車のニュース[2019.09.27 UP]

レクサス、ISに特別仕様車、LCに限定車を設定

トヨタ自動車は、レクサスのスポーツセダン「IS」に、特別仕様車「アイ ブルー」、ラグジュアリークーペ「LC」に、限定車「パティーナ エレガンス」を設定し、10月1日から発売する。両モデルとも匠の技から最先端技術まで、様々な手段を駆使して心を深く揺さぶる新しい体験を生み出していきたい、というレクサスの「CRAFTED」思想を取り入れたモデルとなっている。

ISの特別仕様車「アイ ブルー」は、「IS300」「IS350」「IS300h」の「Fスポーツ」グレードをベースに、エクステリアはスピンドルグリル、サイドガーニッシュ、18インチアルミホイールにブラックカラーを施し、インテリアは職人が一つずつ本杢を藍色に仕上げた藍本杢ステアリングホイールに、藍色が鮮やかに映えるようにブラック、アクセントグレー、ブルーグレーステッチを組み合わせた専用インテリアカラーをコーディネートし、藍色は100種類以上ある色域の中から日本で愛されてきた「搗色(かちいろ)」をモチーフに色づくりを行っている。さらに、後席SRSサイドエアバッグ、パワーイージーアクセスシステム(運転席オートスライドアウェイ&リターンメモリー機能)、運転席ポジションメモリー/運転席・助手席ベンチレーション機能など、安全&快適装備も採用している。ボディカラーは、特別仕様車専用色のラディアントレッドコントラストレイヤリング、ヒートブルーコントラストレイヤリング、グラファイトブラックガラスフレーク、マーキュリーグレーマイカ、ホワイトノーヴァガラスフレークの全5色をラインナップ。

LCの限定車「パティーナ エレガンス」は、「LC500」「LC500h」をベースに、エクステリアはポリッシュ仕上げ&ブラック塗装の21インチ鍛造アルミホイール、インテリアはレクサスが独自開発し柔らかさを追求したL-ANILINE本革シート、柔らかい手触りのプレミアムレザーを使用した本革ステアリングホイール、パティーナブラウンのインテリアカラー(ステッチカラーはライトブラウンとダークブラウンの2色を採用)、L字が重なったモチーフが美しく浮かび上がるスカッフプレートなどの専用装備、カラーヘッドアップディスプレイのほか、メーターフード、ルーフ、サンバイザー、ピラー・ルーフサイドガーニッシュ、パッケージトレイにアルカンターラを採用している。ボディカラーは、限定車専用色のテレーンカーキマイカメタリック、ソニックチタニウム、グラファイトブラックガラスフレークの全3色をラインナップ。100台限定。

この記事の目次

ラインナップ・車両本体価格

関連情報

ボディタイプ:クーペ ボディタイプ:セダン 限定モデル・グレード 国産車 新車 特別仕様車
IS アイ ブルー

【特別装備】

LC パティーナ エレガンス

【特別装備】

ラインナップ・車両本体価格

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント