車の動画[2020.05.22 UP]

SSTって何でしょう?-手動式オイルチェンジャー編-


SST 手動式オイルチェンジャーについて

オイルレベルゲージ穴から古いオイルを吸い出す
手動式オイルチェンジャー

エンジンオイルの交換法にはオイルパンのドレンボルトを外して排出させる「下抜き」の他にレベルゲージ穴から抜き出す「上抜き」という方法がある。

この「上抜き」、単純にエンジンオイルを交換するだけなら「下抜き」よりはるかに手軽。

クルマの下に潜る必要がないからで、ドレンボルトを脱着しないため交換用のパッキンが不要。
オイル漏れというトラブルとも無縁だ。

ただし、粘度の高いオイルを吸い出せる吸引ポンプが必須。

それの一押しが電源不要で本体タンク内に廃油を溜められ、排出量も一目瞭然の「手動式オイルチェンジャー」だ。

吸引ノズルをレベルゲージに添わせて油面までの長さを確認しガムテープを貼って位置を印す。

その印まで挿入後、さらにゆっくり押し込んで止まった所から軽く引いた位置が吸引ポイント。

ノズル先端のジョイント部に吸引ノズルをキッチリはめ込む。

吸引ノズルの差し込み位置が事前に確認した吸引ポイントにあるか確認後、ハンドルをポンピングする。

タンク容量は6.5リットル。その廃油タンクに溜まった廃油は、ノズル接続ジョイントの組み付け穴から排出する。

廃油処理ボックスを用意し、ノズル接続ジョイントを引き抜いて、溜まった廃油を排出する。

ワンポイントアドバイス!
オイルチェンジャーは12Vで動作する電動式も市販されている。
この電動式は別途、廃油受けを用意する必要があり、廃油の排出量を確認しにくい。
使用後の保管にも難儀するため、買うなら手動式がおすすめ。

関連情報

メンテナンス・整備・修理
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント