車のエンタメ[2018.07.26 UP]

右ハンドルは激レア! アメリカのドライブスルーにバックで進入!?

 クルマに乗ったまま、いろいろなことが済ませられるドライブスルー。でも、日本で左ハンドルのクルマに乗っている方はおわかりになると思いますが、ドライブスルーの窓口が助手席側だと便利さが半減してしまうものなのです。つまり、アメリカでは右ハンドルだと「不便!」ということになるわけです。

 今回は、日本から輸入したスポーツカーに乗って、右ハンドル車の不便さを解消するため、ある若者が講じた対策をご紹介します。それは、なんともビックリな方法でした!

関連情報

ハンドル・ステアリング

 ファストフードのドライブスルーで、スタッフにスマホで記念撮影されています!?

 クルマはスカイラインシリーズの日産「スカイライン GT-R」。その中でも、往年の名車として今も高い人気を誇る「R32」です。静止画で見るとなんの違和感も感じませんが……。それはわたしたちが日本に住んでいるからかもしれません。

 右側通行のアメリカでは、クルマは左ハンドル。本来であればドライブスルーも、運転席側にくるはずなのですが、右ハンドルのGT-Rでは……。しかしこの若者は「運転席側で注文しよう!」と考えて、なんとバックで進入してくるのでした!

 しかもアメリカでは、日本とちがって基本的には「逆ハンドル」が法律で禁止されている(例外はあって、郵便配達のクルマ、製造から25年以上経った「クラシックカー」などはOK)ため、スタッフのみなさんも右ハンドルのスポーツカーに興味津々です。

 このGT-R、スパルコの小径ステアリングがスポーティです。

 普通にドライブスルーに入っていったら、あっちの窓だぜ……、と。ちなみに、シートはノーマルですね。

 運転席でやりとりできるか、いざ検証! もちろんスティックシフト(MT)です。

 ドライブスルーにバックで進入すると……。カメラで見えるのでしょうね。「なんか撮影してるの?」と尋ねられて、「右ハンドルだからね!」と明るく答えます。

 店員さんに驚かれながらも、無事に1軒目のお買い物は終了です。

 アメリカでは右ハンドルの乗用車なんてまず走っていないので、あっちでもこっちでも「どうしたんだ?」と大注目です。

 ところが「ダメだよ、ダメ! あっちに停めて!」という厳しいお店もありました。

 降りて買いに行かないとダメなのか……と思ったら、なんと買ってきてくれるのですね! 優しいですね。

 助手席で注文、受け取りをするバージョンも試しました。横に誰かがいれば、これでよさそうです。

 オーダーしたあとで後ろ向きになるバージョンもあります。一体どれだけドライブスルーで注文したのでしょうか。

 「こんなの見たことないよ!」とウキウキな店員さん。

 そのほかにも、ドライバーひとりで前進で入っていったら、「遠すぎて届かないわ!」と言われて、仕方なくクルマから降りて取りに行ったり。

 助手席側から「ヨイショ!」と、手渡してくれたり。

 「右ハンドルのクルマ、来たことある?」、「ないわ。どこから来たの?」、「日本。東京。『TOKYO DRIFT(映画『ワイルド・スピードX3』の副題)』。『ニード・フォー・スピード(レーシングゲーム)』だよ!」なんて答えて……。スタッフの女性、果たして理解できたのでしょうか?

 という感じで、右ハンドルのGT-Rで、いろいろなファストフードのドライブスルーに行ってみた動画でした!

 動画の終盤は、オマケ的に右ハンドルのGT-Rに興味を持った若い女の子たちとの微笑ましい交流も収録されてます。GT-Rの注目度は抜群で、モテモテのようです。

 ちなみに、筆者は日本で左ハンドルのクルマに乗っていたことがありましたが、ドライブスルーにバックで入ったことはありません(笑)! ドライブスルーレーンから出るときがかなり危険だと思いますので、左ハンドル車のオーナーのみなさんはくれぐれも真似されませんように……!

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント