車の動画[2019.09.11 UP]

日産 ジューク(NISSAN JUKE) グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説


こちらは日産のジュークの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

今、人気のあるSUVの先駆けとして登場した日産の「ジューク」。
その独創的な外観デザインは、私たちに強いインパクトを与え、
2010年の発売から現在も、根強い人気がある車です。

長さ 4135mm

幅  1765mm

高さ 1565mm

ドアの解錠、施錠は、インテリジェントキーを使用。
リモコン操作のドアの開け閉めだけでなく、キーを携帯している状態で、
ドアのスイッチを押すと解錠、施錠が出来るシステムです。

ステアリングの左下にあるプッシュエンジンスターター。
インテリジェントキーを携帯した状態で、スイッチを押せば、エンジンが始動。

またステアリングの左側には、オーディオ操作やハンズフリーフォンの
操作などが行えるスイッチがついています。

ステアリング左奥にはワイパー・ウオッシャースイッチ。

そしてステアリング右奥にはライトや方向指示器を操作するスイッチ。

またステアリング下のレバーを引いて、ステアリングの高さを調整することが出来ます。

ステアリング右下にも様々な機能のスイッチがあります。
クルマの横すべりを抑える機能のオフスイッチ。
アイドリングストップシステムのオフスイッチ。
衝突の可能性がある車両を検出し、警報やブレーキ力制御により衝突を回避する機能のオフスイッチ。
車線の逸脱を警報で知らせる機能のスイッチ。

ディーラーオプションの日産オリジナルナビゲーションは、タッチパネル式で、
スマートフォンを触るような感覚で手軽に操作出来ます。

またバックビューモニターは、車から見えにくい後方映像を表示。
ガイド線もあるので、位置の確認がしやすい!

ナビゲーション下には、インテリジェントコントロールディスプレイ。
エアコンモードとドライブモードで、機能を使い分けられます。

エアコンモードではオートエアコンとなり、ダイヤルで温度や風量を調整出来ます。
中央のディスプレイで、設定状態がひと目で確認できるのもポイントです。

ドライブモードにすると、インテリジェントコントロールディスプレイ操作スイッチに切り替え。
ノーマル・スポーツ・エコの3種類から選べるドライブモードの変更や、
画面の明るさ、時刻などの各種設定、燃費履歴や走行履歴などの情報を確認することが出来ます。

セレクトレバーは直線状のストレート型で、操作しやすくなっています。

後続車のライトの反射を自動で調整するルームミラー。
インテリジェントアラウンドビューモニターの映像を表示することもできます。

サンバイザーは運転席、助手席ともにバニティミラー付きです。

また運転席、助手席のフロントドアにはドアポケットとボトルホルダーが付いています。

セレクトレバーの前方には小物トレー。お洒落なフロントセンターコンソールには、カップホルダーが2個設置されています。

また容量の大きなのポケットもついているので、すぐ取り出しやすい位置に小物などを入れて置くことが出来ます。

エアコンの左下には電子機器を使用する際に便利な、電源ソケットが付いています。

奥行きのあるグローブボックスは車検証や説明書などを入れておくことが出来ます。

助手席側はシートバックポケットが付いていて、雑誌や地図などを入れるのに便利です。

左右それぞれのリヤドアには、ペットボトルなどが収納できるボトルホルダーが付いています。

シート地は、スエード調トリコット。こだわりのあるデザインが、スタイリッシュな空間を演出しています。

ラゲッジルームは、開口部も広く床面(ゆかめん)もフラットになっています。
キャリーバッグなどの大きい荷物も余裕を持って入れることができます。

ラゲッジ下には大容量のアンダーボックス。
そして万が一の時に便利な修理キットも入っています。

リアシートは前に倒すことができるので、収納スペースをさらに広く使うことができます。

またシートは、左右それぞれ別々に倒すことが可能です。
ゴルフバックのような長さのある荷物や、より多くの荷物を安定させながら積むことが出来ます。

下側の丸型ヘッドライトと、ボンネット上にあるシャープな形をしたフロントコンビランプは、 より個性的な表情に!

テールブレーキランプは視認性が良好で、後続車へ車の存在を知らせます。

斬新なデザインから伝わってくる、攻めの姿勢を貫く唯一無二の存在感。
乗る人の前向きなチャレンジ精神を刺激する「日産 ジューク」のご紹介でした。

関連情報

車種別動画カタログ
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント