中古車[2018.12.04 UP]

クルマの下取り・中古車査定(車買取)の方法と高額査定のポイント

クルマと電卓を持った人の画像 グーネット編集チーム

新たな中古車などに買い替えをする際、今まで乗っていたクルマを下取りや買取に出すという方が多いと思います。
大事に乗ってきた愛車ですから、できれば高く買い取ってもらいたいものです。
簡単に販売店で下取りしてもらうのが良いのでしょうか?それとも、ひとまず買取店に査定依頼する方がベターなのでしょうか?
クルマを手放す際の下取り・中古車査定の方法と高額査定のポイントについてご紹介します。

この記事の目次

中古車の「下取り」と「買取」の違いとは?
中古車の下取り・中古車査定(車買取)の方法・流れ
中古車の査定をより高額査定してもらうためのポイント

中古車の「下取り」と「買取」の違いとは?

基本的に「下取り」とは買い替えを前提として引き取ってもらうことであり、その査定額は販売店やディーラーによって異なります。
「下取り」の金額は新しく購入するクルマの価格から差し引かれることがほとんどなため、値引きのひとつの項目と言っても差し支えありません。

これに対し、「買取」とは、買取専門業者が車種や年式、走行距離によって公正な査定を行い、適正と思われる価格で買い取ることです。
「下取り」と「買取」は根本的な目的が異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

下取りのメリット・デメリット

下取りの場合、販売店やディーラー任せですのでまったく手間がかかりません。
さらに買い替えのタイミングでギリギリまで乗れるので日常に支障をきたすことなく、スムーズな乗り換えができます。
ただし、煩雑な書類の準備や手続きも不要な代わりに、安く見積もられるケースが多いです。

買取のメリット・デメリット

買取のメリットは、高く査定してもらえることです。
なぜ高く買い取ることができるかというと、買取業者はそれ以上の価格で売れることを知っているからです。
売れるクルマを他社に渡さないために、利益を抑えてまで高価買取することもあります。
デメリットは煩雑な事務手続きが多いことです。
また、買い替えのタイミングと合わなければ止むを得ず延期しなければならないこともあります。
そうなると、買い替えの資金繰りが上手くいかなかったり、クルマに乗れない期間が発生したりしてとても不便です。

中古車の下取り・中古車査定(車買取)の方法・流れ

中古車の買取査定は、日本自動車査定協会(以下、JAAI)の定めた査定基準を基本価格とし、クルマの状態や買取店の利益などの要素を加味して価格決定されます。
買取店によって査定額が異なるのは、それぞれの店舗の販売ネットワークや利益率の差です。
以下に大まかな査定価格決定までの流れを記します。

JAAIによる基本価格の決定

車種と年式・走行距離を基に、中古車市場の価格を鑑みた価格決定がされます。

基本価格に付帯する条件

JAAIの基本価格に対し、エンジンや足回り、電装品などの整備費や買取店自体の利益、さらに買い取ってから販売するまでに経過する期間の減価償却などによる査定額の調整が行われます。

最終的な微調整による査定額の決定

査定の最終段階として、標準的な状態であるかどうかというチェックがなされ、価格決定されます。
以下が標準状態の主なチェックポイントです。

・外装内装が無傷であること
・エンジン・足回りが良好
・車検の残りが3ヶ月以内
・走行距離が標準(年間約6,500km)
・タイヤの溝が1.6mm以上
・事故歴や改造がなく、腐食や臭いがない

ただし、最終的な価格は買取店によって決められます。
海外に販売ネットワークを持つ買取店や、部品市場に強い買取店などは意外なほど高額で買い取ってくれることも少なくありません。
買取依頼する場合には、複数店舗にて査定してもらうことをおすすめします。

中古車の査定をより高額査定してもらうためのポイント

車種と年式・走行距離が査定額の基本となるわけですから、クルマの状態をできるだけ良好にしておくことは必須です。
すでに付いてしまった傷やヘコミなどは仕方のないことですが、装備を純正品に戻し、内装もできるだけ清潔な状態にしておきましょう。
タバコの臭いは大きなマイナスポイントとなります。

また、売りたい車種の市場価格をチェックし、タイミングを見計らって買取に出すこと、複数の店舗に査定依頼し比較検討することが大切です。
買取店によってニーズも異なりますから、意外なほどの差が出てくることもあります。

まとめ

下取りは販売店での取引になるので選択肢が狭いのですが、買取の選択肢は広く、高額査定される可能性もあります。
しかし、クルマの買い替えの場合は、クルマを手放すタイミングも重要になってきます。
下取り・買取いずれにもメリット・デメリットがあるので、よく精査し、自身の都合に合わせた選択をおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加