車のニュース[2019.10.27 UP]

メルセデス・ベンツ、「メルセデス AMG A 45 S 4マティック+」を発表

メルセデス・ベンツ日本は10月23日、AクラスのAMGモデル「メルセデス AMG A 45 S 4マティック+」を発表し、同日から予約受け付けを開始した。ラインナップは「メルセデス AMG A 45 S 4マティック+」、400台限定の発表記念特別モデル「メルセデス AMG A 45 S 4マティック+ エディション 1」の2グレードで、納車時期は11月以降を予定している。

この記事の目次

デザイン
メカニズム
主な装備
メーカーオプション
ボディカラー
主要諸元・車両本体価格

関連情報

ボディタイプ:コンパクトカー 限定モデル・グレード 新車 輸入車

デザイン

エクステリアは、フロントはAMGのコンパクトモデル初の縦にルーバーが入ったAMG専用グリル、左右の外側、幅を広げた中央からなるエアインテーク、横方向に走るフィンを備えたジェットウイングデザインのフロントエプロン、前輪の前方でサイドエアカーテンに滑らかに移行させることで空力性能を高めるフロントスプリッター、標準モデルから54mm拡大したワイドなフロントフェンダー、リヤはルーフスポイラー、専用デザインの大型リヤディフューザー&クローム仕上げの円形デュアルエグゾーストテールパイプなど、AMGモデルならではの専用パーツを装備している。

インテリアは、コックピットディスプレイには「スーパースポーツ」を含むAMG専用の表示スタイル、ステアリングホイールにはグリップ部にDINAMICA、レッドのコントラストステッチを配したフラットボトム型のAMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー/DINAMICA、パドルシフト付き)、フロントシートにはヘッドレスト&バックレストが一体化したセミバケットタイプなどを採用して、よりスポーティな室内空間になっている。

メカニズム

パワートレーンは、新設計の2.0L直4DOHC直噴ターボエンジン「M139」を搭載し、素早いシフトを実現した8速AMGスピードシフトDCTのトランスミッションを組み合わせる。このエンジンは、従来とは異なり、ターボチャージャーとエグゾーストマニホールドをエンジンの後方、インテークマニホールドなどの吸気系をエンジンの前方に配置してエンジン搭載位置を下げることで、操縦&空力性能を高めている。量産の2.0L 4気筒ターボエンジンとしては世界最高スペックの最高出力421PS、最大トルク51.0kg・mを発揮し、最大トルクを5,000から5,250rpmの範囲で発生、レブリミットを7,200rpmに設定するなど、ピュアスポーツカー並みのエンジン性能を備えている。また、エンジンの製造は、メルセデス AMGの本社があるドイツのアファルターバッハで、“One man-one engine”という哲学のもと、厳格な品質基準に従って一人のマイスターが一基のエンジンを手作業で組み上げている。

四輪駆動システムは、前後100:0から50:50の範囲で連続可変トルク配分となる「AMG 4マティック+」を採用するとともに、新しいリヤディファレンシャルに内蔵した「AMG TORQUE CONTROL」により、前後だけではなく左後輪と右後輪の間でも状況に応じたトルク配分を行うことができるようになった。

ボディは、エンジン下部にアルミニウムのプレート、アンダーボディ前部&後部に斜めのストラット、ストラットタワーバーなどを設置してねじれ剛性を強化している。ブレーキシステムは、フロントは対向6ピストンキャリパー&360×36mmディスク、リヤは1ピストンフローティングキャリパー&330×22mmディスクを搭載し、レッドペイント仕上げのブレーキキャリパーにはブラックのAMGロゴを備え、ディスクはフェード現象を予防するドリルドベンチレーテッドタイプとなっている。

パワートレーン、トランスミッション、AMGダイナミクス、エグゾーストシステム、サスペンションの制御が変えられるドライブモードは、安定性重視の「スリッパリー」、快適性&低燃費重視の「コンフォート」、スポーティな走行性能を実現する「スポーツ」、よりスポーティな走行性能を実現する「スポーツプラス」、サーキットで最大限のパフォーマンスを実現する「レース」、各制御を個別に設定できる「インディビジュアル」の6つのモードのほか、ESPの設定を変えることもできる。ESPの設定は、「ESP ON」「ESP SPORT Handling」「ESP OFF」の3つのモードを用意している。

主な装備

先進安全装備は、速度に応じて車間距離を自動で調整する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)」、高速道路を走行時に自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」、クルマ、歩行者、路上の障害物など検知し、衝突回避および被害軽減をサポートする「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付き)」などをセットにした「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備している。

エンターテインメント装備では、「ハイ、メルセデス!」の自然対話式音声認識機能を備えたボイスコントロール、AIによる学習機能などを備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」、Qi規格対応の携帯、スマホを無線充電できる「ワイヤレスチャージング」などを標準装備する。さらに、DCM(車載通信機)を標準装備し、24時間緊急通報サービス、24時間故障通報サービス、スマホで車両を遠隔操作&確認できる「リモート車両操作」などのテレマティクスサービス「Mercedes me connect」を利用することができる。

また、サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)の記録、ラップタイム、区間タイムの表示機能などを備えた「AMGトラックペース」を標準装備している。各種データは、ワイドスクリーンディスプレイ、コックピットディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ(メーカーオプションのAMGアドバンスドパッケージ装着時)に表示して見ることができる。

メーカーオプション

メルセデス AMG A 45 S 4マティック+には、360°カメラシステム、ヘッドアップディスプレイ、エナジャイジングパッケージプラスなどをセットにした「AMGアドバンスドパッケージ」、AMG RIDE CONTROLサスペンション、AMGパフォーマンスシート、リラクゼーション機能(前席)などをセットにした「AMGパフォーマンスパッケージ」、パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付き)を用意する。

メルセデス AMG A 45 S 4マティック+ エディション 1

メルセデス AMG A 45 S 4マティック+の発表を記念して設定された特別モデルは、「サンイエロー」「designoマウンテングレーマグノ」の2色のボディカラーを用意し、それぞれ各200台、計400台限定となっている。エクステリアは、大型フロントスプリッター、フリックを追加したフロントバンパー、ハイグロスブラック仕上げの各エクステリアパーツ(フロントグリルのルーバーの一部、サイドスカートインサート、ドアミラー、大型リヤウイング、リヤエプロン、リヤディフューザー、エグゾーストエンドなど)、専用デカール(サンイエローはマウンテングレーマグノ、designoマウンテングレーマグノはサンイエロー)、マットブラックの19インチAMG5ツインスポークアルミホイール、インテリアはAMGロゴ入りのダークアルミニウムの専用インテリアトリム、エディションエンブレム付きのナッパレザーのAMGパフォーマンスステアリング、チタニウムグレー/ブラックのツートーンレザーAMGパフォーマンスシート(イエローステッチ入り)、イエローパイピング&AMGロゴ入りの専用フロアマットなどのほか、「AMGアドバンスドパッケージ」などのメーカーオプションを標準装備している。

ボディカラー

メルセデス AMG A 45 S 4マティック+

●ポーラーホワイト
●ジュピターレッド
●サンイエロー
●デジタルホワイト ※
●コスモスブラック ※
●デニムブルー ※
●イリジウムシルバー ※
●マウンテングレー ※
●モハーべシルバー ※

※はメーカーオプション。

メルセデス AMG A 45 S 4マティック+ エディション 1

●サンイエロー
●designoマウンテングレーマグノ

主要諸元・車両本体価格

【主要諸元】

メルセデス AMG A 45 S 4マティック+
●全長×全幅×全高(mm):4445×1850×1412●ホイールベース(mm):2729●駆動方式:4WD●パワートレーン:1991cc直4DOHC直噴ターボエンジン(421PS/51.0kg・m)●トランスミッション:8速AMGスピードシフトDCT(8G-DCT)●燃料タンク容量(L):51[プレミアム]●ハンドル位置:右

※全長×全幅×全高、ホイールベースは欧州仕様車参考値。

【車両本体価格】

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント