車のニュース[2017.12.15 UP]

ホンダ、「フリード」にコンプリートカー「Modulo X」を追加

フリード 「フリード」に追加されたコンプリートカー「フリード Modulo X」

ホンダは12月15日、コンパクトミニバンフリード」にコンプリートカー「フリード Modulo X」を追加発売した。Modulo X(モデューロ エックス)は、ホンダアクセスが開発した専用のカスタマイズパーツを装着したコンプリートカー。フリード Modulo Xは、「N-BOX Modulo X」、「N-ONE Modulo X」、「ステップワゴン Modulo X」に続く、コンプリートカーブランド第4弾となるモデルだ。専用開発のサスペンションや、空力性能を高めるエアロパーツを装着するなどのチューニングが施されている。

開発コンセプトは「エモーショナル ツアラー」。エクステリアは、専用デザインのフロントエアロバンパーやフロントグリル、サイドロアスカート、リアロアスカート、テールゲートスポイラーなどを装備して、押し出し感のあるデザインに仕上げている。

フリード インテリアは、ピアノブラック調インテリアパネルを採用

インテリアは、ピアノブラック調インテリアパネルやブラック/モカのシート表皮を採用し質感を高めている。専用オープニング画面を採用する9インチのプレミアムインターナビ、ドライブレコーダー(ナビ連動タイプ/駐車時録画機能付)、USBジャックがセットになったナビゲーションシステム装着車を選択することもできる。

フリード フリード Modulo Xは、ホンダのコンプリートカーブランド第4弾となるモデル

フリード Modulo Xがこだわっているのは空力性能。フロントエアロバンパーは、空気がスムーズに剥離するようデザインされているほか、リアロアスカートは、左右タイヤに近い部分を3次元的に立たせたデザインを採用。フロントグリルの形状は、ハニカム構造を採用して車体下に空気が流れるようにし、フラットな形状のアンダーカバー、フロントエアロバンパー下部の1本のエアロガイドフィン、センター付近をフラットにしたリアロアスカートを採用することで、4輪の接地バランスを最適化。高速道路や横風の強い条件でも直進安定性を高めている。

そのほか、専用セッティングのショーワ製サスペンションやディスク/リムの剛性比、ハブ面の剛性の最適化を図った15インチアルミホイールも採用。これにより、コーナリング性能を向上させているという。

メーカー希望小売価格は、283万680円〜315万2,520円(税込)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント