トヨタ、「ピクシスエポック」をフルモデルチェンジの記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 新型車情報 > 車のニュース > トヨタ、「ピクシスエポック」をフルモデルチェンジ

車のニュース [2017.05.15 UP]

トヨタ、「ピクシスエポック」をフルモデルチェンジ

ピクシスエポック

フルモデルチェンジが行われた「ピクシスエポック」

トヨタは、軽自動車「ピクシスエポック」をフルモデルチェンジして発売した。「ピクシスエポック」は、ダイハツ工業「ミライース」のOEMモデル。「ミライース」のフルモデルチェンジにあわせて、トヨタ「ピクシスエポック」もフルモデルチェンジが行われたかたちとなる。パワートレーンには、直列3気筒DOHC 0.66リッターエンジンを搭載。アクセル操作に対する反応をよくしたことで、発進や追い越し時の加速性能が向上し、日常的な利用でよりストレスのない走りを実現したという。JC08モード時の燃費は2WD車が34.2km/L〜35.2km/L、4WDは32.2km/Lと高い燃費性能を誇る。

ピクシスエポック

スマートアシストIIIを搭載し安全性能を強化している

インテリアでは、運転席や客室の頭上の圧迫感を改善しながら大人4人がしっかり乗れるスペースを確保。さらに、スイッチ式のバックドアオープナーを全車に標準装備。

ピクシスエポック

大人4人が快適に乗れるスペースを確保

システム面ではスマートアシスト IIIを搭載し安全性能を強化。走行中に前方の車両と歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起を行い、さらに危険性が高まった場合に緊急ブレーキで減速する衝突回避を支援するシステム。対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能なども搭載している。また、“SAIII”と付くモデルには歩行者にも対応する緊急ブレーキを、G“SAIII”にはオートハイビームを標準装備した。

ピクシスエポック

ビジネスユーザー向けとして荷室のデッキボード表皮を変更するグレードも用意

また、ビジネスユーザー向けに荷室のデッキボード表皮にポリ塩化ビニルを採用するビジネスデッキボードを標準装備した”B”グレードを新たに用意。汚れが付きにくくなったことに加え、後席を倒して荷物を載せる際の段差が縮小するなど、利便性を向上させている。

メーカー希望小売価格は、84万2400円から133万9200円(税込)

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る