車の動画[2019.11.27 UP]

Jeep Cherokee グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説


こちらはJeepのCherokeeの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

上質感のあるクロームフロントグリルをあしらい、
精悍なイメージを漂わせるエクステリア。
頑強なボディをベースに、ドライブ中の安心感を高める
充実したセーフティ&セキュリティシステムを装備。
今回は、様々なシーンで快適さをもたらし、
力強い走りに高い機能性を兼ね備えた、
ジープ・チェロキー グレード、リミテッドをご紹介します。

全長 4665mm
幅  1860mm
高さ 1725mm

リモコンキー左上のボタンを押すと解錠、右上を押すと
施錠し、ランプが点灯して解錠を知らせます。
左下のボタンを2回押すとパワーテールゲートのロックが解除
され、自動で開きます。

キーを携帯した状態で、ドアハンドルに手をかけると解錠、
ハンドルのボタンを押すと施錠ができます。

パワーリフトゲートは、キーを携帯した状態で
足をリアバンパーの下でさっと動かすとロックが解除され、
ゆっくりと開きます。

ゲート開口部左のスイッチを押せば、自動でパワーテール
ゲートを閉められます。

エンジンスイッチは、ステアリングの左側に配置。
ブレーキペダルを踏みながらエンジンスイッチを押せば
エンジンが始動します。
エンジンが始動すると7インチマルチビューディスプレイが
起動します。

ステアリング左側には豊富な車両データをディスプレイ
に表示したり、設定するスイッチがあります。
またハンズフリー通話も可能です。

右側には、速度を自動調節し、前方車両との安全な車間
距離をキープすることができるクルーズコントロールスイッチ。
車間距離などの設定も可能です。

ステアリングの奥にパドルシフトがあります。
ステアリングから手を離さずにシフトアップ・ダウンが
可能です。

ステアリング左奥のレバーで方向指示器、
ハイ/ロービームを操作。
右奥のレバーでは、ワイパーやウォッシャーを操作できます。

ヘッドライト・スイッチはインパネの右側、
ステアリング・ホイールの右横にあります。
一番右のダイヤルスイッチで、ヘッドライトやフォグライト
を点灯することができます。
一番左のダイヤルでマルチビューディスプレイの明るさ調整。
その右のダイヤルではヘッドライトの光軸を調整。
ダイヤルの左側には、パワーテールゲートスイッチがあります。

タッチパネルモニターで、Bluetooth接続による音声操作、
ナビゲーション、エアコンなどを直感的に操作可能。
Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応しており、スマート
フォンと連携した操作もできます。

続いて、ナビ画面下にある、スイッチ類です。
右側から車線逸脱警報のOFFスイッチ。

死角にある障害物を検知し、音と表示で警告するシステムの
OFFスイッチ。

ステアリングを自動的に操作し、縦列駐車をアシストして
くれる機能のスイッチです。

さらに、その下にあるスイッチ類です。
スクリーンオフスイッチの左側にはSTART&STOPシステムの
OFFスイッチ。ミュートスイッチの右側には車両の横滑りなど
を防ぐ機能のOFFスイッチがあります。

温度調整はダイヤル式になっていて、左右で独立して
調整が可能です。

シフトノブはセンターコンソール部分にあります。

「R」のポジションでリアバックアップカメラの映像が
映し出されます。

様々な路面状況に適した走行モードを選択できるトラクション
コントロールシステム。
雪道や凍結路で抜群のパフォーマンスを実現するSNOWモード。
郊外のワインディングロードでより一層ドライビングを楽しみ
たいときなどに選択するSPORTモード。
低速走行でのトラクションを最大化する、SAND/MUDモード。

LimitedではAUTOモードを含めて、
4つのモードをダイヤル操作で切り替えることができます。

シフトノブの下部にはエレクトロニックパーキングブレーキ。
ボタンひとつで起動できる便利な安全装置です。

ミラー下部分のスイッチを押すと後続車のヘッドライトの
反射を自動で調整します。

フロント上部のルームランプが車内を照らします。

ルームランプのそばにはシートベルトリマインダーが
ついています。

サンバイザーはバニティミラー付き。
照明もついているので、身だしなみのチェックにも便利です。

ドアポケットはドリンクホルダーと一体になっています。

ステアリング右奥には、小物を収納するのに最適な
グローブボックス。

ダッシュボードにも収納スペースがあります。

小物類やタブレット端末などを収納できるスペース。
そばには12V アクセサリー電源アウトレットとUSBポート、
AUX端子を配置。
移動中もお手持ちの機器を簡単に充電できます。

センターコンソールにはカップホルダーを2個設置。
アームレストを開くとコンソールトレイが現れます。
トレイの下にはコンソールボックスがあり、12V アクセサリー
電源アウトレットやUSBポートがあります。

奥行きがあり、車検証などの収納に最適なグローブボックス。
グローブボックス内にETC車載器があります。

助手席の足元には収納ネットがあります。

リアのドアポケットもフロントと同様にドリンクホルダーと
一体になっています。

関連情報

車種別動画カタログ


フロントシートの後部にはポケットがついおり、
雑誌などを入れるのに最適です。

センターコンソールの後ろにエアコン吹き出し口が
あるので、後部座席に乗車する人も快適に過ごせます。
その下にはUSBポートが付いています。
 
カーゴルームは、日々のショッピングや週末の
アウトドアなどで荷物を十分積める広大なスペース。

カーゴルームの両サイドにランプがあり、夜間
などの暗い状況でも明るくカーゴルームを照らします。

カーゴルーム内にも12V アクセサリー電源アウト
レットがついています。

アルパイン製プレミアムサウンドシステムを採用。
豊かでダイナミックな音響空間を実現しています。

カーゴルームのフロアの下にはカーゴ収納ボックス
があります。

カーゴルームマットを取り外すとスペアタイヤがあり、
いざという時に役立ちます。

荷物の目隠しに使えるカバーは、ロールタイプ。
取り外しも可能です。

後部座席のシートを倒すことで、乗車人数や荷物量
に応じてスペースをアレンジすることができます。
背もたれは、座席横にあるストラップ引くか、肩口の
レバーを使用することにより、倒すことが可能です。
スライドはシート下のレバーを引いて操作可能。
ゴルフバッグなどの長さのある荷物を収納することも可能です。

運転席右側面にある、シート位置を調整できるスイッチ。
シートの位置、傾き、高さを調整することができます。

夜間の暗い道路でも前方がはっきりと見えるよう、
従来型のヘッドライトに比べて57%明るいLEDヘッドライトを
標準装備しています。

テールランプにもLEDを設定。
しっかりとした明るさで、後続車に存在を知らせます。

機能性を追求しながら、細部にこだわって上質さを高めた
インテリアには、日々の生活をワンランク上げる居住性と
利便性が備わっています。
洗練されたフォルムと機能美が融合したチェロキーは、
乗る人の好奇心をより一層高めてくれることでしょう。
以上、ジープ・チェロキーのご紹介でした。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント