車の動画[2020.02.28 UP]

【ホンダ シビック】 FK7、8系 ハッチバック グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらはホンダのシビックの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

走る喜びを追求したモデルとして、
国内外問わず、多くのファンを魅了するシビック。
アグレッシブなシルエットは、多くの人々の目を引きます。
今回はホンダ・シビックハッチバックをご紹介します。

型式:DBA-FK7
長さ 4520mm
幅  1800mm
高さ 1435mm

Hondaスマートキーのリモコン操作で、
離れた場所から全ドアの解錠・施錠が可能です。
スマートキーを携帯した状態であれば、ドアハンドルを握って解錠、
ドアハンドルのスイッチを押して施錠ができます。

エンジンスイッチは運転席の右側にあります。
キーを携帯した状態でスイッチを押すと、エンジンが始動します。
合わせて、メーター類も起動します。

ステアリングの左側には、
マルチインフォメーション・ディスプレーを操作するスイッチや、
ハンズフリー機能に関するスイッチがあります。

メーターの中央にある
マルチインフォメーション・ディスプレーでは、
航続可能距離や平均燃費、
リヤシートベルトの使用状況などを確認できます。

また、メーター右側のセレクト/リセットノブを押して、
オドメーターやトリップメーターの切り替えが可能。

ステアリングの右側は、
アダプティブクルーズコントロールや車線維持支援システムを
作動・設定するスイッチがあります。

ステアリングの裏側には、
セレクトレバーをSにした時に使うシフトスイッチがあります。
左側でシフトダウン、右でシフトアップの操作ができます。

ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。
その反対側には、方向指示器・ライトスイッチがあります。

パワースイッチの下には、
安全運転支援機能に関するスイッチがあります。

車両の急激な挙動変化を抑えようとする、
ビークルスタビリティアシストを一時的に止めるスイッチ。

衝突軽減ブレーキの機能をストップさせるスイッチ。

そして、路外逸脱抑制機能を設定するスイッチです。

ナビゲーションシステムは7インチサイズを装着可能。

フルオートエアコンは左のダイヤルで風量の調整が可能で、
右のダイヤルで温度調節とオート設定の操作をします。
設定状況は中央の液晶モニターで確認できます。

運転席と助手席にシートヒーターを装備。

ストレート式で操作がしやすいセレクトレバー。
Sに入れると7速マニュアルシフトモードとなり、
シフトスイッチでシフトを切り替えながら運転ができます。

シフトをRに入れると、
ナビの画面がリアカメラの映像に切り替わります。
ガイドライン表示と視点の切り替えで、車庫入れをサポートします。

セレクトレバーの右側には、ブレーキに関するスイッチがあります。

上は、停車中に、ブレーキペダルを踏み続けなくても
自動的にブレーキをキープする機能のスイッチ。
オンの状態にすると、表示灯とメッセージが表示されます。

下のスイッチで、パーキングブレーキの作動や解除を行います。

セレクトレバーの左のスイッチは、
上がアイドリングストップシステムを一時的に止めるスイッチ。
OFFにすると、メッセージが表示されます。

下のスイッチは、エンジンやエアコンなどの動きを制御して、
省エネ運転をしやすくするECONモードの切り替えスイッチです。
ECONモードをオンにすると、
中央のメーターの表示灯が点灯します。

左右それぞれの席を中心に照らすマップランプ。
大きなサイズで使いやすいです。

サンバイザーは、照明がセットになったバニティーミラー付きです。

ボトルホルダーが一体になった、フロントドアポケット。
幅が広く、便利です。

ETC車載器は運転席の左側に装着されます。

オートエアコンの下に、小物を入れられる収納スペース。

セレクトレバーの裏側にもトレーを配置。
充電に使えるアクセサリーソケットとUSBジャックが付いています。

コンソールボックスは、多彩な収納スペースになっています。
アームレスト部分をスライドさせると、
ドリンクホルダーが使えます。

さらにアームレストのノブを引くと、
小物入れに便利なボックスが出現。
ドリンクホルダーを取り外すことで、
スペースを広げることも可能です。

グローブボックスは、車検証の収納に便利。

リアドアにも、
ボトルホルダーがセットになったポケットが付いています。

助手席の裏側には、
パンフレットなどを入れるのに便利なポケットが付いています。

コンソールボックスの裏側に、後席用のエアコン吹き出し口を用意。

リアシートの中央は、収納式のアームレストになっています。
左右で使えるドリンクホルダー付きです。

リアシートの両側に、コートフックが付いています。

関連情報

車種別動画カタログ


開口部が大きく作られたラゲッジルームは、見た目以上の大容量。
ゴルフバッグのような大きな荷物も楽に積み込めます。

ラゲッジルームランプは、ラゲッジの右側に配置されています。

ラゲッジの左側には、
コンビニフックとアクセサリーソケットを装備。

ラゲッジの底面を開けると、
もしもの時に役立つ修理キットが格納されています。

修理に使う工具などは、
ラゲッジ左側のカバーを開けた所にあります。

荷室を隠せるカバーは、横から引き出して使うタイプ。
荷室を広く使いたい時でも、取り外す必要がありません。
カバーケースを取り外し、反対側に取り付けて使うこともできます。

ラゲッジスペースを広く使いたい時は、シートアレンジが有効です。
リアシートは、肩口にあるレバーを引いて、
背もたれを倒すことができます。

左右分割で倒せるので、シチュエーションに合わせた使い方が可能。
全て倒せば荷室が広がり、多くの荷物を積み込めます。

ヘッドライトは全てLEDを採用。
遠くまで明るく照らす光の強さで、
高速道路などでの安心感を高めます。

スポーティさが際立つリアマスク。
ハイマウントストップランプはLEDを採用しています。

こだわり派も納得の内容に仕上げた、スポーティな一台。
普段の街乗りも非日常のひと時に変える魅力を放っています。
以上、ホンダ・シビックハッチバックのご紹介でした。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント