カー用品・パーツ[2019.12.20 UP]

車で音楽が聴きたい!車のブルートゥース機能の接続方法や注意点とは?

車で音楽が聴きたい!車のブルートゥース機能の接続方法や注意点とは? グーネット編集チーム

ドライブをしながら音楽を楽しみたい!と思っている方におすすめなのが、車のブルートゥース機能を活用することです。スマホや音楽機器に入っている音楽を、ブルートゥースで飛ばし車内で聞けるので、とても快適にドライブができます。しかし、接続方法がわからない……という方も意外にも多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、車にブルートゥースで音楽機器を接続する方法をわかりやすく解説します。ブルートゥースで接続するメリットや注意点も併せてご紹介します。

音楽を楽しみながらのドライブに憧れる方は、是非チェックしてみてください。

この記事の目次

車にブルートゥースで音楽機器を接続する方法
車にブルートゥースで音楽機器を接続するメリットとは?
車にブルートゥースで音楽機器を接続する際の注意点は?
まとめ

関連情報

カーナビ・ETC スピーカー

車にブルートゥースで音楽機器を接続する方法

車にブルートゥースで音楽機器を接続する方法 グーネット編集チーム

無線通信技術の1つであるブルートゥースは、今ではほとんどのスマホや車、PCやイヤホンなどに搭載されている機能です。使い方は簡単で、以下の3つの手順を順番通りにおこなうだけで完了です。それぞれ詳しく手順を見ていきましょう。

1.発信元(スマホやPCなど)のブルートゥース設定をONにする

まずは、発信元のブルートゥース設定をONにしましょう。

ここで設定をONにしておかないと次項で紹介する機器の登録ができなくなってしまうので、再度確認しておくのがおすすめです。

2.カーオーディオやカーナビで接続する機器の登録をおこなう

発信元の設定は【1】で終了です。次に車側の設定をおこないます。

カーオーディオやカーナビの画面に表示されている「編集>ブルートゥース設定」ボタンをタッチします。その際に周囲でブルートゥースをおこなっている機器が表示されるので、発信元の機器を選択して機器登録をおこないましょう。

ただし、製品によって「編集」ではなく、「設定」や「メニュー」など、書かれている言葉が異なります。詳細は利用しているカーオーディオやカーナビのマニュアルを参照、確認してください。

3.「ブルートゥースのペアリングの要求>ペアリング」をタッチ

機器を選択、登録したらペアリングの要求をおこないましょう。

こちらは発信元の画面上にボタンが表示されるので、表示されている認証番号がカーオーディオやカーナビの画面に表示されている番号と一致していればOKボタンをタッチして完了です。

車にブルートゥースで音楽機器を接続するメリットとは?

音楽を楽しむ以外にも、ブルートゥースで音楽機器を接続するメリットは多数あります。

以下でご紹介するのは、代表的なメリット6つです。以下をチェックして上手にブルートゥースを活用しましょう。

・ポケットや鞄の中に入れたままでOK
・機器設定は初回のみ
・スマホの音楽ライブラリを車で再生可能
・アプリ内の音楽も再生可能
・音声コントロール機能の活用が可能になる
・ハンズフリーで通話などが可能

特筆すべきなのは、音声コントロール機能が利用できる点とハンズフリーで使用できる点です。声で音量の調節や曲の選択ができたり、走行中に通話ができたりするのは大きなメリットといえます。

車にブルートゥースで音楽機器を接続する際の注意点は?

とても便利なブルートゥース機能ですが、利用する際に注意してほしい点もいくつかあります。下記に挙げた4つの注意事項を確認してから接続するようにしましょう。

複数の機器を同時にペアリングすることはできない

通常、複数の機器を同時にペアリングすることはできません。つまり、ブルートゥース機能を使用して、スマホとスマートウォッチを接続している場合、スマホとカーオーディオは接続できないということになります。
接続したい場合は、ペアリングの切り替えをおこなう必要があります。

走行中にペアリングの設定はできない

はじめにおこなう機器登録などの作業は、多少手間がかかります。
走行中におこなうと注意力散漫になって危険なので、必ず停車時か出発前に済ませておくようにしましょう。

バッテリーの消耗が早い

ブルートゥース機能を利用すると、音楽機器のバッテリー消耗が早くなります。
途中で充電が切れてしまっては音楽を楽しむどころか、電話やメールもできなくなってしまうので、充電器を持参するなど対策を講じておきましょう。

接続履歴が残る

ブルートゥースの接続履歴は、車側にも音楽機器側にも残ります。
レンタカーでブルートゥースと音楽機器を接続した場合には、レンタカーのブルートゥース接続履歴を消してから返却するようにしましょう。

まとめ

せっかくのドライブをより楽しめるように、ブルートゥースで音楽機器を接続してみてはいかがでしょうか?ブルートゥースの接続方法は、記事内に記載したとおり3ステップで簡単です。

音楽を聞けるだけでなく、音声コントロール機能やハンズフリーでの操作が可能になるなど、メリットもたくさんあります。

今回ご紹介した注意点を確認して、ワンランク上のカーライフを楽しんでください。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント