新車値引き情報[2020.06.26 UP]

【新車購入】X氏の値引きにチャレンジ大作戦 ヤリスから27.1万円引き!

この記事の目次

「今日だけ」攻撃に絶体絶命! 松本さん、電話に出てください!! ああ……どうなる、どうするX氏!!!
11年ぶりの商談に舞い上がる(笑) ヤリスの速攻にリタイアの危機!
お値段据え置き……なんだかなぁ!? 土壇場で奥様が絶妙のサポート!

「今日だけ」攻撃に絶体絶命! 松本さん、電話に出てください!! ああ……どうなる、どうするX氏!!!

【プロローグ】 長年、月刊自家用車を愛読しています。2009年にフリードを購入した際、交渉レポートを投稿。すると松本さんから「商談がうまい。下取り車の処分も上手」と褒められ、とても嬉しい思いをしました。このとき「次はかならずX氏になるぞ!」とかたく誓ったのです(笑)。
 あれから11年。子供たちもすっかり大きくなり、今年は長男が免許を取得する予定。また、次男は見事に公立高校に合格。実は、私立高校入学も視野に入れて家計を組んでいたので、多少の余剰資金が出ちゃいました。
 そこで「クルマを買い替えよう!」となり、すぐさまX氏に応募したところ念願かなって採用となったわけです。
 狙いは最新の安全装備を備えたコンパクトカー。本命は新型フィット。対抗はヤリス。発売直後の新型が相手だけに苦戦は必至ですが、久々の値引き交渉にワクワク♪ 夫婦で頑張ります!
 なお、下取り車に関しては納車が近づいた時点で、松本さん直伝の「買い取り専門店をいっぺんに集めたオークション方式」で売却する予定です。松本さんいわく「11年落ちでも状態がいいので、30万円以上の値が付くでしょう」。

【2月29日(土)】 まずはトヨタA店へ。狙いはヤリスです。
 駐車場に乗り入れるやいなや、ガッシリしたラガーマン風のセールスさんがお出迎え。電話で予約しておいたので、早速、試乗に……えーと、鍵は?……えっ、ボタンを押せって……知ってはいたけれど、やってしまいました(汗)。
 ともかく、スターティン!
 後部座席がちょっと狭く感じるけれど、それ以外はとても快適。
 おおっ! フロントウインドウに表示が映る。これが噂のカラーヘッドアップディスプレイか! 未来的で、超便利です。
 お店に戻って、いざ商談。
X「妻はフィットを気に入っています。ノートe-POWERも検討中です。できるだけ節約したいので、好条件をお願いしますね」
 提示してきたヤリスの総額は値引きなしで286万9640円。
X「まさか、値引きゼロ?」
セ「そんなことはございません。精一杯、頑張ります!」
X「実は、我が家の近くにはトヨタA店の別の営業所があるんですが、電話でたずねたらカラーヘッドアップディスプレイを装着した試乗車がなかったんですよね。だからこちらまで来ました。もしも、希望の金額にほど遠かったらもう来なくなってしまいますよ」
セ「わ、わかりました。少々お待ちください」
 しばらくして戻ってきた。
 ヤリス 値引き21万9640円 支払 い総額265万円(メーカーオ プション28万4900円/付 属品17万6000円)
 おっ、いきなり20万円超え!
セ「わざわざこちらの店までお越しいただいた感謝を含めて、ホンダさんのユーザーであるXさんとこれから末永いお付き合いをお願いしたく、頑張りました。ぜひ、本日契約してください!」
X「うーん……ドライブレコーダーが欲しいですね」
妻「そうね、ドラレコ前後を付けてくれたら買うかも……」
セ「これ以上はかんべんしてください。上司の決裁によってご提示できる最高額なんです。それも本日に限って出せる数字です」
X「ハンコ、持ってきてないよ」
セ「大丈夫です。電子書類にサインをいただければけっこうです」
 うーん……どうしよう。カラーヘッドアップディスプレイに感動し、クルマの走りも素晴らしかったので、正直「決めてもいいか」という気持ちになっています。妻の様子をうかがうと、私と同じ気持ちということが伝わってきました。
 ここで態度を保留したら、せっかくの値引きがパアになってしまう。困った、どうする? そうだ、こういうときは松本さんだ。
X「すいません。ちょっと電話したいのですが……」
セ「どうぞ、どうぞ。私は席を外しましょうね」
 すぐさま松本さんの携帯に緊急コール。あれ、出ない……まだ出ない……出てください……おっ、出た!
 現在の状況を説明して、契約したい旨を伝えました。
松「そうですか……最初の商談で契約となると、誌面が埋まりません。残念ですが、レポートは中止ということになってしまいます」
X「いや、続けたいです。どうしたらいいですか?」
松「たしかにヤリスとしては好条件が出ていますが、正直、今日決めなくても大丈夫ですよ」
X「えっ、セールスさんは今日だけって、いってますよ」
松「典型的なセールストークです。真に受けてはいけません。それにヤリスは新型といっても最初からけっこう緩めているので、まだいけますよ。次の商談ではさらに上乗せを狙いましょう」
X「でも、この場はどうやって逃げたらいいでしょうか?」
松「フィットを試乗してみなければ決められないといえばいいでしょう。値引きに関しては『今日、決めない私が悪いのだからパアになったらあきらめます。でも、きっとまた頑張ってくれると期待していますよ』などといっておくといいと思います」
X「なるほど、わかりました。そういえばヤリスは後部座席がちょっと狭いので子供たちの意見も聞いてみないといけませんね」
松「それそれ、それもセールスマンに伝えましょう」(笑)
X「11年ぶりの商談でちょっと舞い上がってしまったようです。おかげで冷静になれました」
 セールスさんを呼んで、松本さんのアドバイス通りに伝える。さすがに残念そうな表情を浮かべたが、結局「わかりました。よろしくお願いします」と引き下がってくれました。今回の値引き額は次回も生きるようです。このセールスさん、とても親切で誠実なので「長いお付き合いができる!」と、夫婦ともども確信しました。
 あー疲れた。今夜はグッスリ眠れるわ(笑)。

11年ぶりの商談に舞い上がる(笑) ヤリスの速攻にリタイアの危機!

【3月1日(日)】 マツダへ。試乗後、商談を開始。相手は店長さん。下取り車は買い取り店に売却するつもりというと「うちにも査定させてください」とのこと。
 マツダ2 値引き(記載なし) 下取り50万円 支払い総額200万1000円(付属品13万2336円)
 11年落ちのフリードに50万円とはアッパレ! 一瞬、そう思ったけれど値引き込みのようなので嬉しさも半減です。
X「フリードの買い取りだけ、お願いできませんか?」(笑)
セ「それはできまませんよ。新車を購入していただいての数字です」
 でしょうね。
 続いて日産へ。
 ノート 値引き24万8820円 下取 り40万円 支払い総額272万円(付属品31万1960円)
セ「私の限界額はここまでですが、店長の決裁を取り付ければ、まだまだいけます。Xさん、今日、決めていただけますか?」
X「もう少し検討させてください」
 それにしてもe-POWERの加速は凄かった! ニスモはカッコいいから欲しいけどなぁ。
 次はスズキ店。スイスポはきびきび走ってくれる。運転していてウキウキするなぁ♪  下取り額は15万円。値引きははっきりと提示してきません。
セ「本腰入れていただきましたら、ご提示させていただきます」
X「20万円くらいはできます?」
セ「頑張りますよ」
 ホンダA店へ。応対してくれたのは店長さん。トヨタや日産との競合を伝えると、 店長「時間がもったいないので、いろいろまわらなくてもいいような数字を出しましょう」
 フィット 値引き14万6728円 下取り 35万円 支払い総額240万 円(付属品62万2710円)
 最初は3~5万円引きとみていたが、意外に大きい。本日は終了。
 自宅に戻って、フィットの見積もりをチェックしていたら、「必要ないので外してください」とお願いしたはずの点検パックや延長保証など合計約15万円分がちゃっかり計上されています。これだと、値引き分が飛んでしまいます。うーん……油断できませんね。
 夜、家族会議。妻はすっかり「ヤリス推し」に。フィットは「スタイルが可愛すぎる」とのこと。子供たちも「断然、ヤリス!」。しかし、私はヤリスの後部座席の狭さが気になります。よし、家族全員で乗ってみよう。

【3月2日(月)】 20年前から付き合いのあるトヨタB店のセールスさんから電話が入りました。
 この店ではヤリスを扱っていないので、今回は声をかけないでおこうと思っていました。
セ「Xさん、お誕生日、おめでとうございます!」
 ありゃ、そうきたか。
セ「まだホンダですよね。そろそろ買い替えてくださいよ」
X「検討しているんだけど、狙いはヤリスなんだよね」
セ「えっ、うちでもヤリス、取り扱うことになりました。5月からですが、先日、勉強会が終わりました。ぜひ、お願いします!」
 松本さんからトヨタの全車種併売の情報は聞いてはいたけれど、3月の時点で売り込んでくるとは思っていませんでした。
セ「ところで、トヨタA店さん、どのくらい値引きましたか?」
X「22万円弱だったよ」
セ「どっひゃーそれは凄い! うちも頑張ってみますよ!」
X「お、相変わらずだね」(笑)
セ「いやいや、Xさんも相変わらずです」(爆笑)

【3月3日(火)】 昨日のトヨタB店のセールスさんから再び電話。
セ「すいません! やっぱりまだ時期が早すぎて条件が出せません。今回はあきらめます」(泣)
 残念でした。

【3月6日(金)】 コロナ対応でオフピーク通勤が始まり、今週は帰りが早いので先日の日産へ。これまでの経過を伝えて、ズバリと迫ってみることにしました。
X「前回のノートの条件は約25万円引き、下取り40万円で支払い総額272万円でしたが、これが240万円になれば、ヤリスやフィットに勝てる可能性がありますよ。単純計算で値引きが57万円を超えてしまいますけどね」
セ「うーん……厳しいなぁ」
X「ノートは近々、フルチェンでしょ? 末期モデルが発売直後の新型車と戦うにはかなりむちゃをしてくれないと……」
セ「はあ……相談してみます」
 夜、家族会議。やはりヤリスが圧倒的な支持を得る。
X「ノート・ニスモが240万円になったら、どうする? 実質的な値引きは57万円だぞ」
妻「それでも嫌だな」
X「なんで!?」
妻「あんな凄い加速、我が家には要らないよ」
 ごもっともな意見です(笑)。
 狙いをヤリスに絞ることに決定。松本さんに電話を入れて報告。最後のアドバイスをいただきました。
松「ヤリスはトヨタ同士の争いが決め手です。他系列で取り扱うというのも武器になりますよ」

お値段据え置き……なんだかなぁ!? 土壇場で奥様が絶妙のサポート!

【3月7日(土)】 ヤリスを扱うトヨタC店へ。A店とは経営資本の異なるディーラーです。
 早速、展示してあったヤリスに家族5人で乗ってみました。
次男「ちょっと狭いけど、さほど窮屈じゃないよ。長く乗っても大丈夫だね。それにしても、このクルマ、カッコいいなぁ」
長男「うん、カッコいい!」
三男「速そう!」
 ヤリス、ますます好評です。
 これまでの経過を伝えて、好条件を狙いますが、  ヤリス 値引き11万5701円 下取り 21万1660円 支払い総額 269万2746円(付属品 46万8949円)
セ「出たてのクルマですが、ぎりぎりまで値引きしていますよ」
 正直、がっかり。こちらが不満を表すと、副店長さんが登場。
副店長「Xさん。今決めていただけるなら下取りを40万円にします。契約をお願いします!」
X「いますぐは無理ですよ」
セ「クレジットを使っていただけたらもう少し値引きできます」
 金利を訊ねると4.9%! 銀行のカーローンの2倍以上だ。
 結局、二人掛かりの強引な営業に嫌気がさしてきたので退散。
 続いてトヨタA店へ。例のラガーマンがニコニコ顔で出迎えてくれました。営業マンは強引さより愛嬌ですね(笑)。
X「年度末の決算商戦も佳境ですよね。こちらの要望に応えていただければ、この場で契約しますよ。下取り車は買い取り専門店に売却する可能性が高いので、下取り車なしでいきます」
セ「どちらか、ほかのトヨタに行かれましたか?」
X「さっきトヨタC店で、家族揃って乗ってきました。後席からも不満の声はありません」(笑)
セ(表情が変わる)「わ、わかりました……なにか追加の付属品はございますか?」
妻「予算が厳しいんです。これ以上は我慢します」(笑)
X「トヨタ同士の競合ってやりにくいですよね。あまり無理しないでください。実は、付き合いがあるトヨタB店さんから『5月からうちでもヤリスの販売を始めます』っていわれてます」
セ(表情がさらに変わる)「Xさん、しばらくお待ちください!」
 なかなか戻ってきません。
 30分が経過したところで、 セ「お待たせしました! メンテナンスパスポート(5万6100円)を付けて、お値段据え置きでいかがでしょうか? 30か月の間、法令点検などが無料で受けられる大変お得なパックです」
 ヤリス 値引き27万3140円 支払 い総額265万円(メーカーオ プション28万4900円/付 属品17万6000円)
セ「ご契約をお願い致します!」
X「頑張ってくれましたね」
妻「今回、たくさんの方たちと商談したけれど、私たち側に立って真摯に対応してくれたのはセールスさんだけでしたよ」
X「そうそう。『要らない』っていってるものをちゃっかり見積もりに計上してきた店もあったなあ」
妻「下取りと値引きの合わせ技でごまかそうとしたり、値引き条件をはっきり提示してこなかったりと、いろいろあったね」(笑)
X「でも、なんだろう、このモヤモヤした感じは……」
妻「値引き額が凄いのに、なんか達成感がない」(笑)
X「あ、そうだ、ドラレコ!」
妻「それそれ、それだよね。いまや必需品だからね。メンテナンスパスポートのかわりに前後のドラレコ(6万4405円)を付けてくれませんか?」
X「もちろん値段は据え置き!」
セ「ドラレコですか……Xさん、お時間、大丈夫ですか?」
X「大丈夫です」
セ「お飲み物のお代わりをどうぞ。しばらくお待ちください」
 20分が経過。戻ってきた。
セ「実はメンテパスポートだと、我々への返りが大きいんです。それがドラレコになると、正直、返りがほとんどありません」
X「なるほど、その二つは利益が違うから、かんたんに取り換えができないってことだね」
セ「おっしゃる通りです。申しわけありませんが1万円のご負担をお願い致します。ドラレコ付きで266万円! これでXさんのモヤモヤ感をなんとかふり払えるといいのですが……」
X「わかりました! これからもよろしくお願いします」
妻「なんか凄い達成感! ありがとうございました」
 最終的な条件は車両本体とメーカーオプション28万4900円から17万1445円引き、付属品24万405円から10万円引きとなっていました。

【追記】 納期は4か月程度かかるので、6月末に下取り車をオークション形式で売却しようと思っていました。すると、ヤリスの契約から2週間後、トヨタA店のセールスさんが、 セ「下取り車ですが、おいくらくらいで売却するつもりですか?」
X「最低40万円くらいを想定しています」
セ「中古車部と相談したんですが、うちに出していただければ43万円で取ります。もちろん納車まで乗っていてけっこうですよ。ぜひ売ってください!」
 オークションをやってみたい気持ちもありましたが、ここはひとつセールスさんの申し出を快く受けることにしました。



購入データ
From神奈川県
TOYOTA ヤリス
ハイブリッドZ
トータル値引き 27.1万円

値引き採点 5
車両本体とメーカーオプション28万4900円から17万1445円引き、付属品24万405円から10万円引きで合計27万1445円。値引き率は10.4%。下取り額も相場からするとかなり割高。


  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント