業界ニュース[2017.06.13 UP]

ポルシェ、手作業で製造する911 ターボ S「エクスクルーシブシリーズ」を発表

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
911 手作業によって製造する911 ターボ S「エクスクルーシブシリーズ」

独ポルシェは、ポルシェ社内の特注車を専門に扱う「Porsche Exclusive Manufaktur」が手作業によって製造する911 ターボ S「エクスクルーシブシリーズ」を発表した。限定台数は500台となる。エクスクルーシブシリーズは、3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力446kW(607PS)、最大トルク750Nmを発生する。最高出力は標準モデルから27PSアップとなり、0-100km/hの加速は2.9秒。0-200km/hの加速は9.6秒となる。最高速は330km/hと公表された。

911 ダブルストライプにゴールデンイエローを配色

インテリアは、18way調節式スポーツシートのステッチやヘッドレストの“Turbo S”の刺繍ロゴ、2層になったパンチングレザーの内側のレイヤーに配した2本のストライプのほか、アルカンターラを使用したルーフライニングのダブルストライプにゴールデンイエローを配色。ダッシュボードの助手席側にリミテッドエディションナンバープレートを備え、ドアエントリーガードには“Exclusive Series”のイルミネーションが付いている。

911 最高出力は標準モデルから27PSアップとなる

足まわりは、ゴールデンイエローメタリックのデザインラインを施したブラック塗装のセンターロック20インチホイールを標準装備。同じくブラック塗装の「PCCB」(ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ)のブレーキキャリパーは、ゴールデンイエローメタリックの“PORSCHE”ロゴを初めて採用している。

また、「ポルシェ アクティブサスペンション マネージメントシステム」を備えたアクティブスポーツシャシーとスポーツクロノパッケージを標準装備。リアアクスルステアリングとロール抑制システム「ポルシェ ダイナミックシャシー コントロールシステム」を採用することで車両の安定性を確保する。

911 ツインテールパイプによるエグゾーストシステムを採用

エクステリアは、イメージカラーにゴールデンイエローメタリックのボディカラーを設定。ボンネットやルーフ、サイドスカートなどにカーボンを採用して、ルーフとボンネットに施された2本のカーボン模様のストリップがスポーティさを強調している。リアビューは、ターボエアロキットや新型のリアエプロン、カーボン製ラムエアスクープ、2組のブラック塗装ステンレススチール製ツインテールパイプによるエグゾーストシステムなどを備え、フェンダーに“Porsche Exclusive Manufaktur”のプレートが装着される。

なお今回は、車両と同じデザインを用いたクロノグラフ「ポルシェ デザインクロノグラフ 911 ターボ S エクスクルーシブシリーズ」も発表された。車両と同様に500個の限定となる。巻き上げ機構にポルシェ特有のセンターロックを備え、車両と同じ塗装を施すなど、ポルシェ デザイン ウォッチと911 ターボ S エクスクルーシブシリーズ両方の特徴を備えている。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント