新車情報[2019.01.11 UP]

日産、本格SUV「エクストレイル」の先進安全装備をグレードアップする仕様向上

エクストレイル 20Xi 4WD

日産自動車は1月11日に、高い走行性能と数々の先進機能を備えている本格SUV「エクストレイル」の一部を仕様向上を発表し、1月28日から全国発売する。価格は223万1280~330万2640円。

この記事の目次

ハイビームアシスト機能を全車標準装備化

関連情報

ボディタイプ:SUV・クロカン 4WD・2WD・駆動

エクストレイルは、衝突被害を軽減させる機能の「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や、4WDに標準装備される電子制御4WDシステム「インテリジェント4×4」などを装備する本格SUV。昨年のマイナーチェンジで、高速道路などの自動車専用道路でのドライバーの運転負荷を軽減する先進技術「プロパイロット」を搭載した。

ハイビームアシスト機能を全車標準装備化

今回の仕様向上では、前方検知用のカメラで走行時の周辺の明るさや先行車や対向車のライトを検知し、自動でハイビームとロービームと切り替える「ハイビームアシスト」を全車標準装備した。

また、駐車時などの急加速を防止する、全車標準装備の「踏み間違い衝突防止アシスト」機能に前進時歩行者検知機能を追加。アクセルとブレーキの踏み間違い時やアクセルの踏みすぎなどによる、事故防止機能を向上させている。

加えてTVアンテナやGPSアンテナがセットになる「日産オリジナルナビ取付パッケージ」も全車標準装備となったほか、20Xグレードの全車でLEDヘッドライトが標準装備された。

今回の仕様向上は、特別仕様車「エクストレイル エクストリーマーX」とライフケアビークル(福祉車両)の「助手席スライドアップシート」でも同様の内容で行われている。「助手席スライドアップシート」は多機能リモコンの操作で、電動で車両外部へ助手席がスライドし、回転・昇降とシートリクライニング操作が可能な仕様。

20Xi エクストリーマーX

20Xi エクストリーマーX 助手席スライドアップシート(特別架装)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント