クルマのお役立ち情報[2017.06.08 UP]

Chapter4 Down Sizing Turbo
進化を止めないエンジンが達成するダウンサイジング

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直噴ターボエンジンはまだまだエコの王道

 排気量を小さめにして過給器でパフォーマンスを補うガソリンのダウンサイジングターボも進化しつつある。以前はカタログ上の燃費はいいものの実用燃費との乖離があったり、秀逸なディーゼルにドライバビリティで差をつけられていたりしていたが、排気量の適正化(ライトサイジング)や過給器の使い方などで改善を図っているのだ。

 ボルボは大きなXC90やV90でも排気量を2Lに留めているが、スーパーチャージャーとターボチャージャーの2基掛けでまったく不満のないパフォーマンスとドライバビリティを実現。低回転域でアクセルをわずかに踏み増すだけでも、グイッと加速するからディーゼルかと勘違いしそうなぐらいだ。

 フォルクスワーゲンは、ゴルフを皮切りに1.5TSI Evoを展開する。BlueMotion仕様ではミラーサイクル燃焼や可変ジオメトリーターボの採用など、ハイテクで勝負。小型車の内燃機関はディーゼルではなく、高効率ガソリンが当面の間の主役となりそうだ。

文●石井昌道 写真●GooWORLD、フォルクスワーゲン グループ ジャパン

VOLKSWAGEN GOLF 1.5 TSI Evo

フォルクスワーゲン ゴルフ 1.5 TSI エボ フォルクスワーゲン ゴルフ 1.5 TSI エボ
新しいゴルフが積む
進化したガソリンエンジン

 本国で大規模なマイナーチェンジを受けたゴルフ。日本での発売も待たれるが、注目は1.5 TSI Evoと呼ばれるモデルだ。新開発の1.5LターボはTSIの特徴であるフレキシビリティに磨きがかかり、実用車としてこれ以上ないぐらいに扱いやすいエンジンになっている。超低回転域でのトルク感が増し、レスポンスもいい。

フォルクスワーゲン ゴルフ 1.5 TSI エボ

フォルクスワーゲン ゴルフ 1.5 TSI エボ

他社では3気筒エンジンも増えているが、新開発の1.5TSI Evoは4気筒。スムーズかつ快適で、ガソリンエンジン究極の進化形といえる。

フォルクスワーゲン ゴルフ 1.5TSI Evo(7速AT・DSG)

全長×全幅×全高 4258×1790×1492mm
ホイールベース 2620mm
トレッド前/後 1533/1549mm
車両重量 1317kg
エンジン 直4DOHCターボ
総排気量 1498cc
最高出力 150ps/5000-6000rpm
最大トルク 25.4kg m/1500-3500rpm
ブレーキ前/後 Vディスク/ディスク
新車価格 未定
※数値は3ドアの欧州仕様。

VOLVO V90 T6 AWD

ボルボ V90 T6 AWD ボルボ V90 T6 AWD
ハイポテンシャルな
ダウンサイジングターボ

 XC90に続いてフルモデルチェンジされたS90/V90だが、変わったのはフロントフェイスだけでなく、ボディからパワートレーンまで、劇的な進化を遂げている。とくに重量のある大柄なボディを俊敏に加速させる駆動系の出来は素晴らしく、排気量わずか2Lの直4エンジンとは信じられないほどに力強い。

ボルボ V90 T6 AWD

ボルボ V90 T6 AWD

新開発のミッションは洗練され、高効率なターボエンジンとともに豊かな走りを実現する。そのプレミアム感は、いまだかつてないレベルだ。

ボルボV90 T6 AWD インスクリプション(8速AT)

全長×全幅×全高 4935×1890×1475mm
ホイールベース 2940mm
トレッド前/後 1615/1620mm
車両重量 1840kg
エンジン 直4DOHCターボ+スーパーチャージャー
総排気量 1968cc
最高出力 320ps/5700rpm
最大トルク 40.8kg m/2200-5400rpm
サスペンション前/後 ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
ブレーキ前後 ディスク
タイヤサイズ前後 255/35R20
新車価格 664万円〜899万円(V90全グレード)

ボルボ S90
S90

流麗なボディラインによって、ボルボブランドが、プレミアム方向に大きくシフトしていることを印象付けた90シリーズのセダン。

※ナンバープレートは、はめ込み合成です。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加