インタビュー[2019.11.12 UP]

【グー連載コラム】クルマトーク[モデル、タレント・ユージ]

各界の著名人から好きなクルマの話を聞き出す当コーナー。 今回のゲストは、TVや雑誌、ラジオなどで活躍の場を広げている、モデルでタレントのユージさん。 イケメンのクルマ選びのターゲットは、速くてイケてるスポーツカーかと思いきや、「家族が乗れる」SUV。なんとも家族思いの 一面を見せてくれました!
(掲載されている内容はグー本誌2019年12月号の内容です)

ユージさんの画像 撮影/木村博道(イーグル)

モデル、タレント・ユージ
1987年生まれ。モデルとして活動を始め、現在は俳優、そしてタレントとしてバラエティ番組などでマルチに活躍。2014年に結婚し、現在は3児の父として育児にも奮闘中。

僕の愛車は、家族みんなで乗れるもの というのが絶対条件です

グー「まだお若いのに(32歳)、14台も愛車を乗り継いでるんですか!?」
ユージ「購入する時はいつも『これが最後、絶対死ぬまで乗る!』って心に決めてるんですが、1年くらい経つと、自然と次のクルマに目移りしちゃうんですよね(笑)。」
グー「わからなくもないです。」
ユージ「だから僕にとってクルマは、唯一、『浮気しても許されるもの』だと思ってます!」
グー「奥様は幸せですね。では、最初はどんなクルマに?」
ユージ「10代の頃は、先輩から安く譲ってもらうことが多くて、古いベンツやセルシオ、プレジデントとか。どれもどこかしらダメになってて、結局、僕も後輩に譲っちゃいました。」
グー「今も地元の後輩の誰かが受け継いでるかもしれませんね(笑)。」
ユージ「その後、二十歳の頃に一度渡米して、ヤンチャ時代を卒業したんですが、帰国後、親からジムニーシエラをプレゼントされました。」
グー「おお、なんだか急にいい人っぽいクルマですね!」
ユージ「結局、金銭的に維持することができず、手放してしまうんです。気に入ってたんですけどね。」
グー「あらら、残念です。」
ユージ「ただジムニーを手放した頃からドラマの出演が決まったり、バラエティ番組にも呼ばれるようになりまして、おかげさまで食べていけるようになりました。」
グー「では、待望の愛車購入ですね?」
ユージ「それがその頃、妻と出会いまして、彼女がBMW6シリーズカブリオレに乗ってたんです。彼女はクルマ好きだけど運転は好きじゃなくて、僕は運転好き。『やっと運転手ができた』と言ってましたよ(笑)。」
グー「その後はどんなクルマに?」
ユージ「子どもができたことで、欲しいクルマが、家族みんなで乗れるものに変わりましたね。」
グー「実際に何を買われましたか?」
ユージ「ハリアー、カイエン、エスカレード、あとGクラスとかですね。特にGクラスは僕も家族もかなり気に入っていて、初めて2年以上乗ったクルマになりました。」
グー「SUVが多いですね。」
ユージ「視界が広いから子どもはSUVが好きなんです。カイエンは走りがスポーティ過ぎて、家族の評価はイマイチでしたけど(笑)。」
グー「で、今納車待ちしているクルマがあると聞きましたが?」
ユージ「テスラのモデル3です。最初は燃料代が安いとか、安易な理由で選んだんですけど、スペックとか調べ出したらだんだん気に入ってきちゃって、今はすっかり恋してますね(笑)。もう毎日、納車が待ち遠しくてたまりませんよ!」

ゲストの好きなクルマ
メルセデス・ベンツ Gクラスの画像

メルセデス・ベンツ Gクラス
先代型は1994年から2019年まで販売されたロングセラーで、多彩なグレードを設定。ユージさんが所有していたのはG550ロングとG350d。
中古車中心価格帯:390万から900万円

※中古車価格はグーネット 2019年10月調べ。記事中の価格は参考であり、中古車価格を保証するものではありません。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント