車種別・最新情報[2019.03.29 UP]

三菱自動車の人気軽自動車『新型eKワゴン』と『新型eKクロス』が発売開始

新型eKワゴンとeKクロスのフロントフェイスの画像

三菱自動車の『eKワゴン』が3月28日から発売となりました。約6年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型は、三菱自動車と日産自動車の合弁会社NMKVにより企画・開発マネジメントが行われ、プラットフォーム・エンジン・CVTといった主要コンポーネントを刷新しています。
また今回の大きなトピックとして、これまであった『eKカスタム』に代わり、SUVテイストを盛り込んだ派生車『eKクロス』がeKシリーズに仲間入りしました。デリカD:5を彷彿とさせる見た目でインパクトのあるモデルとなっています。

この記事の目次

新型eKワゴンとeKクロスのエクステリア
新型eKワゴンとeKクロスのインテリア
新型eKワゴンとeKクロスのパワートレインは?
新型eKワゴンとeKクロスの安全性能は?
eKワゴンとeKクロスの燃費性能は?
新型eKワゴンとeKクロスの価格は?

新型eKワゴンとeKクロスのエクステリア

新型eKワゴンのフロントスタイル 新型eKワゴン

フルモデルチェンジしたeKワゴンのデザインコンセプトは「THE CUTE CHIC(キュート・シック)」で、幅広い層をターゲットとしたオーソドックスなスタイルとなっています。誰もが親しみやすいデザインのなかに、さり気なく光る上質さや女性目線の愛らしさが感じられます。ボディカラーには新色のミントブルーメタリックを含め全7色を用意。

新型eKクロスのフロントスタイル 新型eKクロス

一方、eKクロスは「THE CUTE BEAST(キュート・ビースト)」がデザインコンセプト。縦型LEDヘッドライトや三菱の新世代のフロントデザインとなるダイナミックシールドにより、まるでデリカD:5のような迫力のある佇まいを軽自動車でも実現しています。ボディカラーは5通りの2トーンカラーとモノトーンの6色を用意。コンパクトな軽自動車ながら、野獣のようなスケールの大きさを感じさせる仕上がりとなっています。

新型eK X「ハイパフォーマンス軽SUV 登場」篇 15秒

新型eKワゴンとeKクロスのインテリア

eKワゴンのインテリア eKワゴン

eKクロスのインテリア eKクロス

インテリアは水平基調のフラットで伸びやかなレイアウトを採用しています。今回、ホイールベースを65mm拡大することで後席の足元空間が格段に広がり、居住性が向上しています。また軽自動車らしく、収納スペースも豊富に用意されています。

eKワゴンの室内空間のイメージ eKワゴン

運転席まわりは高輝度メーターと4.2インチカラーTFTディスプレイにより運転時の視認性が高まっただけでなく、質感も向上しています。シートをはじめとしたインテリアのカラーは、eKワゴンはライトグレーで明るい雰囲気、eKクロスはブラックを基調にシックにまとめられ、オプションで合成皮革&ファブリックの内装も設定しています。

カーナビの画像

オプション設定のレザーコンビシートの画像 プレミアムインテリアパッケージ(メーカーオプション)

新型eKワゴンとeKクロスのパワートレインは?

エンジンは新開発され、eKワゴン、eKクロスともに走行性能が大きく進化しています。NAもターボも幅広い回転域でトルクアップしているため、加速性能が向上し、普段の街中使いや高速道路での合流時などでもストレスなく運転できます。さらに、eKクロスにはモーターでエンジンをアシストするHYBRIDシステムを採用し、よりスムーズな走りを実現しています。
トランスミッションには、軽自動車初となる可変速CVTを搭載することで、AT車のように段階的な加速感を得られるようになっただけでなく、従来のCVTにみられる高回転域での唸り音が抑制され、静粛性にも貢献しています。

新型eKワゴンとeKクロスの安全性能は?

MI-PILOT(マイパイロット)のイメージ画像 MI-PILOT(マイパイロット)のイメージ

先にも触れた通り、日産との合弁会社「NKMV」により製品開発が行なわれたため、日産の技術も盛り込まれています。先進の運転支援技術『MI-PILOT(マイパイロット)』によりシンプルな操作で追従運転モードを設定でき、高速道路での走行時や渋滞での停車と発進を繰り返すような場面でも威力を発揮します。また、マルチアラウンドモニター付きの車両にはデジタルルームミラーの機能を三菱自動車では初搭載しています。
その他にも、サポカーS ワイドしているため、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報システム[LDW]&車線逸脱防止支援機能[LDP]、オートマチックハイビーム[AHB]を全車標準装備とし、ドライバーの安全運転をサポートします。

eKワゴンとeKクロスの燃費性能は?

新型eKワゴンとeKクロスの燃費性能はカタログ値では

eKワゴン(WLTCモード)
2WD・・・21.2km/L(Mグレード)
4WD・・・18.2km/L(M/Gグレード)
eKクロス(WLTCモード)
2WD・・・21.2km/L(Mグレード)
4WD・・・18.8km/L(M/Gグレード)
となっています。

新型eKワゴンとeKクロスの価格は?

eKクロスのイメージ画像 レッドメタリック/ブラックマイカ(有料色)

気になる価格については以下の通りです。

eKワゴンG 137万7000円/150万6600円
eKワゴンM 129万6000円/142万5600円

eKクロスT 163万6200円/176万5800円
eKクロスG 155万5200円/168万4800円
eKクロスM 141万4800円/154万4400円

三菱らしさが強く打ち出されたeKクロスは、昨今のSUVの流行もあり特に注目の1台になりそうです。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント