車の動画[2020.05.22 UP]

SSTって何でしょう?-スプリングコンプレッサー編-


SST スプリングコンプレッサーについて

ショックアブソーバーからスプリングを脱着

スプリングコンプレッサー

フロントサスペンションの主流であるマクファーソンストラット式のようにコイルスプリングの中心にショックアブソーバーがセットされているサスペンションのショック交換を行う場合、コイルスプリングを縮める必要がある。

スプリングを圧縮する力が加わった状態でアッパーブラケットが組み付けられているからで、そのまま外すと固定ナットが外れた瞬間、アッパーブラケットとスプリングが飛び散り非常に危険だ。

安全に分解するにはアッパーブラケットにかかるテンションが抜けるまでコイルスプリングを圧縮しなければならない。

そのためのSSTが「スプリングコンプレッサー」で、写真の製品はコイルスプリングに向かい合わせに均等にはめるオーソドックスな独立型。

強化タイプでインパクトレンチが使えるため使い勝手に優れる。

末端の六角ヘッドを緩め方向に回して、スプリングに引っかける上下の爪の間隔を広げる。

コイルスプリングの上下間隔ができるだけ広くなる位置にはめ込み、六角ヘッドを締めて密着。

残りの1本を対面位置にはめ込み、手を離しても外れない程度に六角ヘッドを締めて縮める。

スプリングシートから浮いてガタガタになるまで、交互に均等に少しずつ締め付けていく。

ピストンロッドナットを外してアッパーブラケットを取り外す。

コイルスプリングはスプリングコンプレッサーをセットしたままの状態で取り外す。

ワンポイントアドバイス!

スプリングコンプレッサーは複数メーカーから様々な製品が市販されている。
コイルスプリングにも様々な形状があり、1つで適応できる範囲は限られてくるからだ。
たとえば、オーソドックスな独立型ではピッチが粗く、巻き数が少ないコイルスプリングだと圧縮しきれないことがあるのだ。
このため、購入する時は脱着するコイルスプリングに適合するかどうか、必ず確認したい。

関連情報

メンテナンス・整備・修理
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント