新型車比較・ライバル車対決[2020.06.30 UP]

TOYOTA 新型ヤリスクロス対ロッキー/ライズ ライバルモデル比較

両車とも実用性は十分、好ライバルになるのは必至

 小さいクルマでも広々したキャビンを持つ。この美点は日本市場向け実用モデルの特徴の一つであり、ロッキー/ライズも例外ではない。平面寸法はヤリスクロスよりも一回り小さく、ヤリスとほぼ同じだが、短いボンネット長やボクシーなキャビンデザインによりスペースを巧みに稼いでいる。後席使用時の荷室容量はヤリスクロスに及ばない可能性が高いが、キャビンユーティリティは同等。悪路対応力でも大差はないと予想され、走りのゆとりや車格感の重み付けが決め手となるはずだ。

チェック1 キャビン& 荷室比較

質感や車格感はヤリスクロスがやや優位な印象
ロッキーのデザインはSUV的だが、キャビンの居心地はハイト系を思わせる。アップライトな着座姿勢や高いアイポイント、張り出しの少ないトリムデザインなど圧迫感が少ない。スペックや画像から推測する限りでは、質感や車格感などはヤリスクロスが秀出ている印象を受けるが、ファミリー&レジャーなどの実用面はロッキーの方が優れているように感じる部分が多い。

ロッキーは天井までの高さも配慮した快適性重視のキャビンレイアウト。素材やパネルなどの質感はさほど高くないが、アイポイントが高いこともあって運転席からの視界はかなりいい。

チェック2 走り&パワートレーン比較

最新ハイブリッドが選べるヤリスクロスの走りに期待
 両モデルとも3気筒とは言え、ヤリスクロスは最新の1.5L、ロッキー系は1Lターボである。ターボの特性もあるがロッキーはダッシュ力の利いたドライブフィールが持ち味。ヤリスの延長上ならヤリスクロスは余力感重視。小気味よさでロッキー系に分があっても、高速長距離適性や走りの質感でヤリスクロスが上回るはずだ。

1LターボとD-CVTというパワートレーンを搭載。適度に締め込まれたフットワークや、アクセルペダルの踏み込みに対して俊敏に反応する出足の良さはロッキーの大きな武器。

チェック3 機能&装備比較

ヤリスクロスの運転支援はロッキー以上の可能性大
 ヤリスクロスは全車標準になるだろうが、ロッキー系も上級グレードにはACCと走行ライン制御LKAが標準装着される。ACCは全車速型ながら停車保持機能がない。ヤリスクロスは停車保持機能付きと予想され、運転支援の機能/性能はロッキー系以上となるだろう。DA及び車載ITに関しては標準装備率が主な違いとなる。

被害軽減ブレーキなどは標準化されているが、ACCやLKAなどの運転支援機能が強化されるスマートアシストプラスが上位グレードに限定される装着設定はちょっと残念な部分だ。

ヤリスクロス

ロッキー

VS ライバル ロッキー編

コスパは価格次第だが 車格感はヤリスクロスのほうが 明らかに上だ

 見た目の印象ではヤリスクロスのほうが上級だが、実はロッキー系もそれなりの価格。ACC/LKAを装着する場合は、約200万円のGからになる。ヤリスクロスがカローラスポーツ並みの価格ならばコスパで勝るが、ヤリスとの中間くらいの価格設定ならば、価格面のアドバンテージも半減してしまう。もっとも、車格感を重視するならば、高めの価格設定だとしてもヤリスクロスの方が魅力的な選択になるだろう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント