車種別・最新情報[2019.06.01 UP]

TOYOTA ヴォクシー/ノア/エスクァイア【ベストグレード一発指南】

※人気グレードランキングは4月中旬時点でのメーカー発表による。集計期間、グレード区分等は各メーカーによる。

●文:川島茂夫

この記事の目次

ベストグレード【ヴォクシーV/ノアG】
【選び分けのツボ】3兄弟は何が違う?
【選び分けのツボ】ガソリンorハイブリッド?
【選び分けのツボ】7人乗りか8人乗りか

ベストグレード【ヴォクシーV/ノアG】

ヴォクシー V(CVT・FF・7人乗り)主要諸元
●全長×全幅×全高(mm):4695×1695×1825●ホイールベース(mm):2850●最低地上高(mm):160●車両重量(kg):1570●駆動方式:FF●パワートレーン:1986cc直列4気筒(152PS/19.7kg・m)●トランスミッション:CVT●JC08モード燃費(km/L):16.0●燃料タンク容量(L):55(レギュラー)●最小回転半径(m):5.5●タイヤサイズ:195/65R15

長距離にも頼もしい走りと居心地!

 現行モデルからシャシーを一新し、低床フラットフロア化により全高を下げつつ、キャビンスペースの拡大を図っている。プリウス系のハイブリッドの導入などもあり、1BOX型の要点を押さえながらリピートユーザーにも実感しやすい進化を遂げた。ただし、採用されるトヨタセーフティセンスはACCとLKAが採用されないのが大きなウイークポイントである。
 グレード選びで最も悩ましいのはパワートレーンである。燃費と動力性能両立でハイブリッド車が圧倒しているのは言うまでもないが、2L車との価格差が大きく、シート仕様や駆動方式の制限もある。
 また、3兄弟の選び分けも要点のひとつ。原則的には外観デザインの好みによるが、価格が異なるモデルもあり、価格と内容の詳細なチェックは欠かせない。

基本情報まとめ

■現行型デビュー:’14年1月 ■最新改良:’19年1月(先進安全装備機能向上他)

販売台数も常に上位。ミドル1BOXのキング

 現行型でクラス初の本格ハイブリッドを用意した、トヨタのミドル1BOX。ヴォクシーとノアは基本的にデザインの違いのみだが、エスクァイアは上級志向で価格も高め。先進安全装備の採用はライバルより遅れていたが、’16年1月にトヨタセーフティセンスが採用された。

【選び分けのツボ】3兄弟は何が違う?

販売店とデザインの違いだが、エスクァイアはちょっと高級

 外観ではフロントマスクが主な違いである。ヴォクシーはボンネットなどフロント周りのプレスも異なるが、大まかにはノアを標準系としてダイナミズムのヴォクシー、ラグジュアリーのエスクァイアというキャラ付けだ。価格はヴォクシーとノアは同等だが、エスクァイアは内装加飾が他2車よりもグレードアップされる分だけ高価格になる。

■ヴォクシー(ネッツ店)

■ノア(カローラ店)

■エスクァイア (トヨタ店、トヨペット店)

【選び分けのツボ】ガソリンorハイブリッド?

ハイブリッドは先進&余裕のパワーだが、燃料代で元を取るのは難しい

■ハイブリッド

 装備を同等にすると価格差は約45万円。クラストップレベルの燃費をしても燃料代で取り戻すのは難しい。多くは走りの先進感や余力への投資である。ファミリー&レジャー用途での実用性を考えて1BXO型を選択するユーザーなら2L車がコスパでは圧倒。同排気量車では高速域での余力感も高い。また、4WDを選択できるのも強味のひとつである。

【選び分けのツボ】7人乗りか8人乗りか

7人乗りは2列目ゆったり、8人乗りは実用性に勝る

■8人乗り(3列目格納状態)

 セカンドシートは寛ぎを優先するならキャプテン、実用性を重視するならベンチがいい。キャプテンシートは横スライドと超ロングスライドで4名乗車時はゆったり気分を楽しめるが、座面チップアップ格納ができるベンチシートのほうが最大積載容量が大きく、乗車人数と荷室容量のアレンジ幅も広い。なお、ハイブリッド車はキャプテンシート限定だ。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント