中古車[2018.12.04 UP]

見積り依頼・在庫確認をすることの重要性

クルマの費用を計算している際のイメージ画像 グーネット編集チーム

お気に入りの中古車が見つかったら、まずは見積り依頼・在庫確認をしましょう。
在庫はあるのか、どのようなサービスが付帯して、総額でどのくらいになるのかなどを明確にしてもらうことで、実際に購入できるかできないかをはっきりさせることができます。
今回は、見積り依頼・在庫確認をすることの重要性について解説します。

この記事の目次

見積り依頼・在庫確認をすることの重要性とは?
見積り依頼のやり方・流れとは?
見積り依頼をした場合にはクルマを買わなくてはいけないのか?

見積り依頼・在庫確認をすることの重要性とは?

中古車の購入は早い者勝ちです。
特にネットサービスによる中古車販売網は、全国のユーザーが同時閲覧するので翌日、あるいは数時間後に売約済みとなっているケースもあります。

見積り依頼のあるクルマは商談中となるため、欲しいクルマをキープできる可能性が高くなります。
すみやかな決断が望まれますが、欲しいクルマをキープしながら金額などを考慮する時間をもらえるかもしれません。

また、中古車の表示価格の設定は店舗によって異なるため、総支払額などのお金の面の確認も大切です。
実際購入するときに総額が予算をはるかにオーバーしてしまうことも少なくありません。
そのようなトラブルを防ぐためにも、総額を提示してもらえる見積り依頼は重要と言えるでしょう。

見積り依頼のやり方・流れとは?

中古車販売においての見積り依頼はいたって簡単です。
見積り依頼の方法としては、直接店舗に足を運ぶ方法や、電話で見積りをお願いするという方法があります。
より早く簡単に見積りを希望するのであれば、インターネットで見積り依頼をする方法がおすすめです。

インターネット見積りでは、個人情報と予算、必要に応じてクルマの用途や値引きの要請を書きこむこともできます。
「問い合わせ」というかたちで質問をするのも、実際の内容は見積り依頼・在庫確認と変わりないのが現状です。
以下に大まかな流れを列記します。

1.ネット検索でお気に入りのクルマを発見
2.問い合わせ・在庫確認
3.見積り依頼(販売店との直接交渉)
4.見積り内容のチェック(二重請求がないか確認)
5.商談(販売総額と予算との折り合い・値引き交渉とサービスの確認)
6.購入

見積り依頼の際に欲しい車種と予算を登録していますので、たとえ交渉決裂したとしても、ニーズに合うような情報が提供されることがあります。
日々最新の情報が提供されるので、条件の合致した欲しいクルマに出逢う可能性も高いでしょう。

見積り依頼をした場合にはクルマを買わなくてはいけないのか?

見積り依頼はあくまでも問い合わせの一環です。
見積りに書かれている各種費用の項目や金額などを確認する、購入するかどうかを検討するための資料の一つに過ぎません。
見積り依頼・在庫確認をしたからといって必ずしも購入しなければならないわけではないので、安心して見積り依頼をしましょう。

予算オーバーなら正直に告知することで、別のクルマを紹介してもらえることもあります。
気になるクルマが見つかったら、積極的に見積り依頼をすることをおすすめします。

まとめ

お気に入りの中古車を探し出せたとしても、在庫があるのかどうか、支払金額はいくらになるのかなど、わからない情報も多いかと思います。
また、中古車はその特性上、世界に一台しかないクルマであるため、他の人も購入を検討しているかもしれません。
金額や詳細な情報を確認するために、また購入のチャンスを逃さないためにも、必ず見積り依頼をして問い合わせをするようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加