新車情報[2018.01.10 UP]

夜、家でショールーム体験! 三菱エクリプス クロスの「NIGHT SHOWROOM」

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文と写真●ユニット・コンパス

 三菱自動車は1月9日、本社ショールームで発表会を行い、2017年12月22日に予約受付を開始した新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」のプロモーションとして、1月9日から2月4日までの期間限定で「NIGHT SHOWROOM(ナイトショールーム)」をオープンした。これはインターネットを通じて、自宅に居ながらにしてまるでディーラーを訪れているかのように、エクリプス クロスの詳細を確認したり、リアルタイムで質問のやりとりをすることができるというサービスだ。

 ナイトショールームは夜の20時から23時までオープンし、三菱自動車の本社ショールームから毎日「1時間×2回」のライブ配信が行われる。FMヨコハマ『The Motor Weekly』のメインMCを務める藤本えみりさんをナビゲーターに、開発者や自動車ジャーナリストなど様々なゲストが出演する。エクリプス クロスの魅力や注目点が語られるだけでなく、視聴者の要望で細かなカメラアングルにも応じるなど、これまでにないショールーム体験の提供を目指している。事前の登録は必要なく、視聴やコメントのみでの参加も歓迎で、仕事から帰宅し自宅でくつろぎながらニューモデルの魅力に触れることができるようになっている。

 新型エクリプス クロスは、クーペ的ともいえるスタイリッシュなデザインと、三菱独自の高度な4WD技術「S-AWC」を採用したモデルで、3月の発売を前に大きな注目を集めている。

走りのタフさ、ワイルドさを表現するフロントスタイル。

30.8°のディーパーチャーアングルを誇る切り上がったリヤのスタイリング。

購入スタイルの変化に対応

三菱自動車の服部俊彦専務。

 発表会で三菱自動車の服部専務は「最近はインターネットの普及によって、ディーラーを訪れる前によく調べ、検討することで、お客様が訪れるディーラーの数が以前よりも減っている」と、自動車の購入スタイルの変化を指摘した。また、今回のナイトショールームが、「ショールームに行く時間がない」や「Webサイトを充実させてほしい」との声を意識したものであることも明らかにした。同時に、家ナカ需要やライブコマース需要の高まりなどの消費同行も背景としたもので、三菱自動車としては初めてとなるウェブマーケティングの試みとなる、と意欲を見せた。

自宅にいながらディーラー体験

 発表会には、プロフィギュアスケーターの高橋大輔さんも駆けつけ、ライブ配信をイメージさせるデモンストレーションにも参加した。「オフのときはできるだけ家の中で過ごし、インターネットで買い物や調べ物をします」という高橋さんは、ナイトショールームについて「ライブ中継で細かな要望を聞いてくれたりするのがうれしいです。また、くつろぎながら、じっくり体験できる時間帯もいいですね」とコメント。さらに「エクリプス クロスをフィギュアスケート選手に例えるとだれ?」という質問に、「現役時代の僕」と即答し、「ステップが上手と言われていましたので、エクリプス クロスの体幹が安定しているところや、無駄な肉がない感じも僕の美的感覚に合っています」と語った。

 ナイトショールームでメールアドレスを登録すると、エクリプス クロスの先行試乗会の案内や「プレミアムフォトセット」がプレゼントされるキャンペーンに応募することができる。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント