輸入車[2019.06.04 UP]

フォルクスワーゲンの最新安全技術を全方位的に体験した!【グーワールド コラム/イベント】

文●グーワールド 写真●フォルクスワーゲン
問い合わせ先●フォルクスワーゲン カスタマーセンター TEL:0120-993-199
(掲載されている内容はグーワールド本誌2019年7月号の内容です)


 日々進化し続けるクルマの安全技術。今回は4月にフォルクスワーゲン グループジャパンが実施した「Volkswagen Tech Day 2019」に参加した模様をお伝えしたい。場所は栃木県にある「GKNドライブライン プルービンググラウンド」だ。
 フォルクスワーゲン(以下VW)は、ラインアップのすべてが「People's Car」という原点で開発されている。それはつまり、「家族が気持ちよく安全に乗れて、実用性も高く、手の届く価格」であるということ。ゴルフを使った安全ボディのレクチャーでは、その思想を踏まえたVWのこだわりのクルマづくりを教えてもらった。そもそもVWは安全装備の採用にも積極的で、1998年からESCの導入、サイドエアバック、EDSの標準装備が実現している。
 体験項目は上下の写真の項目だ。「ブレーキ」ではフルブレーキを行ったうえでの障害物回避(ABS)とシティエマージェンシーブレーキ。「4MOTION」では登坂路でのヒルディセントアシスト。「ACC/レーンキープアシスト」では先行車への完全自動追従。「アクティブセーフティ」では、低μ路スキッドパッドでESCの機能とハンドリング。「駐車支援システム」では、パークアシストと盛り沢山のメニューだった。
 これらをとおして実感したのは、VWが全方位的に安全に対するアプローチを進めていることと、それらを良心的な車両価格で実現していること。アイドリングストップすらついていないクルマを愛車としている担当としては、クルマに対する考え方を改めさせられる一日となった。

関連情報

新車 輸入車
プレゼンテーション(座学/安全ボデイ/ドラポジ)

ブレーキ回避(ABS/シティエマージェンシーブレーキ)

4MOTION(ヒルディセントアシスト)

ACC/レーンキープアシスト

アクティブセーフティ(ESC)

駐車支援システム

バスカスカフェが登場!

 当日は「フェスにバスを貸す」というコンセプトに由来した「バスカスカフェ」がオープン。よりVWを身近に感じてもらうために、ワーゲンバスを無償で貸し出すという注目の施策だ。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント