車種別・最新情報[2019.11.28 UP]

フォルクスワーゲン、新コンパクトSUV「T-クロス」を発表

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは11月27日、新コンパクトSUV「T-クロス」を発表し、同日から予約注文の受け付けを開始した。ラインナップは日本への導入を記念した特別仕様モデル「TSI 1st」「TSI 1st プラス」の2グレードで、納車時期は2020年1月以降を予定している。

この記事の目次

デザイン・ユーティリティ
メカニズム
先進安全装備
カラーバリエーション
主要諸元(車両本体価格)・主要装備

関連情報

ボディタイプ:SUV・クロカン 新車 輸入車

デザイン・ユーティリティ

エクステリアデザインは、フォルクスワーゲンのSUVデザインを継承しながら、ヘッドライトと一体化したワイドなラジエーターグリル、存在感のあるボンネットを備えたフロントマスク、水平に走るキャラクターラインのサイドビュー、横幅いっぱいに広がるブラックトリムフレームのリフレクターバンドを配したリヤエンドなど、スクエアでSUVらしい力強さを表現したスタイルとなっている。

インテリアは、高い着座位置による視界のよさを備えたコックピット、上質なシートなどを採用し、6:4分割可倒式リヤシートは最大140mmの前後スライド機構を搭載する。ラゲッジルームは、クラストップレベルのスペースを備え、リヤシート使用時のラゲッジルームスペースは455L、リヤシートを倒した場合は最大1281Lとなっている。

リヤシートの前後スライド機構

メカニズム

ボディは、フォルクスワーゲングループの生産モジュール「MQB」による堅牢&設計自由度の高いシャシーを採用し、全長4115×全幅1760×全高1580mmの日本でも使いやすいボディサイズとなっている。パワートレーンは、1.0L TSIエンジン(最高出力116PS/最大トルク20.4kg・m)に、7速DSGのトランスミッションを組み合わせる。

先進安全装備

先進安全装備は、アダプティブクルーズコントロール ACC(全車速追従機能付き)、プリクラッシュブレーキシステム Front Assist(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付き)、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付き)、駐車支援システム Park Assistなど、最新の安全運転支援システムを標準装備している。

アダプティブクルーズコントロール ACC

プリクラッシュブレーキシステム Front Assist

ブラインドスポットディテクションのイメージ

ブラインドスポットディテクションのドアミラーへの表示

パークディスタンスコントロール

駐車支援システム Park Assist

カラーバリエーション

ボディカラーは、新色のマケナターコイズメタリック、ダークペトロールなど、全8色をラインナップし、「TSI 1st プラス」グレードはドアミラー、アルミホイール、インテリアにアクセントカラーを施す「デザインパッケージ」の3色(オレンジ、グリーン、ブラック)を用意する。

【ボディカラー】
ピュアホワイト

ディープブラックパールエフェクト

エナジェティックオレンジメタリック

ライムストーングレーメタリック

フラッシュレッド

リーフブルーメタリック

マケナターコイズメタリック(新色)

ダークペトロール(新色)

【デザインパッケージ(「TSI 1st プラス」グレードに標準設定)】

ドアミラー、アルミホイール、インテリアにアクセントカラー

オレンジ
ドアミラー

アルミホイール

シート

グリーン
ドアミラー

アルミホイール

シート

ブラック
ドアミラー

アルミホイール

シート

主要諸元(車両本体価格)・主要装備

【主要諸元】

【主要装備】

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント