クルマのお役立ち情報[2017.03.23 UP]

MINI SPECIAL PICKUP NEW MODEL
新型クロスオーバー 海外試乗記
人気のSUVがフルモデルチェンジ!

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型MINIクロスオーバーを海外試乗会でいち早くテストした二人のジャーナリストがそれぞれの感性でレポート!新型の魅力は?その実力のほどは?クロスレビューでお届けします。

文●九島辰也、竹岡 圭

MINI CROSSOVER
MINI CROSSOVER

MINI CROSSOVER

全体にサイズアップしたことで、室内および荷室空間にも余裕が生まれた。また、ベースとなったクラブマン同様、インテリアの質感は非常に高く、デザインの仕上げも大人っぽい。

MINI CROSSOVER

MINI クーパー SD クロスオーバー ALL4(8速AT)

全長×全幅×全高 4315×1820×1595mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1630kg
エンジン 直4DOHCディーゼルターボ
総排気量 1995cc
最高出力 190ps/4000rpm
最大トルク 40.8kg m/1750-2500rpm
ブレーキ前/後 Vディスク/ディスク
新車価格 386万円〜483万円(クロスオーバー 全グレード)

軽快なフットワークを持ちながら乗り心地も快適
自動車ジャーナリスト 九島辰也の意見

九島辰也

 ひとくちに“MINI”と言っても、どれもが同じではない。ひとつのプラットフォームを共有し、上物のカタチだけ変えているわけではない。

 簡単に言うと、3ドアハッチバックとプラットフォームを共有するのは5ドアまでで、クラブマンより大きいサイズは別物となる。つまり、この2代目クロスオーバーがそれで、新世代のMINIの大型系プラットフォームを採用する。

 なので、従来型より20cm延びた全長も納得。新しいプラットフォームはFWDを基本形にそれなりの大きさまで対応できるように仕上げられた。MINIという小ささをイメージさせるブランド名であっても、マーケットニーズにしっかりこたえようという考えだ。

 だが、その大きさは走り出しても気にならない。軽快なフットワークで、MINIファミリーであることを改めて感じさせる。ヒラリヒラリと向きを変える様はさすが。それにドライバーズシートからの眺めも従来と変わらない。比較的立ち気味のしっかりしたフロントピラーやボンネットの抑揚は見慣れた景色といえるだろう。ただし、ダッシュボードの意匠は進化していて、MINIらしさを保ちながらも洗練さは増している。センターの大型パネルがそうで、縁取りのLEDライトが新しさを強調する。これまで以上に光は美しく色とりどりに変化するのだ。しかもクルマの気分を表現するように。エコモードではグリーンに輝く。

 試乗したのは2L直4ターボのクーパーSで、相変わらずの力強さを見せた。低回転からモリモリっと発生するトルクやそこからの伸びもこの上ない。いつもながらオーバースペック?とも思えるパワフルさだ。ただ、日本仕様はディーゼルのみとなる。現行クロスオーバーの販売の約9割がディーゼル車だからだ。なるほど、クロスオーバーとしてはまさに正しいクリーンディーゼルの使い方であろう。

 といった新型だが、ずっと走っていると走りの楽しさが際立つ。前述したように軽快なフットワークはそのまま楽しめた。で、さらに加わったのは快適な乗り心地。ロングホイールベースというのも関係して、これまでにはない高級感あるしっとりした乗り味も得られた。サイズアップの恩恵はそこにも現れている。

PROFILE
自動車ジャーナリスト 九島辰也
●男性ファッション誌の副編集長を経験するなど、ファッションに造詣が深い自動車ジャーナリスト。プライベートでは多くのクルマを乗り継いできた。

新型は、遊びを知っている大人のプレミアムなSUV
自動車ジャーナリスト 竹岡 圭の意見

竹岡 圭

 ロンドンの街って、本当にMINIがたくさん走っているんです。スタイリングが特徴的なこともあって、日本でもMINIを見かける機会は相当多いんですけど、そんな比じゃない!改めて伺ってみれば、世界でいちばんMINIが売れているのはイギリスとのこと。納得です。

 そのイギリスでは、やはり3ドアをいちばん多く見かけましたが、日本ではクロスオーバーもかなりの高比率。それもディーゼルが多いんですよね。現在は販売割合の90%が、ディーゼルなんだそうです。

 というわけで、新型はディーゼルモデルしか輸入しないとのこと!これって相当な大英断ですよね。とはいえ、間違いなく大正解だとも思いますけど・・・。

 というのも、何を隠そう私、MINIクロスオーバーを購入予定なのですが、まさにディーゼルモデルを購入しようと思っていたからなんです。しかもALL4を。

 今回はクーパーDのFFかALL4と、クーパーSDのALL4の3択というラインアップなので、もうバッチリ。なんたって、買おうと思っている人が言うんだから間違いありません(笑)。

 ディーゼルにしようと思っていた理由としては、新型のエンジンは、先代とは違う新世代型。ベースのアーキテクチャーを共有しているBMW X1やMINIクラブマンで新世代型を体感した結果、なんとな〜くラフにも、そして時折スポーティにも走らせてくれる、その懐の広い器の大きさを感じさせるフィーリングが気に入ったんですよね。

 今回は残念ながら、コッツウォルズの試乗会場での試乗車は、クーパーSのガソリンモデルしかなくて、直接体感することはできませんでしたが、大きくなったボディを気楽に走らせるのにピッタリだろうなぁ〜という、世界観は想像できました。

 その世界観と言えば、これまでとひとつセグメントが変わっただけあって、上質感たっぷり。遊びを知っている大人のプレミアムなSUVという感じで、心地よく過ごせること請け合いです。もうスキーに出掛けても、吹雪の中をガシガシ滑る時代は過ぎた私としては、イギリスの田舎町の風景がとっても似合うこれくらいのSUVが、サイズ的にも雰囲気的にもちょうどよさそうです。

PROFILE
自動車ジャーナリスト 竹岡 圭
●TV番組のレギュラーとしても活躍。今年は念願のラリーにも挑戦。全日本ラリー選手権に参戦する。

新型はここが変わった

全体のフォルムや造形

全体のフォルムや造形は、先代モデルとの関連性を思わせるキープコンセプト。サイズアップにより面構成もより豊かに。

質感や装備

コンパクトSUVセグメントのなかでも質感や装備についてはトップレベルに。イルミネーションのセンスも上質な印象。

後席

後席は4対2対4の分割式で、チルトに加えて個別のスライドも実現。ユーティリティ性能は大幅に強化されている。

コネクティビティ

コネクティビティについても最新世代を投入。タッチスクリーンによる操作やスマートフォンとの連携も採用する。

※写真はすべて欧州仕様。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する車種から記事を探す