シトロエンの個性派セダンその走り味は想像以上! シトロエンC5の記事詳細

中古車購入 [2017.12.04 UP]

シトロエンの個性派セダンその走り味は想像以上! シトロエンC5

ボディの質感は非常に高い

ボディサイズは全長4795×全幅1860×全高1470mm。ベンツCクラス(全長4585×全幅1770mm)と比べるとかなり大柄。実際に見るとボディの質感は非常に高い

ボディサイズは全長4795×全幅1860×全高1470mm。ベンツCクラス(全長4585×全幅1770mm)と比べるとかなり大柄。実際に見るとボディの質感は非常に高い

【本記事は2008年11月にベストカーに掲載された記事となります。】 7年ぶりにフルモデルチェンジしたシトロエンのミドルサルーン、C5。このC5にはハイドロニューマチックサス(ハイドラクティブIII)が付いているいわゆる“本物のシトロエン”だ。具体的になにがいいって、まずサスペンションがすばらしい。コイツのプラットフォームはプジョー407と共通の前ダブルウィッシュボーン/後マルチリンクでコイル/ダンパーユニットをハイドロに変えたものなんだけど乗り味がまったく違うのにはビックリ。

グッと手応えを増したステアリング

C6やC4と比べるとオーソドックスなデザイン。ステアリングはセンターパッドが固定される

C6やC4と比べるとオーソドックスなデザイン。ステアリングはセンターパッドが固定される

たとえば、加速の時の独特のスクォート感、うねりを乗り越えたときのものすごくゆったりしたピッチングサイクル、ソフトなくせに不思議なほどロールしないアンチロール制御などなど……。まさにハイドロシトロエンだけが持つ世界。 しかも、この足の魅力は独特な乗り心地だけじゃなく、ハンドリングや高速スタビリティも絶品。とりわけ感動したのは高速直進性で、さっきまでシナシナ柔らかく動いていたサスがまるで別物のようにガッシリと路面をとらえ、バネ上だけがあたかも路面とは無関係のごとく滑るようにカッ飛んでゆく。 その時ドライバーはグッと手応えを増したステアリングに軽く触れているだけ。これほど高速クルーズが楽ちん快適なクルマは他にちょっと例がない。

オススメはツアラーか?

主要諸元

主要諸元

見た目の印象も質感が高くかつてのフランス車とは思えないほど。ただ気になるのはボディサイズがデカいこと。全長4795×全幅1860×全高1470mmと全幅がデカい。 セダンとワゴンのツアラーに試乗したが、オススメはツアラー(ワゴン)の3.0。225psのV6+6速ATに乗っちゃうと、143psの2L仕様のパワーのなさと4ATのカッタルさは到底我慢できない。最上級グレードを選んでも価格は499万円だからここはぜひ3Lをチョイスすべきだと思う。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

関連するタグから記事を探す

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る