレーメタリック/切削リム・プレミアム ツアラー)

本革巻ステアリングホイール/ステアリングロアーガーニッシュ(シルバー)

インパネガーニッシュ(ブラックウッド調)

フロントコンビシート(プライムスムース&ダブルラッセル)

RS

15インチアルミホイール(マットブラック)

RS専用本革巻ステアリングホイール/ステアリングロアーガーニッシュ(オレンジ)

インパネガーニッシュ(スチールヘアライン調)

フロントドアアームレスト(ラックス スェード)

フロントコンビシート(ラックス スェード&メッシュジャージー)

ボディカラー

【オリジナル】

●フレームレッド
●プラチナホワイト・パール ※1
●サーフブルー
●プレミアムアイボリー・パール2 ※1
●ルナシルバー・メタリック
●クリスタルブラック・パール
●フレームレッド&ホワイト(2トーンカラー)※2
●プラチナホワイト・パール&ブラック(2トーンカラー)※3
●サーフブルー&ホワイト(2トーンカラー)※2
●プレミアムアイボリー・パール2&ホワイト(2トーンカラー)※3

【プレミアム/プレミアム ツアラー】

●プラチナホワイト・パール ※1
●ミッドナイトブルービーム・メタリック ※1
●ブリティッシュグリーン・パール
●プレミアムアイボリー・パール2 ※1
●シャイニンググレー・メタリック
●クリスタルブラック・パール
●プラチナホワイト・パール&ブラック(2トーンカラー)※3
●ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー(2トーンカラー)※3
●ブリティッシュグリーン・パール&シルバー(2トーンカラー)※2
●プレミアムアイボリー・パール2&ブラック(2トーンカラー)※3

【RS】

●クリスタルブラック・パール
●プラチナホワイト・パール&ブラック(2トーンカラー)※3
●ブリティッシュグリーン・パール&ホワイト(2トーンカラー)※2
●プレミアムイエロー・パール2&ブラック(2トーンカラー)※3
●サンセットオレンジ2&ブラック(2トーンカラー)※2

※は有料色、税込み価格は※1が3万3000円、※2が6万500円、※3が8万2500円。

主要諸元・ラインナップ・車両本体価格

【主要諸元】

プレミアム
●全長×全幅×全高(mm):3395×1475×1545<全高は1570mm>●ホイールベース(mm):2520●車両重量(kg):840<900>●駆動方式:FF/4WD●パワートレーン(最高出力/最大トルク):658cc直3DOHCエンジン(58PS/6.6kg・m)●トランスミッション:CVT●WLTCモード燃費 (km/L):23.0<21.0>●燃料タンク容量(L):27<25>[レギュラー]●最小回転半径(m):4.5<4.7>

RS・6MT
●全長×全幅×全高(mm):3395×1475×1545●ホイールベース(mm):2520●車両重量(kg):840●駆動方式:FF●パワートレーン(最高出力/最大トルク):658cc直3DOHCターボエンジン(64PS/10.6kg・m)●トランスミッション:6MT●WLTCモード燃費 (km/L):21.6●燃料タンク容量(L):27[レギュラー]●最小回転半径(m):4.8

※<>の数値は4WD車。

【ラインナップ・車両本体価格】

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント