車種別・最新情報[2020.06.30 UP]

新型ハリアー購入必勝法!

 従来型と同様にプレミアム性を第一に、そしてその買い得感をしっかり見極めることがハリアー選びのコツ。最もベーシックなSは、トヨタセーフティセンスが標準装着にもかかわらずガソリンのFF車が300万円を切るなどプライスは魅力的だが、基本的な機能装備が省略されるなど、プレミアムを売りとするハリアーらしさが少々薄い。レザー仕様はいらないまでも装備が充実してくるG以上からと考えるのがいいだろう。  また新型でもう一つ注目して欲しいのが駆動方式。せっかくSUVを選ぶのに2WDのFF車を勧めるのは多少気が引けるが、FF車のバランスの良さも新型ハリアーの特徴のひとつ。悪路走行を前提としないユーザーならば、価格と燃費で有利なFF車を選んでも問題ない。  ただし、4WD車がことさら割高というわけではなく、特にハイブリッド車は後輪駆動系をシステムの一環として動力性能や回生に利用できるE-Fourを採用しており、パワートレーンの実性能でもFF車を上回る。性能重視ならばFF車よりも買い得と言えよう。  ちなみにガソリン車とハイブリッド車の価格差は約60万円と相応の差があるが、これを燃費性能で取り戻すのはなかなか難しい。新型はガソリン車の性能向上も著しいため、未来感や先進性などのエコプレミアムを求めるのではなければ、ガソリン車を選んでおくのが無難な選択になるだろう。

新型ハリアー オススメ グレードは?2.0 Z

装備や仕立てにも上級SUVの高級感を求めるならば、ガソリン車のZを選びたい。12.3インチのナビシステムやプレミアムサウンドシステムなど、国産屈指のキャビン環境が手に入るため満足感が高い。さらにプラス30万円の予算が出せるならレザーパッケージまで進んでもいい。ちなみに同予算でパワートレーンの付加価値を求めるならば、ハイブリッドGという選択も。

注目装備
プロジェクター式 LEDヘッドライト

L字型のデイタイムランニングランプが内蔵されたプロジェクター式LEDヘッドランプ。G以上のグレードの標準装備となる。

レザーパッケージ 仕様

基本グレードはファブリックシート仕様になるが、GとZには上質感溢れるブラックレザーシート仕様も用意される。

12.3インチ 高精細TFT ワイドタッチセンター ディスプレイ

SとGは8インチモニター+DA(ディスプレイオーディオ)だが、Zは12.3インチモニター+T-CONNECTナビにグレードアップ。

調光パノラマルーフ

ハリアーが初搭載となる調光パノラマルーフは、電動シェード機能に加え、ガラス自体に調光・透過機能を備える。Z系のみにOP設定。

デジタル インナーミラー (前後方録画機能付)

車両後方のカメラからの映像をミラー内に表示。前後カメラの映像を録画できる機能も備えた最新仕様が採用されている。

19インチアルミ ホイール(高輝度 シルバー塗装)

グレードごとにアルミホイールは異なるタイプを採用。Zに採用される19インチアルミは美しく仕上げた高輝度仕様となる。

ベストな買い替えの タイミングは?

2017年からの後期型は人気が高く、ターボ車やハイブリッド車は3年落ち車でも新車価格の6〜7割の評価が付くことも珍しくないほど。それだけに新型登場の反動が怖い……。

高値を維持している後期型オーナーは 買い替えを急ぐべし!

 2013年にデビューした従来型(3代目)は中古車人気も高く、2014〜15年前後の前期型のNA車でも100万円は期待できる売却相場を維持している。今回も新型ハリアーへの買い替えは相当な数になるだろう。  そうなるといつ買い換えるべきか?だが、値落ちの影響を受けやすい後期型のオーナーほど、素早く動くのがベター。グレードによっては300万円前後の金額が期待できるモデルもあるが、これまでの高値の反動もあって半年で50万円以上の値落ちが進む可能性も高い。ちなみに前期型は値落ち幅も限定的になるため、車検時期まで待っても金銭的な影響は少ないだろう。

新型ハリアー 購入最前線 最新情報

期待のニューモデルだが ガードが緩くなる可能性も

 5月からトヨタは全販売店・全車種併売を実施。その目玉商品ともなっているのがハリアーだが、専売を外されたトヨペット店は心中穏やかではない。表向きは「ブランドイメージと中古車相場を保つために安売りするべきではない」としているが、他店と競合すれば“値引きで勝負”に出てくることは間違いない。とくに従来型ハリアーから買い替えの場合は「他店を先行させてトヨペットに揺さぶりをかける」という戦術が功を奏するだろう。付属品をたっぷり付けたら値引きの合計を15万円前後にもっていきたい。大都市部では20万円が飛び出す可能性も。

車両本体 値引き目標 10万円

納期の目安 2-4か月

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント