車種別・最新情報[2020.06.30 UP]

NISSAN キックス e-POWER ヤリスクロスのライバルがひと足先にデビュー

NISSAN キックス e-POWER

モダンな雰囲気のキャビン空間も新型キックスの魅力の一つ。おしゃれなブラック/オレンジのツートーンインテリアカラーは、国内仕様車にも設定される模様。

シフトレバーそばにはスタート&走行モードセレクタースイッチが配置される。キックスe-POWERには4つの走行モード(ノーマル/S/エコ/EV)が用意されるようだ。

電動パーキングブレーキの採用もトピックス。自動でパーキングブレーキがかかるほか、ACC作動時に全車速追従が可能になるなど、機能面のメリットが大きい。

ライバルのガソリン車に比べると価格的にはやや高めの設定になるだろうが、e-POWERがもたらす電動駆動の力強い走りは、走り自慢が揃う同クラスの中でも強烈な個性を放つのは間違いない。

パワートレーンは 全車e-POWERに統一 最新プロパイロットも 日本仕様には搭載予定

 かねてから日本導入が期待されている日産キックスだが、先駆けてタイ日産が従来型から大改良された現地仕様車を発表。このモデルが間もなく発売される国内仕様車のベースと言われているため、その概要をたどれば新型の全貌が見えてくる。  まず注目すべきはパワートレーン。設定グレード全てがe-POWER車として登場する。システム的にはノートやセレナと同じ、1・2L直3エンジンとモーターの組み合わせだが、モーターやリチウムバッテリーの改良/進化やキックス独自の電子制御が加えられることで、スペック向上が図られるはずだ。ちなみにタイで発売する現地仕様車のモーター出力は129PS/260Nmを発揮。ノートe-POWERよりも高い性能が与えられている。  さらに安全運転支援機能の充実も見所の一つ。停止時保持機能付ACCのインテリジェントクルーズコントロールや移動物体検知機能付のインテリジェントアラウンドビューモニターなど、合計14種類の最新機能が用意される。日産の目玉であるプロパイロットはタイ仕様車には記載がないが、日本ではかなりの注目を集める装備だけに、日本向け仕様車では装着される可能性が高いだろう。  内外装も今回のブラッシュアップに合わせて大幅変更。フロントVモーショングリルや各種LEDライトの採用により、精悍なフロントマスクを手に入れた。キャビンまわりもインパネ新意匠の採用や車載ITシステムの一新など大きな進化を遂げている。  ツボを押さえた性能と機能を持つキックスは、ヤリスクロスと共にこのクラスをリードする存在になる可能性を秘めている。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント