車の動画[2020.06.30 UP]

【フォルクスワーゲン ポロGTI】AW ベースグレード グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらはフォルクスワーゲンのポロGTIの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

この記事の目次

フォルクスワーゲン ポロGTI AW ベースグレードの内装・オプション別解説
まとめ

関連情報

車種別動画カタログ

フォルクスワーゲン ポロGTI AW ベースグレードのカタログ情報

ポロをベースに、あらゆる性能を進化させたホットハッチ。
赤いラインやハニカムグリルなど伝統的なデザインと、先進技術の融合が魅力的です。
今回はフォルクスワーゲン、ポロGTIをご紹介します。

フォルクスワーゲン ポロGTI AW ベースグレードの車両情報
型式:ABA-AWCZP
長さ:4075mm
幅 :1750mm
高さ:1440mm

フォルクスワーゲン ポロGTI AW ベースグレードの内装・オプション別解説

スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”
リモコンキーを操作し、離れた場所から全ドアの解錠・施錠が行えます。
また、キーを携帯した状態で、ドアハンドルを握って解錠、ドアハンドルのセンサー部分に触れて施錠をすることができます。

テールゲートも、キーのリモコン操作で解錠することが可能。
キーを携帯した状態であれば、解錠の操作をしなくても直接テールゲートオープナーを引いて、テールゲートを開くことができます。

エンジンスタート/ストップボタンはセレクターレバーの右上にあります。
キーを携帯した状態でブレーキペダルを踏み、ボタンを押すとエンジンが始動。
合わせてメーター類も起動します。

アダプティブクルーズコントロールシステム“ACC”
ステアリングの左側に、アダプティブクルーズコントロールのボタンを配置。
システムをONにすると、先行車との車間距離や車速の上限を設定し、自動で加減速することが可能です。
MODEボタンを押して、スピードリミッターの設定画面に切り替えられます。

デジタルメータークラスター“Active Info Display” ※オプション装備
ステアリングの右側には、デジタルメータークラスターを操作するボタンを配置。
中央のディスプレイの表示を切り替えることで、オーディオや走行データを確認したり、ナビの画面を映すことが可能。
また、VIEWボタンを押して、中央の画面を大きく表示させるモードなど、3種類の表示パターンを選択できます。

パドルシフト
ステアリングの裏側に、パドルシフトを装着。
マニュアルモードで走行している時に、手動で変速することができます。

方向指示器・ヘッドライトレバー/ワイパーレバー
ステアリングの左奥には、方向指示器やハイビーム/ロービームの切り替えを操作するレバー。
その反対側に、ワイパーレバーがあります。

ライトスイッチ
ライトスイッチを運転席の右側に配置。
スモールライトやヘッドライト、前後のフォグランプを点灯させる時に使用します。

Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro” ※オプション装備
パネルをタッチして操作できるインフォテイメントシステム。
オーディオやナビに加えて、車両情報を確認したりシステムの設定変更も可能です。

2ゾーンフルオートエアコンディショナー
シンプルなモニター表示で、設定状況を確認しやすいエアコンディショナー。
右上のSYNCボタンをOFFにすると、左右別で温度調節ができます。
左のボタンを押して、オート運転も設定可能です。

セレクターレバー
セレクターレバーはストレート式で、ディスプレイの左下にポジションを表示。
Dのポジションからさらに後ろへ操作して、スポーツモードに切り替えられます。
Dのポジションから左に操作し、マニュアルモードに切り替えることもできます。

リヤビューカメラ“Rear Assist”
セレクターレバーをRに入れると、インフォテイメントシステムの画面が車両後方の映像に切り替わります。
車両周辺の障害物を検知して知らせる機能やガイドラインも併せて表示され、安全な操作をサポートします。

セレクターレバー右側のボタン類
セレクターレバーの右側に、安全な運転をサポートする機能のボタンが配列されています。

Start/StopシステムOFFボタン
アイドリングストップ機能を停止するボタン。
機能をOFFにするとボタンが黄色に点灯し、ディスプレイにメッセージが表示されます。

ESC/ASRボタン
車両の不安定な挙動を感知し、ブレーキやエンジン出力を総合的に制御するシステムを停止するボタン。
短く押すと、滑りやすい路面でのタイヤの空転を抑えるASR(トラクションコントロールシステム)を停止。
3秒以上長押しすると、ASR停止と同時にESCスポーツモードが設定され、Front Assistの機能が使用できなくなります。

ドライビングプロファイルボタン
走行状況に合わせて、4種類のドライブモードを選択できるボタンです。
ボタンを押すと、選択できるモードがインフォテイメントシステムに表示されます。
ドライブモードはタッチパネルでも選択可能で、カスタムモードでは様々な機能を自分好みに設定できます。

駐車支援システム“Park Assist”ボタン ※オプション装備
駐車をするときのステアリング操作を自動で行い、スムーズな駐車をサポートする機能のボタン。
ボタンを押すと駐車場所を検知する画面がディスプレイに表示され、自動操作のための設定を進めることができます。

パークディスタンスコントロールボタン ※オプション装備
フロントとリヤのバンパーに取り付けられたセンサーにより、周辺の障害物への接近を知らせるシステムを作動させるボタン。
システムを作動させるとインフォテイメントシステムの画面が車両を真上から見たイメージ画像に切り替わります。
障害物との近さに応じた色の表示で、注意を促します。

リーディングランプ
リーディングランプはスイッチを奥に押すと点灯。
読書や地図を見るときなどに便利です。

オーバーヘッドコンソール
リーディングランプの上には、サングラスの収納に適したオーバーヘッドコンソールがあります。

バニティミラー付サンバイザー(天井照明付)
サンバイザーは裏側にバニティミラーを装着。
天井照明が付いており、天気や時間帯を選ばず使用できます。

フロントドアポケット(ボトルホルダー付)
フロントドアには、手帳などを入れられるポケットを用意。
ボトルホルダーとしても活用できます。

USBデバイス接続装置/スマートフォン ワイヤレスチャージング ※スマートフォン ワイヤレスチャージングはオプション装備
コンソールの中にUSBジャックがあり、充電に便利です。
ワイヤレス充電に対応したスマートフォンを置くだけで充電できる、ワイヤレスチャージングも装備しています。

12V電源ソケット/カップホルダー(小物入れ付)
パーキングブレーキの隣に、12Vの電源ソケットを装着。
その下に、2個のカップホルダーと、小物入れを設置しています。

センターアームレスト
センターアームレストは、小物を収納できるボックスになっています。
蓋が開く位置を途中で止められるため、挟み込みの危険がありません。

グローブボックス/ETC車載器/CD・SDカードドライブ ※ETC車載器はオプション装備
助手席の正面に、グローブボックスを設置。
中にETC車載器と、CD・SDカードドライブが装着されています。
SDカード専用のホルダーも付いています。
コインホルダーとカードホルダーも付いており、整理整頓に便利です。

助手席シートアンダートレイ
助手席の下のトレイは、説明書を収納できます。

リヤドアポケット(ボトルホルダー付)
リヤドアにもポケットを用意。
ペットボトルを2本程度入れられる広さを確保しています。

シートバックポケット(運転席・助手席)
運転席と助手席の裏側に、シートバックポケットを装着。
本やマップの収納に便利です。

USBデバイス接続装置
センターコンソールの裏側にも、USBジャックが2個付いています。
スマートフォンの充電に便利です。

リーディングランプ(リヤ)
後席の天井には、リヤシート用のリーディングランプが設置されています。

ラゲージルーム/トノカバー
ラゲージルームはトノカバーが装着されており、プライバシーを保護。
最大約1mの開口幅で、長さのある荷物の積み下ろしがしやすくなっています。

ラゲージルームランプ
ラゲージルーム右側に配置されたランプは、テールゲートを開けると連動して点灯します。

工具類/タイヤ応急修理キット
ラゲージの床下に、工具類とタイヤ応急修理キットがバッテリーを囲むように格納されています。

分割可倒式シート(後席)
リヤシートは、左右分割で倒すことが可能。
肩口にあるレバーを引き起こして、手軽に操作できます。
トノカバーを外せば荷室を大きく広げることができ、レジャーの時などに便利です。

LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能付)/フォグランプ(フロント)/デイタイムランニングライト
ヘッドライト内部まで伸びた赤いラインが印象的なフロントフェイス。
ラインに沿うようにデザインされたデイタイムランニングライトが先進的なイメージを印象付けています。

LEDダークテールランプ/フォグランプ(リヤ)/ハイマウントストップランプ
ダークカラーで赤色が一層際立つテールランプ。
右側にフォグランプを装備するなど、視認性の確保も考慮したデザインです。

まとめ

タータンチェック柄の専用シートやインパネなど、随所にイメージカラーを取り入れ、洗練されたデザインを強調。
高い走行性能を併せ持ち、ファンを魅了する一台、フォルクスワーゲン・ポロGTIのご紹介でした。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント