車のニュース[2019.10.19 UP]

ホンダ、「フリード/フリード+」をマイナーチェンジ

本田技研工業は10月18日、「フリード/フリード+」をマイナーチェンジし発売した。今回のマイナーチェンジでは、内外装デザインの刷新、安全&走行性の向上などのほか、クロスオーバースタイルの新グレード「クロスター」を追加した。

内外装デザインは、エクステリアのフロントマスクはフード、グリル、ロアグリル、バンパーを変更して、精悍で落ち着きのあるシンプルなフォルムとし、インテリアは木目調パネルに、より落ち着きのあるウォールナットを新たに採用するとともに、シート表皮も一新した。

安全面では、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全車標準装備し、後退時の衝突回避をサポートする「後方誤発進抑制機能」を新たに追加したほか、ACC(アダプティブ クルーズ コントロール)は、加減速時のフィーリングをよりスムーズとなるように改良を施している。

走行面では、ガソリン車に、下り坂でシフトレバー操作をすることなく、ある一定のブレーキ操作をするだけで、エンジンブレーキを併用したスムーズな減速が行える「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」をホンダのミニバンで初採用し、走行状況に応じたダウンシフト制御を行うとともに、エンジンの回転を適切に保ちながら滑らかな走りを実現している。

クロスオーバースタイルの新グレード「クロスター」は、エクステリアはフロントグリル、フロント&リヤバンパー、ドアミラー、ルーフレール、LEDフォグライト、15インチアルミホイール、インテリアはプライウッドの木目調パネル、汚れが目立ちにくいデジタル柄のコンビシートなど、内外装に専用パーツを採用している。

ボディカラーは、シーグラスブルーパール、プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック2の新色などを含めて全9色をラインナップ。また、福祉車両にも、ベース車と同様の改良を施した。

この記事の目次

ラインナップ
ボディカラー
車両本体価格

関連情報

ボディタイプ:コンパクトカー ボディタイプ:ミニバン 国産車 新車
【標準系】

【クロスター】

LEDフォグライト

後方誤発進抑制機能

ブレーキ操作ステップダウンシフト制御

ラインナップ

フリード

B ホンダ センシング

G ホンダ センシング

6人乗り

7人乗り

クロスター ホンダ センシング

ハイブリッド G ホンダ センシング

6人乗り

7人乗り

ハイブリッド クロスター ホンダ センシング

フリード+

G ホンダ センシング

クロスター ホンダ センシング

ハイブリッド G ホンダ センシング

ハイブリッド クロスター ホンダ センシング

福祉車両

助手席リフトアップシート車

サイドリフトアップシート車

車いす仕様車

ボディカラー

シーグラスブルーパール(新色)

プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック2(新色)※1

シルバーミストグリーン・メタリック(新規設定色)

プラチナホワイト・パール(新規設定色)※2

スーパープラチナグレー・メタリック(新規設定色)※2

クリスタルブラック・パール

プレミアムクリスタルレッド・メタリック ※1

ルナシルバー・メタリック(標準系のみ)

ミッドナイトブルービーム・メタリック(新規設定色・標準系のみ)※2

※はメーカーオプション、税込み価格は※1が55,000円、※2が33,000円。

車両本体価格

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント