車種別・最新情報[2020.06.30 UP]

TOYOTA 新型ハリアー徹底研究

注目の新型ハリアーは、かなり魅力的な戦略プライスで世に送り出された。その魅力に迫ってみるぞ。

ガソリン車の Sグレードは 299万円スタート!

新型は最新メカ&機能が注がれているにも関わらず、価格は従来型とさほど変わらない水準。むしろ車載ITのDA(ディスプレイオーディオ)が標準化(従来型は一部グレードを除きOP仕様)されていることを考えれば、従来型よりもお求めやすいとも。

メカ&機能は“最新”に一新 より高い完成度が与えられた

 上級ワゴンの快適性と寛ぎはハリアーの基本コンセプトのひとつだが、いまやクロスオーバーが増えたこともあって、それだけではキャラクターが立ちにくい。そこで従来型(3代目)は、後席の居住性や荷室容量などにも一定の配慮を加えつつ、スラントノーズのフロントマスクや流麗なスタイリングを与えるなどで、プレミアム&スペシャリティ路線を強化していた。この狙いは一昔前の4ドアセダンと4ドアハードトップの関係を考えると分かりやすい。  4代目となる新型は、先代のコンセプトを継承しているが、スペシャリティな雰囲気をやや薄めてプレミアム志向を濃いめにした感じだ。より大人っぽくジェントルになったと言い換えてもいい。  もう一つ見逃せないのは、RAV4から始まった新しいSUV用プラットフォームを用いたことだ。ルーフ後半のラインやリヤピラー形状に違いがあるものの、各ピラーの位置やドア幅、ホイールベースはRAV4と共通。骨格構造レベルで近似といえる。つまり、ハードウェア面で新型ハリアーはRAV4の姉妹車なのだ。  当然、パワートレーンも一新される。RAV4ではハイブリッド車も含めて、強タンブル流吸気に大量クールドEGR下での急速燃焼により熱効率を向上したトヨタ新世代エンジンのダイナミックフォースエンジンを採用。2・5Lのハイブリッド車と2Lガソリン車の構成は変わらないが、中身は最新仕様となった。さらに従来型と異なりハイブリッド車にもFF車が設定。なお、従来型で選ぶことができた2Lターボ車はラインナップされていない。  4WDシステムはハイブリッド車がEFour、ガソリン車が電子制御カップリング式のダイナミックトルクコントロール4WDを採用。RAV4ではより性能を高めたダイナミックトルクベクタリングAWD車も選ぶことができたが、公開資料を見る限り、ハリアーへの採用はされていない。オフロード走行まで想定したRAV4に比べれば、ハリアーが相対的にオンロード軸足のモデルであることは、この使い分けからも窺うことができる。  新旧の車体寸法を比較するとフロントオーバーハングはほぼ同じ。RAV4対比のプロポーションは僅かながらロングノーズである。この車体設計もオンロード志向の表れの一つだが、最低地上高は190mm以上が確保されているので、悪路踏破性は従来型以上だろう。初代ハリアーの謳い文句「ワイルド・バット・フォーマル」が良く似合いそうだ。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント