世界のクルマの話題です![2017.11.02 UP]

トヨタWRCドライバー、ラトバラとジャパニメーションの超絶コラボ!

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「WRC(世界ラリー選手権)」で今年いちばん話題になったのは、18年ぶりに復帰を果たしたトヨタでしょう。「TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ ガズー レーシング)」のサイトでもいろいろな動画を配信して、ファンを楽しませてくれています。

 今回、新たに公開されたのが「TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team」のファーストドライバー、ヤリ-マティ・ラトバラ選手とジャパニメーションのコラボ作品。これが、ちょっとしたヒーローものとして見応えがあるのです。

 どこか異次元につながっていくような雰囲気が漂うオープニング。

 森の中のダートをラトバラが駆る「ヤリス(日本名:ヴィッツ)WRC」が走ってくるのですが、どうも「ただごとではない感じ」が……。

 なにかに追われてる……!?

 バリバリと爪を立てるようにヤリスに迫る巨大な黒い影。

 全力で逃げるラトバラ。

 一流のドライバーは、どんな状況でも焦らず沈着冷静に対応するものです。

 集中力マックス。

 そこで、羅兎薔薇(らとばら)参上! ラトバラ選手&ヤリスの分身ですね。

  追いかけてくる魔物に立ち向かう羅兎薔薇。

 魔物を引きつけ、攻撃に転じます。

 刀のツバは、薔薇。

 ふわりと宙に舞い、いよいよクライマックスへ……。

 荒れ狂う魔物を、迷いのない剣で一刀両断に斬って落とします。

 周囲を包んでいた暗雲も、赤黒く燃えたぎった魔物とともに消え去って、爽やかな青空に。

 あとにはおとなしそうなウサギが一匹。魔物の真の姿……なのでしょうか?

 魔物をすっかり手なずけて走り去るラトバラ選手。

 レースに潜む魔物と、ヤリスに宿るサムライの一騎打ち。躍動感があって、思わず見入ってしまいました。  ちなみに、「羅兎薔薇」漢字の由来は、 
----
羅:漢字そのものの意味が持つ上品さと、日本のアニメのキャラクター“羅王”から連想する強さの象徴。
兎:ラトバラ選手の持つ温かい人間性、優しさの象徴。
薔薇:ラトバラ選手の華麗な運転テクニックを美しい花に重ねた。
----


 オフィシャルサイトでは、メイキング動画も見られます。実際のラリーでの走行と撮影時の走行のちがいなど、ラトバラ選手の話も興味深いので、ぜひご覧になってみてくださいね!

VS SAMURAI羅兎薔薇- Behind the Scenes | TOYOTA GAZOO Racing

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント