おもちゃの域を越えた! キッズカーのエンタメ系カスタムが本気すぎの記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 車のエンタメ > 車のエンタメ > おもちゃの域を越えた! キッズカーのエンタメ系カスタムが本気すぎ

車のエンタメ [2018.03.22 UP]

おもちゃの域を越えた! キッズカーのエンタメ系カスタムが本気すぎ

 グーマガジンでもたびたび取り上げている電動キッズカー。バッテリーで動くこども用のクルマですが、完成度も走行性能も高く、ひと昔前では考えられない、子供にとっては夢のようなおもちゃです。

 Thomas Kirkpatrickさんは、息子さんの誕生日に、フォード「レンジャー・ワイルドトラック」のキッズカーをプレゼントしました。しかも、驚くほど手間もお金もかけてカスタマイズしているのです。

 キッズカー本体のスタートボタンを押して始動。「ENGINE」と書いてあるけど、もちろんエンジンは搭載していません。

 メーターパネルには、気温とバッテリーの情報が。本格的です。

 ちょっと変わった形状のリモコン。まさか本物のクルマ用のアイテムなのでしょうか、それともトーマスさんの手づくり!?

 ヘッドライトのほか、フォグランプも点きます。しかもかなり明るいですね。

 右上のボタンは、エンジンのスターター。エンジンは搭載していないので、スピーカーからエンジン音を鳴らすスイッチ、ということになります。音響システムは、まさかのアルパイン製! 本格的すぎます!

 上段真ん中はミュートスイッチ。オーディオを消音できます。ドラゴンボール……芸が細かすぎます(笑)。

 赤いボタンはブレーキ。ストップランプが点灯します。走行中にブレーキを作動させられるのかどうかは不明です。

 下段左上で車高の調整もできちゃいます!

 エンジンのサウンドを響かせたり、ホーンを鳴らしたりも、リモコン操作が可能です。

 裏はライトのコントローラーになってました。

 ステアリングには、ウィンカーのスイッチも。ただ、この位置だとハンドル切りながらは操作しにくいですね。

 走るときは、前進かバックにスイッチを入れます。バックに連動するバックモニターも付いているのですねー! トーマスさんのこだわり方、尋常ではありません。

 バッテリーはシートの下に搭載。12V 15Ah×4個と、かなりの容量です。

 ラゲッジスペースにはウーファーがドーン! アルパインのロゴも見えます。後部座席がないのに、フロントシートのヘッドレスト裏にエンターテインメントシステムがついているのはなぜなのでしょう……?

 フロントはバンパーにスピーカーを内蔵。

 ボディの下にもスピーカーがありますが、髪の毛が舞うほどの音圧です。ところが、大迫力のサウンドを鳴らしながら走行しても、コンパートメントは静音設計なんです。すごい!

 イルミネーションも本格的です。

 息子さんも、これは嬉しいでしょうね〜。注目を集めて誇らしげです。

 ちなみにこのレンジャーのキッズカー、息子さんからのリクエストでパトカー仕様にアップデートされたそうです。

 DIYの様子もわかる動画がアップされていますので、気になる方はチェックしてくださいね〜!




参照元:Thomas Kirkpatrick(YouTube)

「フォード レンジャー」の中古車を探すならこちら!

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る