車種別・最新情報[2019.11.15 UP]

HONDA 新型フリード/フリード+の全貌

関連情報

国産車
より親しみやすい標準形 フリード
よりシンプルなフロントフェイスにチェンジ。年齢、性別、家族構成を問わずフィットするデザインを目指したという。

11月号でその姿を紹介した新型フリードだが、10月18日に正式発表となった。判明した価格やスペックをご紹介しよう。

フリード
●発売日:10月18日
●価格帯:199万7600-301万8400円

フリード+
●発売日:10月18日
●価格帯:218万2400-304万400円

■新型フリード/フリード+ バリエーション・価格・主要諸元・主要装備

ちなみにライバル TOYOTA シエンタは……

●3列仕様価格帯:185万200-257万9500円
●2列仕様価格帯:180万9500-239万4700円

アクティブなNEWタイプ フリード クロスター

「個性」を演出しやすく、各社力を入れているクロスオーバータイプをフリードにも設定。グリル、バンパー、LEDフォグライトなどが専用。

フリード

フリード クロスター

フリードの標準形は6人乗り/7人乗りを設定するが、クロスターは全車6人乗りとなる。

クロスターはコンビシートを専用とし、インパネにもプライウッド調パネルを採用する。

フリード+ クロスター

フリード+にもクロスターを用意
2列仕様の5人乗りモデル、フリード+も同様にマイナーチェンジ。フリードとのデザイン上の違いはほとんどない。

フリード+

ホンダセンシングも後方誤発進抑制機能を追加、ACCをバージョンアップするなど機能向上がなされている。

軽量化、フリクション低減などエンジンも改良。なおMC前のJC08モード燃費は17.6-27.2km/L。

ファミリーカーイメージ を薄めてくれる新タイプ

 今回のマイナーチェンジのポイントは、全車にホンダセンシングが標準化されたことと、新たにクロスオーバータイプのクロスターが設定されたこと。標準系は丸みを帯びた、より親しみやすいデザインに変更されており、精悍でアクティブなデザインが好みの場合はクロスターを、というキャラ分けだ。クロスターは最上位グレードに位置付けられており、価格も高めとなる。専用インテリアや本革巻きステアリング、専用アルミホイールなどデザイン上での装備の追加が多いので、コスパで言えば標準系が上。インテリアは標準系もMCで質感が高められている。

 ちなみに最低地上高は標準系・クロスターともに同じだ。

 またエンジンは実用域での環境性能向上が図られている。

 同じコンパクトミニバンのシエンタよりも割高であるが、シエンタは乗り味、3列目の広さやその格納・復帰手順の煩雑さなどから考えても「基本的に」コンパクトカー。一方のフリードは、小さいけれどもあくまで1BOX型ミニバンといったキャラクターであり、走りや造り、質感もよりしっかりとしている。今回のマイナーチェンジによって、さらにその傾向が強まったとも言えるだろう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント