オフロードコースを走ってわかった ランドクルーザープラド驚愕のハイテク四駆の記事詳細

中古車購入 [2017.12.03 UP]

オフロードコースを走ってわかった ランドクルーザープラド驚愕のハイテク四駆

筋肉隆々で洗練されたスタイルに生まれ変わり

オン/オフいつでも快適な本格派SUV

オン/オフいつでも快適な本格派SUV

【本記事は2009年11月にベストカーに掲載された記事となります。】 7年ぶりにモデルチェンジしたランクルプラドは、定評のあるクロカン4WD性能に加えて、ミニバン的な使い勝手のよさを向上させるのがテーマだ。 一見、旧型からどこが変わったのかわからないエクステリアだが筋肉隆々で洗練されたスタイルに生まれ変わり、ボディサイズは全長が45mm長く、全幅が10mmワイドになり、逆に全高が20mm低くなっている。エンジンはこれまでと同じ163ps/25.1kgmの2.7L直4と27psパワーアップしながらレギュラーガソリン仕様となった276ps/388kgmの4LV6。

ド素人でもラインさえ踏み外さなければ最適なトラクション制御

ラダーフレーム構造、トルセンLSDをセンターデフとするフルタイム4WDの本格派4WDでローレンジギアやセンターデフロック機構を備える。オン/オフ両方完璧に使える本格派四駆はなかなかないゾ!

ラダーフレーム構造、トルセンLSDをセンターデフとするフルタイム4WDの本格派4WDでローレンジギアやセンターデフロック機構を備える。オン/オフ両方完璧に使える本格派四駆はなかなかないゾ!

さて、4代目に進化したランクルプラドの本当の“凄さ”を本格的なオフロードコースで試した。 プラドの4WDシステムは基本的に前モデルを継承。トルセンLSD付きのセンターデフから、前4:後6でトルクを分配するが凄いのはここに徹底した電子制御アシストが備わること。 まず1つ目は、マルチテレインセレクト(MTS)。MUD&SAND(泥濘地)、LOOSE& ROCK(瓦礫地、ブッシュなど)、MOGUL(凸凹の激しいモーグル)、ROCK(岩場)の4つのモードで、それぞれ最適なスリップ率に制御する一種のトラクションコントロールだ。 たとえば、テストコースのロック越えはかなりの熟練者でも難しいシチュエーションだが、MTSをロックモードにするだけでド素人でもラインさえ踏み外さなければ最適なトラクション制御でトレースできるのだ。

難なくクリアしていくのに驚いた、ぬかるんだ斜面

2つ目は、クロールコントロール。これはランクル200でデビューした機能だが、3段階から5段階に進化。最大5km/hまでをカバーする一種のクルーズコントロールだ。これをセットしてブレーキをリリースすると、トラクション制御とブレーキLSD制御をフルに駆使してジワッと走り出す。ぬかるんだ斜面を恐る恐る降りたのだが、極低速のアクセル操作を自動的に行なってくれ、難なくクリアしていくのに驚いた。

クロカン性能の高さを再認識

オプティトロンメーター、マルチインフォメーションディスプレイ、無垢の金属を削りだしたようなメタル調の加飾が左右に配されたセンターコンソールなど上級SUVに求められる質感の高さ、高級感が漂うコクピット

オプティトロンメーター、マルチインフォメーションディスプレイ、無垢の金属を削りだしたようなメタル調の加飾が左右に配されたセンターコンソールなど上級SUVに求められる質感の高さ、高級感が漂うコクピット

3つ目は、クルマ周辺の死角を減らすマルチテレインモニター。急な登りの頂上付近、先に何があるかわからないオフロードでは視界の確保が最重要。4つのカメラで前後左右を映し出してくれることで、障害物があってもぶつける心配がなく、実際これはかなり重宝した。 このほかにも、対角線ロール時にスタビ機能をキャンセルして接地性を高めるKDSSや泥寧地などで重宝するタイヤ切れ角表示機能など、ホンキで悪路走行をする時には役立つ機能が満載なのだ。 今回の試乗では、最初にオンロードを走ってみて「お、けっこう静かでしなやか。乗用車としてかなりよくなったネ」と思ったけれど、その後でオフロードコースを試乗してみて「ああ、やっぱりランクル一族は本当はこういうところを走るために造られたんだなぁ」と、そのクロカン性能の高さを再認識。

オフロード性能に加え、室内の居住性もミニバン並み

これだけのオフロード性能に加え、室内の居住性もミニバン並みだ。2列目シートには135mmスライド機能を持たせてシートアレンジの幅を広げ、3列目シートへのアクセスを向上させるウォークイン機構も装備。さらに3列目シートには電動床下収納まで用意した。3列目は少し窮屈ながらSUVとしては上出来だ。 新型プラドのライバルとなると難しい。本格派4WDとなるとX-トレイルやアウトランダーあたりだが、オフ性能は断然新型プラドのほうが上回るし、室内の居住性もこちらのほうが上。しかも5人乗りが315万円(2.7TX)、7人乗りが330万円(2.7TX)から買えるというのは本当にバリューだと思う。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

関連するタグから記事を探す

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る