車のエンタメ[2018.05.23 UP]

コーラを飲んでF1マシンを作った! 空き缶1000個でDIY

 最近では空き缶やペットボトルのリサイクルが進んでいます。ポイ捨てをする人も少なくなり、しっかりと収集されているようです。ところで、本日ご紹介するのは、そんな飲み終えた空き缶を材料にF1マシンを作ってしまおうと考えた、とある男性の映像です。そのエコなDIYの様子をどうぞご覧ください。

関連情報

子供向け

 飲んで貯めた空き缶の山。果たして本当にこれを使ってF1マシンができるのでしょうか!?

 さあ、作業開始です! まずはプラスチック製のパイプを塗装していきます。

 空き缶以外に使用する材料はこちらの通り。様々な形状のパイプです。

 パイプはどうやら、マシンの骨格となるようです。丁寧に組み付けていきます。

 続いては空き缶。電動カッターを万力で固定し、空き缶をセットします。

 空き缶の底をカットしていきます。

 次に側面にハサミを入れます。

 それを骨組みとなるパイプの上に被せます。

 ご覧の通り、見事、コカコーラの空き缶によるフレームが完成しました。

 フロアには缶同士を接着剤で付けて、敷いていきます。赤、白とコーラの種類を変えて缶を使い分けているのが面白いですね。

 サスペンションのロッドにまで、缶が使われています。

 次はタイヤです。中心に空き缶を1つ置き、その周りはボール紙、赤の空き缶というレイアウトです。

 その周りをさらにコカコーラゼロの黒い缶で巻いて、タイヤは完成。ボディに装着します。

 サイドミラー、ステアリング、インパネなども空き缶で作られています。

 フロントウィングも然りです。

 そして堂々の完成です。マシン1台を完成させるために使った空き缶の数は、じつに1000缶(!)です。

 それにしてもこの男性、よほどのコカコーラ好きなのでしょうか。これからも飲み続けて、空き缶が増えてきたら、今度は何を作るのでしょうか。今からとても楽しみですね。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント