業界ニュース[2017.01.27 UP]

日産、軽自動車「デイズ」の一部仕様を変更

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デイズ 一部仕様の変更をした軽自動車「デイズ」

日産は、軽自動車「デイズ」の一部仕様を変更して、1月26日より発売した。今回の仕様変更は、クルーズコントロールをターボグレードに標準装備し、高速巡航時の快適性を向上させたことが挙げられる。また、ステアリングスイッチやGPSアンテナなどをセットにした「日産オリジナルナビ取付パッケージ」を全グレードに標準装備としている。ボディカラーは、新色として「プレミアムサンシャインオレンジ」と、「ブロッサムピンク」を追加。カラーバリエーションを増やしている。インテリアは、顧客からの要望が高かった細い缶にも対応できるカップホルダーを採用し、使い勝手の向上を図っている。

また、4WDの「ハイウェイスターG ターボ」を除く全グレードは、「環境対応車普及促進税制」の減税措置により、自動車取得税と自動車重量税が減税となる。なお、デイズは、躍動感溢れるエクステリアに加え、上質で落ち着きのあるインテリアがユーザーに好評。機能面では、「アラウンドビューモニター」や「タッチパネル式オートエアコン」など、使い勝手の良さに配慮しているほか、全車に「エマージェンシーブレーキ」を搭載しており、利便性と安全性の高さを両立させている。

デイズのメーカー希望小売価格は、114万480円(税込)〜161万6760円(税込)

DAYZ Bolero
デイズ カスタムカーの「ボレロ」は、個性的で愛着のあるエレガントなスタイルが特徴

日産の関連会社・オーテックジャパンは、「日産デイズ」の一部仕様変更に合わせて、カスタムカー「ボレロ」、「ライダー」、および、「助手席回転シート」車両、「助手席スライドアップシート」車両の一部仕様を変更して、1月26日より発売した。カスタムカーの「ボレロ」は、個性的で愛着のあるエレガントなスタイルが特徴。エクステリアにメッキ加飾をあしらったフロントグリルや丸みを帯びたデザインの専用フロントバンパーを採用する。インテリアは、シャルドネホワイトとマルサラレッドでカラーコーディネートしたレザー調シートを採用し、高級感を演出している。ボディカラーは全10色をラインナップ。

メーカー希望小売価格は、124万8480円(税込)〜151万8480円(税込)

DAYZ Rider
デイズ カスタムカーの「ライダー」は、専用フロントバンパーや専用LEDバンパーイルミネーションを採用

同じカスタムカーの「ライダー」は、専用フロントバンパーや専用LEDバンパーイルミネーションを採用することで、迫力や存在感のあるスタイルに仕上げたモデル。インテリアは、黒を基調に紫色の糸を織り込んだ格子柄の専用シート地を採用し、クールな雰囲気に仕上げている。

メーカー希望小売価格は、155万8440円(税込)〜175万7160円(税込)

DAYZ 「助手席回転シート」「助手席スライドアップシート」
デイズ 「助手席回転シート」車両の一部仕様も変更

「助手席回転シート」車両は、ストラップを引くだけの簡単な手動操作で助手席が外側に回転するモデル。「助手席スライドアップシート」車両は、助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易なモデル。

メーカー希望小売価格は、122万6880円(税込)〜180万円(税込)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント