グーネット

車の動画[2020.03.31 UP]

【フォルクスワーゲン アルテオン】3H TSI 4モーション エレガンス グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらはフォルクスワーゲンのアルテオンの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

様々な車種を揃えるフォルクスワーゲンの中型セダン。
ドライバーをサポートする先進機能が充実した一台となっています。
今回は、フォルクスワーゲン・アルテオンのご紹介です。

型式:ABA-3HDJHF
長さ 4865mm
幅  1875mm
高さ 1435mm

キーのリモコン操作で一定の離れた場所から、
全ドアの解錠・施錠が行えます。
また、キーを携帯した状態でドアハンドルを軽く握って解錠、
軽く触れて施錠が可能です。

リモコンキーのテールゲート解錠ボタンを操作すると、
テールゲートだけが解錠され、自動で開きます。

キーを携帯し、リヤバンパーの下で足を動かすと
テールゲートを開けることができます。
また、テールゲート内側にスイッチが二つあります。
左側のスイッチを押すと自動でテールゲートが閉まり、
テールゲートの作動範囲から離れると自動でロックされます。
右側のスイッチを押すと表示灯が点滅し、
20秒間の間にテールゲートの作動範囲から離れると
テールゲートが自動で閉まり、ロックされます。

エンジンスタートストップボタンはシフトレバーの右隣にあります。
キーを携帯してブレーキペダルを踏み、
スイッチを押すとエンジンが始動。
運転席正面のメーター類も併せて起動します。

ステアリングの左側には、
アダプティブクルーズコントロールの設定や操作を行う
スイッチが配置されています。
システムをONにすると、ディスプレイに表示灯が点灯します。

ステアリングの右側は、オーディオやActive Info Displayの表示を
切り替えるスイッチが並びます。

12.3インチの大型ディスプレイの、
フルデジタルメータークラスター。
様々な設定の操作に加えて、ナビゲーションモードにすると
周辺のマップを表示することもできます。
また、乗車した時にはカッコよくお出迎えをしてくれます。

パドルシフトがステアリングの裏側にあります。
ステアリングから手を離すことなく、
シフトアップ・ダウンを操作できます。

ステアリングの左奥には、
ヘッドライトや方向指示器を操作するレバー。

ステアリングの右奥のレバーで、
ワイパーやウォッシャーを操作します。

運転席の右側には、ライトスイッチがあります。
ダイヤルではヘッドランプやテールランプの操作を行います。

左上のボタンは、視界の悪い時に近距離を照らす範囲を広げる、
オールウェザーライトボタン。

左下のボタンはリヤフォグランプボタンです。

ライトスイッチの右上には、
ヘッドアップディスプレイを操作するコントローラーがあります。
押すとダッシュボード上に、
ヘッドアップディスプレイが表示されます。
コントローラーを左右に回すと、
ディスプレイの高さを調整できます。
速度や運転に必要な情報を、視線を動かさずに確認できます。

センサーによって障害物への接近を知らせるシステムを
作動させるボタン。
インフォテイメントシステムのディスプレイと警告音によって
障害物を確認できます。

縦列駐車などにステアリング操作を自動で行い
スムーズな駐車をサポートしてくれるシステムのPark Assistボタン。
コンビネーションメーターのディスプレイで
確認することができます。

9.2インチの大型全面タッチスクリーンを採用した
インフォテイメントシステム。
オーディオやナビ、スマートフォンとの連動など利便性が高く、
手のジェスチャーで画面操作できる
ジェスチャーコントロールを搭載するなど、
操作性も快適です。

運転席・助手席・リヤシートそれぞれの空調を操作できる
フルオートエアコン。
設定温度は左右の液晶モニターに表示されます。
メニューボタンを押すと、ナビ画面でも車内の温度調整が可能です。

シートヒーターは左右個別で設定可能。
3段階で切り替えられ、より適切な温度を保つことができます。

セレクターレバーは、シンプルな操作性のストレート式。
Dの位置から手前に引くとSモードに切り替えが可能。
左に倒すとマニュアルモードになり、
レバーやパドルシフトでシフトアップ・ダウンを操作できます。

セレクターレバーをRにするとナビ画面に後方の状況を表示し、
後方視界をサポートしてくれます。
また、4つのカメラが撮影した映像を合成し、
車両の真上にカメラがあるような映像を
ナビ画面に表示することも可能です。

走行モードを5種類から選択することができます。
燃費を重視したエコモード。
高速道路での走行に適したコンフォートモード。
普段の街乗りに適したノーマルモード。
スポーティな走りを楽しめるスポーツモード。
そして各システムを自分好みに調整できるカスタムモードです。

アイドリングストップの機能を一時的にストップさせるボタン。
OFFにすると、ボタンの表示灯が黄色に点灯します。

ステアリングヒーターをONにすることで
寒い日にも快適なドライブが楽しめます。

パーキングブレーキは、ボタン操作で行います。
押すとブレーキが解除、引くとブレーキがかかります。

オートホールドをONにすると、
ブレーキペダルを離した後も車両を停止した状態で
保持することができます。

関連情報

車種別動画カタログ


コの字型にデザインされた大きなルームランプ。
中央のボタンでリーディングランプ、
アンビエントライトなどの操作ができます。
後席のルームランプの操作も可能です。

サンバイザーには、身だしなみのチェックに役立つ
バニティミラーと照明がついています。

運転席はシートの前後位置や高さ、
背もたれの角度などを電動で調整ができます。
細かい調整が楽にでき、
こだわりのシート位置を作ることが可能です。

運転席のシート右側には、座席位置とドアミラーの位置を
セットで記憶させるスイッチがあります。
2パターン記憶することが可能です。
また、エンジンを切って降りる際にはシートが下がり、
乗車時には前回のシート位置に戻ります。

運転席には、
ドライバーの疲労感をやわらげるマッサージ機能も付いています。
長時間のドライブに嬉しい機能です。

フロントドアには、
ボトルホルダーとしても使えるポケットがあります。

ライトスイッチの下に、蓋つきのボックスを用意。
財布や小物などを入れておける手頃なサイズ感です。

シャッター式のカバーが付いたカップホルダー。
左右で分け合って使えます。

その左隣には、充電に使える12Vソケットを配置しています。

フロント用のアームレストは、角度の調整が可能。
運転席をより快適な空間にすることができます。
また、収納スペースとして利用することもでき、
中にはUSBポートとAUX端子も用意されています。

収納に便利なグローブボックス。
中に、ETC車載器とオーディオ機器も装備しています。
冷却機能も付いていて、ダイヤル操作で調整が可能です。

リヤドアにも、大きなドアポケットが付いています。

運転席と助手席の裏側には、
パンフレットの収納に便利なシートバックポケットが付いています。

センターコンソールの後ろには、エアコン吹き出し口を用意。
温度調節が可能な他、後席用のシートヒーターも完備しており、
快適な空間を作り出しています。

その下のカバーを開けると、中には3種類のソケットがあります。
使用したい電気製品に合わせて使い分けができ、非常に便利です。

収納式のアームレストは、
左右で分け合って使えるカップホルダー付きです。

アームレストの奥には、
ラゲージルームとつながるトランクスルー機構を採用。
長い荷物も、シートを倒さずに積み込むことが可能です。

ラゲージルームは約563リットルの大容量。
ラゲージをしっかり隠せるトノカバーが付いています。
キャリーケースやゴルフバッグなどの大きな荷物も、
余裕で積み込めます。

ラゲージルームの左右に、ランプを用意しています。

デッキボードを開けると、工具や収納スペースがあります。

リヤシートは6:4分割で倒すことが可能です。
肩口にあるレバーを引くと、背もたれを前に倒せます。
トノカバーも外せば荷室空間をさらに広げることができます。

フロントグリルと一体感のあるデザインのヘッドライト。
LEDを採用しており、高い視認性と長寿命を両立しています。

ヘッドランプと同じくLEDを採用したテールランプ。
流れるように点滅するウインカーで、視認性を高めています。

機能性と快適性にこだわった先進装備を多数搭載。
ドライバーも、一緒に乗る人もドライブの楽しみを味わえる一台です。

以上、フォルクスワーゲン・アルテオンのご紹介でした。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント