カーライフ[2019.07.10 UP]

【グー連載コラム】クルマケア講座[夏に備えよう!編]

メンテのイメージ画像

今どきのクルマは壊れにくくなっていますが、流石にノーケアではダメ。大切な愛車は長く乗りたいもの。消耗品の交換など定期的に愛車をケアしましょう
(掲載されている内容はグー本誌2019年8月号の内容です)

暑さは人にもクルマにも厳しい 夏からクルマを守る!

ダメージはゆっくりと進行 油断&放置していてはダメ

 夏の暑さや紫外線などは人間だけでなく、クルマにとってもつらいものである。とくに紫外線はさまざまなものを劣化させるものだけに、ボディまわり、そして内装ともにしっかりと対策しておきたい。
 これもまた人間と同じだが、紫外線の害はすぐに出るものではなく、徐々に進行するもの。少しぐらいは大丈夫だろう、と甘く見ていたらいつの間か劣化していた……なんていうことにもなりかねない。
 ボディはコーティングでがっちりと紫外線から守りつつ、タイヤも含めたゴム類には潤いも補充。内装もいかに紫外線の侵入を防ぐかがポイントになる。

紫外線とは?
紫外線のイメージ画像

 紫外線、つまりUV(ウルトラバイオレット)を知らない方はいないだろう。日焼けを起こしたり、劣化を促進させたりなど、悪者扱いだが、殺菌に使われることもある。オゾン層の破壊などにより、増加傾向にあるのでなおさら注意したい。


【守る!】 ボディ編

 太陽の光、つまり紫外線を全身で受け止めるのがボディだ。放置しておくと塗装が劣化したり、色あせが発生する。まず塗装面については、UVカット効果があるコーティング剤で保護する。ゴム類も紫外線の影響を受けやすいので、保護剤を塗っておこう。

実は塗装というのは樹脂なので、影響を受けやすい。コーティングなら化学的に塗装を保護できる。

メンテの画像 タイヤも含めて、クルマにはさまざまな部分にゴムが使われている。放置するとカサカサになるだけでなく、ヒビ割れが発生することもある。

【守る!】 車内編

 まず購入時にUVカットガラスを採用しているクルマを選ぶのも手だ。さらにUVカット効果があるウインドフィルムを貼るのも効果的で、透明なものなら前席両側にも貼れる。あとは駐車時にサンバイザーやボディカバーを使うのも有効だ。

インパネの画像 インパネなど、直射日光が当たる樹脂部分は保護剤を塗っておく。熱もこもるので環境は劣悪。

サンシェイドの画像 サンシェイドは簡単かつ効果的だが、長時間止めるのが丸わかりなので、盗難には注意が必要だ。

メカもしっかり夏対策

 最近のクルマは耐久性が上がったこともあり、夏の暑さでメカがダメになることはほとんどない。とはいえ、エアコン使用などで負担が高まるバッテリーや冷却水などは点検しておきたい。またエアコンの効きが悪い場合、真夏前に点検してもらおう。

バッテリーの画像 バッテリーは暑さでも性能は落ちる。点検窓による充電状態の確認以外に、外観も確認。

冷却水の画像 今では冷却水の濃度を季節で変える必要はないが、自然に少しずつ減るため量は確認しておく。

ゲリラ豪雨から守る!
マフラーの画像

 日頃のメンテで防げるものではないが、クルマの仕組みとして水位の目安になるのがマフラーの位置。ここが水に浸かると排気ができなくなり、エンジンが止まってしまうため、水没の危険などが高まる。行けるかもなどと無理はしないことだ。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント