中古車購入[2019.02.25 UP]

日産ラフェスタのおすすめの中古車をまとめてみた

日産ラフェスタのおすすめの中古車をまとめてみた グーネット編集チーム

ラフェスタは2004年12月に誕生しました。ボディの形状としては、5ナンバーサイズのやや低めの全高で3列シートを備えているミニバンです。また、最後列まで大人がのびのびと寛げる優れた居住性、剛性の高い足回りによるロールを抑えたしなやかな乗り心地や爽快な走行性能など、さまざまなシーンで活躍する車両です。

スラントしたボンネットフードやシンプルながら飽きの来ないフロントマスクをはじめ、フロントヘッドライトからリヤエンドまで続くキャラクターラインと低いウエストラインが生みだす伸びやかで安定感のあるスタイリングが特徴です。

また、平面の大型ウインドウや国産車最大の開口部を持つパノラミックルーフ、明るめの内装色により、大勢の乗員が深い安らぎを感じる、開放感あふれるクリーンな室内空間が居心地の良さを生みだしています。

パワートレインには新開発2.0L 直列4気筒エンジンとエクストロニックCVTを組み合わせ、メリハリのある爽快な走行性能と優れた省燃費性能を実現しています。

利便性に優れる両側スライドドアや運転席と2列目シートの間でコミュニケーションの取りやすい「ベビーフレンドリーモード」など、多彩なシートアレンジとなっています。加えて、運転のしやすさが実感できるコンパクトなボディサイズと相まって、使い勝手の良いスタイリッシュミニバンとして、発売早々から高い支持を集めました。

2011年6月にリリースされた2代目モデルでは、初代のオリジナルモデルより一転し、マツダより「プレマシー」のOEM供給を受ける姉妹車として誕生しました。

抑揚のあるダイナミックな面構成のスタイリングを採り入れ、ウエッジシャイプを強調したサイドビューなど、エアロパーツを実装した力強い外観デザインが特徴のモデルです。

ここではラフェスタの中古車の中から人気の高いおすすめグレードや、中古車を探す際に押さえておきたいおすすめの装備、ラフェスタのライバルとなるおすすめの車種などを紹介します。

この記事の目次

ラフェスタの特徴・どんな方におすすめなのか
ラフェスタの人気車種・おすすめグレード
ラフェスタの中古車を探す際にチェックしておきたいおすすめの装備・オプション
ラフェスタのライバルとなるおすすめ車種

関連情報

中古車購入

ラフェスタの特徴・どんな方におすすめなのか

ここでは2011年6月にフルモデルチェンジを受けた2代目モデルを取り上げます。

【ラフェスタの特徴】

・アイドリングストップシステムなど次世代環境技術を搭載した「PURE DRIVE」第6弾モデル
・うねりのある躍動感に満ちたエアロダイナミクスボディ
・水平基調クロームフロントグリルやエアロパーツを装備した、安定感のあるスポーティな「ハイウェイスター」シリーズ
・優れた乗降性を実現する大開口両側スライドドア
・環境性能に優れるパワフルな直噴型2.0L 直列4気筒エンジン
・ブラック基調のシックで落ち着きのある上質なインテリア
・3列目シートに向け、徐々にヒップポイントを高めるシアター配置シート
・取り回しに優れる5ナンバーサイズと遜色のない最小回転半径5.3mを実現
・2列目シートをキャプテンシートにもベンチシートとしても利用できる機能的なフレキシブルシート
・用途や乗車人数によって、使い分けができる使い勝手の良い多彩なシートアレンジ
・安定感のある重厚な乗り心地を実現するマルチリンク式リヤサスペンション
・3列目シートに対応するSRSカーテンエアバッグシステム+運転席&助手席SRSサイドエアバッグシステムなど、優れた乗員保護性能

【ラフェスタはこんな方におすすめ】

2代目モデルではワイド&ローのダイナミックな3ナンバーモデルとなりますが、5ナンバーサイズボディを採用する先代モデルからの取り回し性能を継承し、市街地走行のすれ違いや縦列駐車でも安心感の高いパッケージデザインが特徴のモデルです。

また3列目シートでも眺めの良いシアター配置レイアウトを採用しており、大勢を乗せてドライブを楽しむことの多い方々におすすめのモデルです。

ラフェスタの人気車種・おすすめグレード

ラフェスタの人気車種・おすすめグレード グーネット編集チーム

ラフェスタの中古車の中から人気の高いおすすめグレードを世代ごとに紹介します。
ここでは2011年にリリースされた、最終型となる2代目モデルを取り上げます。

2代目 ラフェスタ CW系(2011年〜2018年)のおすすめ人気車種・グレード

日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスターG スプレモ(2016年7月モデル)

乗車人員:7名
駆動方式:FF
タイヤサイズ:(前)205/50R17 89V(後)205/50R17 89V
エンジンタイプ:PE-VPS型 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
排気量:1997cc
最高出力:151ps(111kW)/6000rpm
最大トルク:19.4kg・m(190N・m)/4100rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費:15.2km /L
車両重量:1500kg
新車価格:2,700,000円
自動車税:年間39,500円 ※

※自動車税は2018年11月時点で参照したものとなります。

■主な装備

【エクステリア】
・フロントエアロバンパー
・サイドシルプロテクター
・リヤエアロバンパー
・ルーフスポイラー
・クロームメッキアウトサイドドアハンドル
・テールパイプフィニッシャー
・LEDサイドターンランプ内蔵 電動格納式リモコンカラードドアミラー
・17インチタイヤ&アルミホイール

【インテリア】
・本革&ジャカードシート(ブラック+専用ブラウンパイピング&ダークグレーステッチ)
・本革巻3本スポークステアリング&本革巻シフトノブ
・インストシフトフィニッシャー(ブラック&シルバー)
・ピアノブラック調センタークラスターフィニッシャー
・シフトスイッチ(ダイレクトモード機構付)
・ステアリングオーディオリモートコントロールスイッチ
・2列目可倒式シート(左右独立ダブルフォールディング、リクライニング、センターウォークスルー、ワンタッチウォークイン機構付)
・3列目5:5分割可倒式シート

【安全装備】
・キセノンヘッドランプ
・オートライトシステム
・デュアルSRSエアバッグ
・SRSカーテンエアバッグシステム
・運転席&助手席サイドエアバッグシステム
・VDC(ビークルダイナミクスコントロール)+TRC
・ASCD(オートスピードコントロール装置)
・自動防眩ルームミラー
・エンジンイモビライザー

【快適装備】
・インテリジェントキー(運転席・助手席・バックドア感知、作動確認機能付)
・チルト&テレスコピックステアリング
・運転席シートリフター(ラチェット式)
・電動両側スライドドア+スライドドアイージークロージャー

【ナビゲーション・オーディオ】
・6スピーカー

■特徴

・熟成の進んだ2016年7月の最終モデル
・上質なパイピング+ステッチが施された本革&ジャガードシートを備えた最上位グレード
・足回りをスポーティに演出する17インチタイヤ&アルミホイール
・ピアノブラック調センタークラスターフィニッシャーをはじめ、クロームメッキアウトサイドドアハンドル、テールパイプフィニッシャーなど、質感の高い内外装デザイン
・実用性の高い機能的な乗り降りをスムーズにする、電動両側スライドドア+スライドドアイージークロージャー
・小柄な方でも最適なドライビングポジションが設定しやすい運転席シートリフター+チルト&テレスコピックステアリング
・高速道路を走行中のドライバーの負荷を減少し、安全運転をアシストするASCD(オートスピードコントロール装置)
・乗員の保護性能を高めるSRSカーテンエアバッグシステム+運転席&助手席サイドエアバッグシステム
・周囲の車両への安全性を配慮するLEDサイドターンランプ内蔵電動格納式リモコンカラードドアミラー

ラフェスタの中古車を探す際にチェックしておきたいおすすめの装備・オプション

ラフェスタの中古車を探す際にチェックしておきたいおすすめの装備・オプション グーネット編集チーム

2代目ラフェスタは初代モデルとはラインナップ構成が異なり、エアロパーツを実装した「ハイウェイスター」モデルのみの設定となります。おすすめの装備として運転席側パワースライドドア+スライドドアイージークロージャー機構が挙げられます。

大人数を乗せる機会の多い方は是非チェックしたい機能的なアイテムです。
小さなお子さんのいる家庭やアウトドアスポーツ、キャンプなどさまざまなシーンで使用する場合は、シートの汚れを簡単に拭き取れるクリーナブル機能を備えたシート表皮がおすすめです。

たくさんのオプション装備の中から2代目モデルに設定される人気の高いおすすめのアイテムを紹介します。

【エクステリア】
・ルーフスポイラー
・フロントプロテクター
・エアロマッドガード
・エキゾーストフィニッシャー
・15インチタイヤ&アルミホイール
・16インチタイヤ&アルミホイール

【インテリア】
・フロアカーペット(エクセレント消臭機能付)

【安全装備】
・プロジェクターキセノンヘッドランプ(ロービーム、レベライザー付)
・オートライトシステム
・バックビューモニター
・エンジンイモビライザー

【快適装備】
・フロント雨滴感知式間欠ワイパー
・インテリジェントキー
・助手席側電動スライドドア(挟み込み防止機構付、運転席スイッチ、ドアハンドル連動)+助手席側スライドドアイージークロージャー
・運転席側電動スライドドア(挟み込み防止機構付、運転席スイッチ、ドアハンドル連動)+運転席側スライドドアイージークロージャー

【ナビゲーション・オーディオ】
・日産オリジナルナビゲーション(メモリータイプ)
・後席専用モニター(ルーフ取付タイプ)

【その他】
・ETCユニット

ラフェスタのライバルとなるおすすめ車種

ラフェスタのライバルとなるおすすめ車種 グーネット編集チーム

エアロパーツを装備するワイド&ローのスタイリッシュな外観デザインや大勢で利用する際に便利な両側パワースライドドアや多彩なシートアレンジが可能な使いやすい3列シートを備える低全高ミニバンとして人気の高いラフェスタの中古車を購入する際に比較される、ライバル車の中からおすすめの車を紹介します。

5代目 ホンダ オデッセイ RC1/2系(2013年〜)

中古車平均価格相場:106.1万円(2018年11月6日時点)

オデッセイは、1994年10月の誕生以来、ホンダを牽引する上級ミニバンとして高い人気を誇るモデルです。
低全高のフォルムながら、ホンダのクルマ作りのフィロソフィーである「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」を採り入れています。低重心パッケージデザインにより、開放感に満ちた広々とした室内空間と安定感のある爽快な走りを提供するモデルです。

初代モデルより「ワンボックスらしくないミニバン」を目指し、高級セダン並みの快適性や走行性能を実現しました。大人数が快適に移動できる3列シートを備えた広々とした室内空間、フル乗車の状態でもたくさんの荷物が積載可能な使い勝手の良いラゲッジスペースなど、従来のワンボックスモデルとは一線を画くスポーティなミニバンとして、多くのフォロワーを生んだ人気モデルです。

2013年11月に誕生した現行の5代目モデルでは、それまでの先代モデルとは大きくコンセプトを変更して、全高を高め、両側スライドドアを備えるなど、多くの競合車と真っ向からぶつかるスペックを備えた意欲的なモデルです。

また、全高を1.7m以下に抑えており、ホンダのフラッグシップミニバンに相応しいデザインとなっています。落ち着きのある快適な乗り心地や質感の高い居心地良さが自慢のインテリアとともに、発売早々から高い支持を集める人気モデルです。

人気の高いアグレッシブな外観を持つ「アブソルート」グレードの設定や先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)センシング」の装備など、ラフェスタを購入する際に比較される人気の高いモデルです。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加