車の動画[2019.08.06 UP]

トヨタ タンク(TOYOTA TANK) グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説


こちらはトヨタのタンクの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

トヨタのトールワゴン型のコンパクトカーとして人気のタンク。
コンパクトでありながら広々とした室内空間と快適で多彩なシートアレンジ。
同じくトヨタのルーミーとはデザイン違いの姉妹車です。

今回はダイナミックさとアグレッシブさを表現した「トヨタ タンク」をご紹介します。

長さ 3700mm

幅  1670mm

高さ 1735mm

キーフリーシステムは、電子キーを携帯した状態でドアハンドルのリクエストスイッチを押すと、ドアの施錠・解錠ができます。
 
エンジンを始動すると、パネルの情報が浮かび上がるように光る、オプティトロンメーターとインパネ中央にあるマルチインフォメーションディスプレイが起動します。

エンジンを切ると今回の走行記録が表示され、どれだけ節約できたかが確認できます。
  
ステアリングの左側はオーディオやナビを操作するスイッチが配置されています。

ステアリングの右側はメーター操作スイッチ。外気温や走行に関する情報を操作します。

その下のクルーズコントロールスイッチは、先行車と適切な車間距離を設定できる機能。

左側奥にはワイパー&ウォッシャースイッチ。

右側奥には、方向指示レバーとランプスイッチがあります。

パワースライドドアのスイッチはエンジンスイッチ横にあります。
左右それぞれのスイッチを操作して、車内からもパワースライドドアを開閉することができます。

他にも横滑り防止機能のスイッチ。
アイドリングストップ機能のスイッチ。
目盛りを調整しながらヘッドライトの光軸を変更できるスイッチ。

その下には、ETC車載器が設置されています。

さらに下には、給油口オープナーがあり、給油口は車体の左後部にあります。

販売店装着オプションのT-Connectナビ。
9インチモデルは見やすく、操作性も良好です。

パノラミックビューモニターは、運転席から確認しづらい車の周囲も、車体前後のカメラと上空から見ているような映像でリアルタイムに確認できます。

オートエアコンは、操作しやすいプッシュ式パネルで、設定状況は液晶画面で確認できます。

アクセサリーソケットは、スマホや電子機器を充電するのに便利です。

運転席と助手席を温めるシートヒータースイッチ。

その隣にはパノラミックビューモニターのメインスイッチが設置されています。

運転席のカップホルダー。回転式で四角いパックの飲み物も置くことができます。

運転席のドアポケットは、ドリンクホルダーとポケットに分かれています。

カード入れなどの小物を収納できるセンタークラスターポケット。

ダストボックスは、500mLのペットボトルが数本入るくらいの大きさ。

助手席側のドアポケットは、運転席と同じ仕様。

助手席オープントレイは大容量スペース

横に設置されているカップホルダーは、運転席と同じ回転式。

グローブボックスは、車検証などの必要な書類や小物を収納するのに便利。

助手席側の買い物フックは格納式。使うときに指先で引き出して、袋などを下げられます。

助手席シート下のトレイは、靴などを入れられる収納スペース。

後席のパワースライドドアは、電子キーを携帯した状態でドアの開閉がワンタッチで可能。
また子供が誤ってドアを開けるのを防ぐチャイルドプロテクターが搭載。

アシストグリップは乗り降りする時に便利。

後席はゆったりとしたスペースがあり、フラットな床になっています。

シートバックテーブルは2個のドリンクホルダーと、テーブル角に買い物フックがついています。

後席のサンシェードは、強い日射しのまぶしさを軽減。使わない時は格納できます。

後席ディスプレイは、後席に座っている方もTVやDVDを楽しみながらドライブできます。

バックドアをは大口で広く、大きめの荷物の積み下ろしがしやすいです。

また、多機能デッキボードが装備されていて、その下には、デッキボックス収納があり、高さのある荷物を載せる時にも便利です。

収納スペースを広げたい場合は、後席シートのレバーを引いて前方にスライド。
ラゲッジ側からもシートをスライドさせることができます。

6:4分割可倒式リヤシートなので、左右それぞれのシートを倒すことができ、荷物によって様々なシートアレンジが出来ます。

リヤシートをダイブインさせるには、シート上部のレバーでシートを倒し、シート後ろのレバーで一番後ろまで下げます。
シート横のストラップを引いてシートを跳ねあげさせて格納します。
戻す時はシート後ろのストラップを引き、一気に戻します。
あとは任意の位置にシートを戻してください。

トレイ式デッキサイドトリムポケットは、横に広くボトルホルダーが配置されています。

ラゲージルームランプで、暗い場所でも作業がしやすい。

ヘッドライトはマルチリフレクターハロゲンヘッドランプを採用。
広い範囲照らすことができ、夜間の運転をアシストします。
またフォグランプとイルミネーションランプはLED仕様となっています。

ハイマウントストップランプは大きめなので、遠くからでも確認がしやすくなっています。
またリヤランプ共にLED仕様のため、夜間において後続車への視認性を高めます。

広々とした室内空間。そして安定した走りと最先端の安全機能。
ファミリーカーとしても安心感のある一台。
以上、トヨタ タンクのご紹介でした。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント