車の動画[2020.05.22 UP]

【トヨタ カローラフィールダー】160系 1.5X グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらはトヨタのカローラフィールダーの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

トヨタの人気ブランド「カローラ」のステーションワゴン。
積載性が高く、ファミリーで使いやすいのが特徴です。
今回はトヨタ・カローラフィールダーをご紹介します。

型式:DBA-NRE161G
長さ 4400mm
幅  1695mm
高さ 1475mm

ワイヤレスキーのリモコン操作で、
離れた場所から全ドアの解錠・施錠が行えます。
また、キーをドアハンドルの鍵穴に挿し込み、
左に回して解錠、右に回して施錠することもできます。

エンジンスイッチはステアリングの右側にあります。
ブレーキペダルを踏みながらスイッチにキーを挿し込み、
STARTの位置へキーを回すとエンジンが始動。
合わせてメーター類も起動します。

ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。
その反対側には、方向指示器・ランプスイッチがあります。

マルチインフォメーションディスプレイは
中央のメーターの下部に配置されています。
メーターの左端にあるDISP(ディスプレイ)ボタンを押すと、
外気温表示や平均燃費、
航続可能距離など車両情報の表示を切り替えることができます。
また、スイッチを長押しすることで、
運転支援機能の設定を変更することが可能です。

運転席の右側には、
安全運転を支援する機能のスイッチがあります。

前方の車両や歩行者に衝突する可能性をシステムが判断し、
警報を鳴らしたりブレーキを作動させることで
衝突回避をサポートする機能のスイッチ。
短く押すと、警報の作動タイミングを変更することができます。
スイッチを3秒以上長押しすると
マルチインフォメーションディスプレイに
メッセージが表示され、
メーター内の警告灯が点灯。システムがOFFになります。

車両前方の明るさを判定して、
自動的にハイビームとロービームを切り替える機能のスイッチ。
ハイビームを点灯させた状態でスイッチを押すことで、
システムがONになります。

走行中、車線を逸脱しそうになると
警報でドライバーに注意を促す機能のスイッチです。
ONにすると、メーター内の表示灯が点灯します。

ヘッドランプの光軸を上下に調節するダイヤルです。

ナビゲーションシステムは7インチサイズから装着可能。
マップ表示やオーディオ操作など、
タッチパネルで操作できます。

エアコンは3つのダイヤルで風向き、風量、温度の
調節ができます。
左のダイヤルのボタンを押すと内気循環を、
中央のダイヤルのボタンを押すと、
フロントガラスの曇り取りを起動できます。

操作ミスを起こしにくいゲート式のシフトレバー。
Dのポジションから右に入れると、坂道走行に適したSモードに。
さらに下に入れると、
急な下り坂での走行に適したBモードになります。
シフトポジションはメーター左側の表示灯で確認できます。

シフトポジションをRに入れると、
ナビの画面が車両後方の映像に切り替わります。
運転席から見えづらい車両後方の視界をサポートします。

シフトレバーの下に、2つのスイッチがあります。

急なハンドル操作による横滑りを抑えるVSCの機能や、
滑りやすい路面でのタイヤの空転を抑えるTRCの機能を
停止するスイッチ。
短く押すとTRCがOFFになり、
表示灯とメッセージが表示されます。
3秒以上長押しするとTRCとVSCがOFFになり、
表示灯とメッセージが表示されます。

アイドリングストップの機能をOFFにするスイッチ。
スイッチを押すと、メーターに表示灯が点灯します。

パーソナルランプは大きなサイズで、
フロント席を明るく照らします。

フロントドアには上下に2つのドアポケットと
ボトルホルダーが付いています。

運転席の右側に、引き出して使えるコインポケットを用意。

シフトレバーの前に、
カップホルダーとして使える収納スペースがあります。
中の仕切りを外して使うことも可能です。

パーキングブレーキレバーの隣に、
スマートフォン置きに適したトレイを用意。
そばには充電に便利なアクセサリーソケットを完備しています。

アームレストにも使えるセンターコンソールボックス。
底が深く、使い勝手の良い収納スペースです。

助手席側には、アッパーボックスとグローブボックスを用意。
車内の整理整頓に便利です。

関連情報

車種別動画カタログ


リヤドアにはフロントドアと同じように、
2つのドアポケットとボトルホルダーが付いています。

リヤシートの中央には、
収納式のアームレストを用意しています。

ラゲージルームは奥行きがあり、シートアレンジなしでも
多くの荷物を積み込むことができます。
両横のくぼみを利用し、ゴルフバッグのように
長さのある荷物を積み込むことも可能です。

ラゲージルームランプは左側に設置。
スイッチでON/OFFの切替えが可能です。

格納式のフックをラゲージルームの両横に装備。
どちらも4kgまで荷物をさげられます。

デッキボードの下にも、広い収納スペースがあります。
汚れても拭き取りやすい素材を使用しているので、
上下で使い分けが可能です。
奥の部分には、工具類が格納されています。

デッキアンダートレイを外すと、
緊急時に役立つ応急修理キットが格納されています。

リヤシートは左右分割で格納することができます。
ラゲージルームの両横にあるレバーを引き起こすだけの
簡単な操作で、
左右それぞれのシートを前方に倒すことが可能です。
手間をかけずに荷室を広げられます。

フロントアッパーグリルと統一感のあるデザインの
ヘッドランプ。
プロジェクター式を採用し、無駄なく前方を照らします。

ハイマウントストップランプにLEDを採用したリヤランプ。
後続車からの視認性は良好です。

充実した安全性能と豊富な収納スペースを完備し、
抜群の使い勝手です。
仕事からプライベートまで場面を選ばず活躍できる、
トヨタ・カローラフィールダーのご紹介でした。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント