車の動画[2019.11.22 UP]

三菱 デリカD:5(MITSUBISHI DELICA D:5) グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらは三菱のデリカD:5の動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

5代目になる2007年式デリカD:5。
ミニバンの優しさとSUVの力強さの融合を開発テーマに走行性能、ボディの構造、室内環境に至る全てを新設計。
今回は、1BOXタイプながらSUV顔負けの走行性能を誇る、デリカD:5をご紹介します。

長さ:4,730mm
幅:1,795mm
高さ:1,870mm

キーレスオペレーションキーの操作で、一定の離れた距離からドアの解錠・施錠が行えます。
また、キーを携帯していれば、ドアに触れることで解錠・施錠も行えます。
電動スライドドアはキーの横にある丸いボタンで開け閉めが可能です。

エンジンスイッチは、運転席の右側にあります。
ブレーキペダルを踏みながらエンジンスイッチをまわすとエンジンが始動。
エンジンを始動するとマルチインフォメーションディスプレイも起動します。

ステアリングの左右と真ん中下に各スイッチがあります。
ステアリングの左側は、オーディオのリモコンスイッチ。
ステアリングの右側には、クルーズコントロールスイッチ。
アクセルペダルを踏まずに、一定のスピードでの走行ができます。 ステアリングの真ん中の下側にはハンズフリースイッチ。
パドルシフトはステアリング裏側の左右にあります。

ステアリングの左奥には、ワイパー/ウォッシャースイッチ。

右奥にはライトスイッチ・方向指示レバーが配置されています。

メーターの右側にあるスイッチでマルチインフォメーションディスプレイ画面に表示されるオドメーター、トリップメーター、航続可能距離などを切り替えることができます。

更に、その下には電動スライドドアを開閉することができるスイッチや、ドアミラーの調整スイッチがあります。

横滑りなどを抑制し、優れた走行安定性を発揮する機能のアクティブスタビリティコントロールをOFFにするスイッチ。

ナビは6.75インチ〜7インチのサイズを装着することが可能です。

ナビの下には、エアコンスイッチがあります。
設定はナビの画面上でも確認が可能です。

セレクターレバーはセンターパネルに配置。
機能的で俊敏性の良い操作感となっています。
Rにシフトチェンジすると、マルチアラウンドモニターの映像が表示されます。

ダイヤル式のドライブモードセレクターで、走行シーンにあわせた3つのドライブモードを簡単に切り替えられます。
ドライブモードを切り換えるとマルチインフォメーションディスプレイ内の画面にドライブモードが表示されます。

運転席、助手席ともにフロントドアポケットにはボトルホルダーがついています。

エアコン下にはアクセサリーボックスがあります。
リッドを押すと簡単に開きます。

インストルメントパネル下部にビルトインカップホルダーがあります。
中央部を押すと自動的にカップホルダーが出てきます。

カップホルダーの下にはアクセサリーソケットとETC車載器があります。

その下にはインパネロアボックスがあります。
ゴミ箱などとしての活用ができそうです。

運転席と助手席の間には、フロアコンソールボックス。
4個のカップホルダーに、中央部分は小さめのテーブルとしても使えます。中央部分は小物入れにもなっており、カップホルダーには収まらない大きめサイズのボトル等の収納に便利です。
また、フロアコンソール前方の下段にも小物入れが装備されており、蓋つきなので運転中に小物が飛び出す恐れもありません。

アッパーグローブボックスはエアコンの温風・冷風によりボックス内に収納したペットボトル飲料などを保温・保冷することができます。

グローブボックスも大容量となっており、車検証や書類などを入れるのに便利です。またアッパーグローブボックス内のトレイを取り外しロアグローブボックスと繋げて使用することも可能です。

助手席の足元には収納ポケットがあります。

フロアコンソール後方の下に、アクセサリーコンセント。
アウトドア等の際には家電などを利用できて便利です。

助手席の裏側には、シートバックポケット。

2列目シートの左右のスライドドアにはボトルホルダー。

通常の乗降グリップに加え、お子様向けに低い位置にも乗降グリップを装備。
小さなお子様の乗り降りもサポートしてくれます。

後席にはリヤマニュアルクーラーが装備されており、冷房のオン・オフと風量調整ができます。
クーラーの風は天井吹き出し口から送風されます。

サードシートにも、カップホルダーが左右に付いています。

関連情報

車種別動画カタログ


続いて、ラゲッジルームです。

3列目シートを前にスライドさせてフロアマットをめくると、床下にパンクタイヤ応急修理キットが入っています。

ラゲッジルームの右側には、アクセサリーソケット。

ラゲッジルームの左側には収納ボックスがあります。

次に、後部座席のシートアレンジを紹介します。
ラゲッジルームは、3列目シートを前にスライドさせてスペースを確保し、荷物を載せることができます。 スライドはラゲッジ側からも、座席側からもレバーを引いて操作可能です。

次に、3列目シートの跳ね上げ方法です。
シート横にあるレバーを前に押し、背もたれを前に倒します。
次にシート下にあるレバーを引いて、シートアームを目印に合わせてスライドします。
次に、シートレールとの連結部分にあるレバーを引いてシートを窓側へ起こし、固定バンドフックを取り出し、シート固定フックにかけて固定します。
最後にシートの足を折りたたみます。
両サイドのシートを跳ねあげることで、より広い荷室スペースを確保できることができます。

続いて、2列目シートの跳ね上げ方法です。
座席の下にあるレバーを引くことで、シートクッションの跳ね上げができます。
シートクッションを跳ねあげることにより、高さのある荷物などを立てて収納することが可能です。
また、もう片方のレバーは前後スライドとなります。
2列目のシートを前方にスライドすることにより、ラゲッジルームのスペースを更に広くすることができ、自転車などの収納も可能です。

また、2列目と3列目の背もたれを後ろに倒すことで、ゆったりとくつろぐスペースを作ることもできます。 車中泊などにはとても便利です。

キセノンヘッドランプで夜道を明るく照らし、夜間の視界をしっかりサポートしてくれます。

リヤランプは後続車に分かりやすく車の存在を知らせてくれます。
ランプからガーニッシュに続くデザインがポイントです。

ミニバンとSUVを引き継ぎ、超モダンなスタイリングに快適な乗り心地と路面状況を選ばない走行性能を実現した三菱 デリカD:5、2007年式のご紹介でした。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント