車のエンタメ[2020.05.22 UP]

SSTって何でしょう?-サクションガン編-


SST サクションガンについて

高圧に耐えられるポンプで、粘度の高いギヤオイルを注入するサクションガン

ミッションやデフに注入されているギヤオイルは、一般にケース側面に設けられたフィラー口から注入する。
しかも、ミッションとデフはフロアに接する形に固定されているため作業スペースがかなり限られる。
このため、新油をオイルジョッキで注入するわけにいかない。
圧力を加える器具で圧送するしかなく、粘度が高いため高圧に耐えられるポンプが必須となるのだ。
そのためのSSTがサクションガンで、オイルチェンジャーガンはサンケンの最新モデル。
手元のレバー操作でオイルの吸入、排出がワンタッチで行えるのだ。

従来品は本体後方のハンドルを押し引きしたが、この製品は握力だけで吸入、排出ができる。

ピックアップパイプを組み付けてオイル缶に挿入し、グリップ後方のレバーを握ってオイルを吸入する。

フィラープラグを外してピックアップパイプを差し込み、前方レバーを握ってオイルを注入。

シリンダーには最大1リットルのオイルを保持できるが、モデル車のデフオイル量は1.2リットルのため、再度オイルを吸引。

注入口から漏れ出すまで、前方レバーを握ってギヤオイルを注入する。

ワンポイントアドバイス!
20リットル缶に取り付けたり、ポンプ機能のみなど、オイル注入器は様々な製品が市販されている。
が、パーソナルユースなら注射器タイプのサクションガンが使い勝手に優れベストだ。

関連情報

メンテナンス・整備・修理
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント