車の動画[2020.02.18 UP]

【スズキ ハスラー】MR01系 G グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらはスズキのハスラーの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

軽ワゴンとSUVを融合させた軽クロスオーバー。
多彩なカラーバリエーションを揃え、
2014年の登場以来、高い人気をキープしています。
今回は、スズキ・ハスラーをご紹介します。

型式 DAA-MR41S
長さ 3395mm
幅  1475mm
高さ 1665mm

リモコン操作で、一定の離れた場所から
ドアの解錠・施錠ができます。
リモコンを携帯した状態であれば、
ドアハンドルのスイッチを押して解錠・施錠が可能です。

エンジンスイッチは運転席の右側にあります。
リモコンを携帯した状態でブレーキペダルを踏み、
スイッチを押すとエンジンが始動します。
同時にメーター類も起動します。

ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。
その反対側にはライトスイッチ・方向指示器スイッチがあります。

メーターの右下にあるモードノブを押すと、その左にある
マルチインフォメーションディスプレイの画面を切り替えられます。
ディスプレイでは、平均燃費や航続可能距離などを
見ることができます。

エンジンスイッチの下には、
ドライバーをサポートする機能のスイッチがあります。

運転席を温めるシートヒータースイッチ。

前方の車両や歩行者を検知して知らせる、
デュアルカメラブレーキサポートを一時的に止めるスイッチ。

車両の走行安定性をサポートする、
ESPのシステムをOFFにするスイッチ。

アイドリングストップシステムのOFFスイッチ。

ヘッドランプの照らす方向を上下に調整するダイヤルです。

ナビゲーションシステムは7インチサイズを装備できます。

チタンシルバーの加飾がクールな、フルオートエアコン。
スイッチの上にあるモニターで、設定状況を確認できます。

シフトレバーは、スムーズに操作できるストレートタイプです。

エアコンの下には、助手席用のシートヒータースイッチ。
座った人の手が届きやすい場所に配置されています。

ルームランプは、ワンタッチで室内全体を照らす
シンプルな作りです。

運転席のサンバイザーには、バニティミラーがついています。

カラーパネルがおしゃれなフロントドアには、
大小2種類のドアポケット。

エンジンスイッチの隣には、引き出して使えるドリンクホルダー。
助手席側は、エアコン吹き出し口の下にあります。

エンジンスイッチのすぐ下には、
カードの収納に便利なポケットを配置。

ステアリングの下には、幅広のアンダートレーがあります。

ナビゲーションとエアコンの間にも、幅が広いトレーを配置。

センターパネルの一番下には、
ペットボトルを2本置けるボトルホルダー。

助手席の正面には、蓋つきのインパネボックス。

その下にはオープンタイプのトレー。
さらに下には、グローブボックスがあります。

助手席側には、収納式のショッピングフックが付いています。
2kgまでの荷物をさげられます。

助手席のクッションを開けると、ボックスが入っています。
取り外し可能で便利です。

ステアリングとシフトレバーの間には、アクセサリーソケット。
電子機器の充電などに使えます。

アームレストには、小物入れに便利なボックスが付いています。

リヤドアには、
ペットボトルを入れやすいポケットが両側にあります。

助手席はクッションを起こして背もたれを倒すと、
テーブルとして使うことができます。

ラゲッジルームは、床面とシート背面が
汚れや水分を拭き取りやすい素材になっています。
レジャーで遊んだ後の服や道具を載せて汚れても、
お手入れが簡単!

ラゲッジルームの右側にもアクセサリーソケットを配置。

ラゲッジフロアをめくると、
緊急時に役立つ工具や修理キットが格納されています。

ラゲッジルームランプは天井に配置。
使いたい時だけ使えるスイッチ式です。

ラゲッジルームを広げたい時は、シートアレンジで対応可能です。
リヤシートの下にあるレバーを引いて、前後にスライドが可能。
前にスライドさせることで、荷室を広げられます。

さらにスペースを広げる場合は、肩口のレバーを引き上げて、
背もたれを前に倒します。
倒れた面はフラットになるので、
たっぷり荷物を積むことができます。

長い荷物を積む時には、助手席シートを前倒しにします。
長さ2メートルに及ぶスペースができ、
長い荷物もしっかり積み込めます。

レトロな印象のある丸型で、
少し目尻を伸ばしたような
独特のデザインが特徴的なヘッドランプ。
前方をしっかり照らし、運転をサポートします。

後続車に存在を知らせるリヤランプは、LEDを採用。
はっきりとした明るさは、抜群の被視認性があります。

可愛らしい見た目に対して、
アウトドアにもしっかり対応できる機能性。
場面を選ばず使えるオールマイティーな性能に加えて、
コストを抑えやすい軽自動車という点も、
多くの人に選ばれるポイントになっています。
以上、スズキ・ハスラーのご紹介でした。

関連情報

車種別動画カタログ
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント